如是我聞-聞きかじり根本仏教⑥「縁起」その1-

「如是我聞(にょぜがもん)」という言葉があります。仏教のお経の書き出しの言葉です。「かくのごとく私は聞きました」という意味で、仏教が口伝で伝えられてきた名残なのでしょう。仏教に興味を持った私は「縁がわ仏教講座」でもおなじみの、サティ〜ず…

真っ暗な空にこそ、星は輝く 第8回

AKKYの☆人生四苦ロック☆ 第2回

第8回 浮気疑惑の処方箋③〜夫のニーズを把握せよ

ほっとけないお話⑤「笑い」をコミュニケーションに活かす

如是我聞 -聞きかじり根本仏教⑤-「諸法無我」

〈番外編〉「新型コロナ・心の処方箋」その8

【お知らせ】「ホッと家の縁がわ」のチラシを作りました

今、コロナウィルス禍の中で、新しい生活様式が求められています。ソーシャルディスタンシングが重視され、人と人との直接の接触が制限される中、私たちの社会は様々な不安や不満足に満ちています。こんな時だからこそ人と人との心のふれあいが求められている…

【お知らせ】「縁ともコミュニティ」で交流しませんか?

新年、明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます

「縁とも」のオフ会を開催いたしました。

第10回 鍛えられた異文化の中での「教える」という経験

2010年5月、国立大学の一つであるマヒドン大学宗教学部に、講師として採用されました。タイでは仏教大学や仏教学部は珍しくありませんが、仏教のみならず他宗教についても学べる宗教学部はあまりありません。私自身も元学長のピニット・ラタナクン先生か…

如是我聞-聞きかじり根本仏教⑥「縁起」その1-

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海…

〈番外編〉「新型コロナ・心の処方箋」その3

如是我聞 -聞きかじり根本仏教④-「一切皆苦」

ピックアップ記事

お知らせ

おすすめ記事

第8回 上田紀行先生 、カンポンさんとの出会い、そして翻訳本の出版へ

1998年、2年間のタイ留学生活を終え、再び故郷沖縄の琉球大学大学院に戻りました。そして修士論文では…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#3

下関から、父のいる東京に合流できる日は、一年後になった。下関駅から、車中一泊2日の長旅だった。母は痩…

ホームレスの神様、路上生活の文殊様【前編】

この数年、東京の山谷地区で、路上生活者支援のボランティアをしています。月に2回、土曜日にお休…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切のこと)「母の場合」#11

私とのわだかまりは、尾を引いたが、一方で、母は、人気者だった。母の外向けの顔は、満点に近いように…

ヤッシーの気まま見聞録⑦

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

PAGE TOP