「願いと現実のギャップがつらい!〜ドゥッカ(苦)その1」

ホッと家の縁がわで読書を楽しむ常連のキタオと、ストレスから逃れて一息つきに訪れるユキコが会話を交わしてから、数か月が経ったある日。いつものようにキタオが読書に耽っていると、ユキコが現れた。「あ〜、いたいた。よかった〜! キタオさんに…

素敵なママと子供たち

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#5

新年明けましておめでとうございます

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海の果てに〉

第9回 もう一人の自分

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈座礁編〉

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海の果てに〉

●涙の教訓「変化球も使え」社会人人生、不覚にも仕事の場で泣いてしまったことが1回だけある。しかも秀樹の前…。私の心の奥で増していた失望感とは裏腹に、仕事は秀樹もマネージャーも評価してくれていた。それが救いでもあり、仇にもなっ…

新年明けましておめでとうございます

「自他を比べる心〜マーナ(慢)」

第9回 もう一人の自分

母と過ごした最後のお正月です

ピックアップ記事

お知らせ

おすすめ記事

「愛すべき縁側の来訪者たち」#1

子供のころ大田区の洗足池の近くに住んでいた。小さい庭と一寸腰かける用の縁側の付いた家だった。南を向い…

第6回 「安心」

がんがわかったとき、私があまり動揺しなかった理由は、半年間続いた乳房の痛みの正体が分かり、見えない不…

病と付き合うとき #1

小さい頃、いわゆる腺病質でよく病気にかかり、寝てばかりいた。父兄面談での学校の先生の話はいつも決まっ…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#1

父の13回忌が風薫る今年五月の高尾山であった。趣味の野球の為に尽くして、晩年は、世界中の仲間から、友…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑥

●なぜ私の願いは叶わないのか?顕在意識と潜在意識という言葉を聞いたことがあるでしょうか?…

PAGE TOP