新年、明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。おかげさまをもちまして、「ホッと家の縁がわ」も、3回目のお正月を迎えることができました。これも、ひとえにアクセスをしていただいている皆さま、投稿をしてくださる「縁とも」の皆さまのおかげさまと感謝してお…

真っ暗な空にこそ、星は輝く 第5回

ヤッシーのきまま見聞録⑫

物心両面の支援で 子どもたちを学びのスタートラインに

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切のこと)「母の場合」#9

真っ暗な空にこそ、星は輝く 第4回

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切のこと)「母の場合」#8

ヤッシーのきまま見聞録⑧

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見たこと、聞いたことなどをきまま(気まま、生まま)にお伝えします。きままなので、悪しからず不定期です。「コジロー君との思い出2−大阪編」…

井の中の蛙、迷子になってロングバケーション

第3回 タイの日本人僧、プラユキ・ナラテボー師との出会い…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の…

真っ暗な空にこそ、星は輝く 第2回

ピックアップ記事

お知らせ

おすすめ記事

病と付き合うとき#4

健康な体にして頂いたが、すっかり本来の性格が丸出しに成り始めた。自堕落で、享楽主義のところがある。特…

第3回 見ているけれど、見えていないもの

病気になってから空を見ることが多くなりました。「これからどうなるんだろう」——がんと診断され…

第5回 がんがわかったとき

左乳房の痛みは、その半年ほど前から始まりました。最愛の母を亡くしてしばらく経ってから生じた痛みだった…

第3回 タイの日本人僧、プラユキ・ナラテボー師との出会い

「東北部のチャイヤプーム県にあるお寺で、 日本の方が出家されているから、みんなでお会いしに行こう!」…

「愛すべき縁側の来訪者たち」#1

子供のころ大田区の洗足池の近くに住んでいた。小さい庭と一寸腰かける用の縁側の付いた家だった。南を向い…

PAGE TOP