車椅子の人とダンスを楽しむ

夜7時が近づく頃、東京都台東区の松が谷福祉会館には、ワゴン車から降りる車椅子の人やその家族、ボランティアの人、付き添いのヘルパーさんなどが三々五々集まってきます。今夜は月2回行われる車椅子ダンスサークル「アップルエコー」の練習日です。…

【ヤッシーのきまま見聞録⑤】

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#3

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海編〉

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈出港編〉

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#2

【ヤッシーのきまま見聞録④】

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#3

下関から、父のいる東京に合流できる日は、一年後になった。下関駅から、車中一泊2日の長旅だった。母は痩せてやつれていた。子供二人は元気一杯だった。到着した品川駅のホームには、これまた、細身の父が笑顔で待っていた。それから随分離れたところに、母…

第2回 思いのこもった言葉に正しいも間違いもない!①頑張…

第3回 タイの日本人僧、プラユキ・ナラテボー師との出会い…

【ヤッシーのきまま見聞録⑤】

1日たった10秒のハグ(後編)

ピックアップ記事

お知らせ

おすすめ記事

ホームレスの神様、路上生活の文殊様【後編】

私は自分の体験から、困窮者・貧窮者への支援の思想・哲学に関心を抱くようになりました。その契機となった…

第7回 見た目

1回目の抗がん剤治療が終わって3週間後、朝、髪の毛を触るとスルッとまとまって抜けました。「きたか」。…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑧

●感謝し、感謝されると「徳分」がどんどん貯まるらしい人は誰かを喜ばせるために生まれてきている…

少女の笑顔が孤独な老人の心を救った

原田雅夫さん(仮名)は、東京都内の生活困窮者支援の宿泊施設の入所者で、70代の方です。家族はなく、様…

1日たった10秒のハグ(前編)

「心の中に明かり窓を持たない人はいません。暗い牢獄の壁にも小さな明かり窓はあります。自分の明…

PAGE TOP