投稿者一覧

  • ホッと家のこづかいさん

    ホッと家のこづかいさん

    投稿者の記事一覧

    一般の社会人。ずっとマーケティングの仕事をしてきました。
    若い頃出会った「ほとけさまの教え」に感銘を受け、みんなが幸せになるためには、この考え方、生き方が広がることが大事だと思っています。
    で、微力ながらも社会の役に立つ人間になるために奮闘中。

  • 三代目 B soul主婦

    三代目 B soul主婦

    投稿者の記事一覧

    祖母の代から始まり、在家仏教信仰三代目のアラフィフ主婦。信仰に篤い両親だが、一切押し付けられることなく自由奔放に育つ。仕事も遊びも全力投球の20代30代を経て、高齢出産を経験。
    やっと自ら仏さまの教えを求めるようになり、特に根本仏教に惹かれ、「子育てと信仰、ときどきお仕事」な日々を楽しむ。

  • 鬼丸昌也

    鬼丸昌也

    投稿者の記事一覧

    特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス理事・創設者。1979年、福岡県生まれ。立命館大学法学部卒。高校在学中にアリヤラトネ博士(サルボダヤ運動創始者/スリランカ)と出逢い、『すべての人に未来をつくりだす能力がある』と教えられる。2001年、初めてカンボジアを訪れ、地雷被害の現状を知り、「すべての活動はまず『伝える』ことから」と講演活動を始める。同年10月、大学在学中に「全ての生命が安心して生活できる社会の実現」をめざす「テラ・ルネッサンス」設立。2002年、(社)日本青年会議所人間力大賞受賞。地雷、子ども兵や平和問題を伝える講演活動は、学校、企業、行政などで年100回以上。遠い国の話を身近に感じさせ、一人ひとりに未来をつくる能力があると訴えかける講演に共感が広がっている。

  • 小宮位之

    小宮位之

    投稿者の記事一覧

    1977年東京都生まれ。八王子の貧困家庭に育つ。
    都立南多摩高校卒業後、國學院大學文学部史学科を卒業、4年間私立高校の非常勤講師を勤める。その後映像制作の仕事に転職。
    2012年9月、任意団体八王子つばめ塾を設立。2013年10月、特定非営利活動法人八王子つばめ塾を設立、理事長に就任。
    現在は映像制作の仕事を辞め、私立高校の非常勤講師などの非正規雇用の仕事に就きながら、無料塾の発展に尽力している。
    八王子つばめ塾は、経済的に苦しい家庭の中高生に無料で学習支援をしている。
    現在、生徒90名、ボランティア講師65名、教室6カ所に成長。
    八王子つばめ塾を見学してから作られた無料塾は全国で20団体程度ある。
    姉妹団体として、2017年3月、神奈川県相模原市に「淵野辺つばめ塾」を、8月に大阪府豊中市に「豊中つばめ塾」を設立。それぞれ代表をつとめる。
    つばめ塾は、「ボランティアで構成されるつばめの巣から巣立った子ども達がいつかまたボランティアというフィールドに戻ってきてもらいたいという願い」から名付けられました。

  • 紙芝居屋 てるさん

    紙芝居屋 てるさん

    投稿者の記事一覧

    「カーン・カーン・カーン 紙芝居が始まるぞ?!」
    紙芝居屋の“てるさん”と申します。柴又帝釈天の参道で定期口演(毎月第1、第3土曜日)をしています。昔懐かしく、今新しい自転車の紙芝居です。

    「大江戸ヤッサン一座」ブログ
    http://www.yassan-ichiza.tk/

  • Rie

    Rie

    投稿者の記事一覧

    Rie
    東京都生まれ。2015年5月に乳がんが分かり、半年間の抗がん剤治療を経て左乳房全摘出。現在もホルモン療法を続けている。これまで新聞記者、雑誌編集者などを経験し、がん患者やその家族、医療関係者などを取材してきたが、自分ががんになったことで、そのときには見えなかったこと、感じられなかったことを体験。病気を通して得た出会いのなかで、生きることの喜びとは何か、本当の健康とは、そして病とは人間にとってどのような存在なのかを追い求め、ご縁のあった方に自分の体験を通して気づいたことをお伝えしている。かつて取材を通して出会った「がん友」とも再会し、互いに病気を通して感じたことを分かち合っている。本当の健康の意味、知識について深めたいと、昨年、「健康予防管理専門士」の資格も取得。現在は中医学を学んでいる。

  • 織笠英二

    織笠英二

    投稿者の記事一覧

    織笠英二(63歳)
    1954年7月 岩手県生まれ
    1983年4月 富士通株式会社入社
    2016年6月 復興庁入庁
    NPO法人 仙台支え愛サポートセンター理事
    公益社団法人 日本駆け込み寺仙台支部相談員
    NPO法人 明るい社会づくり運動理事
    仙台明社被災者支援チームリーダー

  • イチゾウ

    イチゾウ

    投稿者の記事一覧

    団塊世代、重厚長大産業出身、第二の人生真っ只中。

  • 玄秀盛

    玄秀盛

    投稿者の記事一覧

    1956年、大阪市西成区生まれ。在日韓国人として生をうけ、“4人の母”と“4人の父”のもとを転々として育つ。中学卒業後、自動車修理工を皮切りに、すし職人、トラック運転手、葬儀屋、キャバレーの店長など28の業種に及ぶ職業を経験した後、建設、不動産、金融、調査業など10社あまりを起業する。また、33歳で天台宗酒井大阿闍梨のもとで得度するなど、特異な人生をくぐりぬけてきた。2000年の献血の際、白血病を引き起こすウイルス保菌者であることが判明したのを機にそれまでの人生と決別。

    自身の「生きた証」を残すため2002年5月、NPO法人日本ソーシャル・マイノリティ協会を設立。470日あまりは24時間体制で相談窓口を開設した。それ以来、3万人以上の人々の悩みの救済を行ってきた。

    2011年7月一般社団法人日本駆け込み寺を設立。2012年11月公益社団法人格を取得。「たった一人のあなたを救う」をモットーに、DV、家庭内暴力、金銭トラブル、いじめ、ひきこもり等、いかなる問題であろうと分け隔てなく、悩み苦しむ人々は何人でも受け入れるという姿勢のもと活動を続けている。2012年日本国籍を取得。

    また、2014年4月には一般社団法人再チャレンジ支援機構(代表理事 堀田力氏)を設立し、社会復帰が困難な刑務所出所者等の支援を行なっている。

    著書に
    『新宿歌舞伎町駆け込み寺』(角川春樹事務所) 『生きろ』(メディアファクトリー)
    『愛と命と魂と』(KKロングセラーズ) 『金を斬る』(マイクロマガジン社)
    『男(ワル)の処世術』(大和出版) 『エリート×アウトロー世直し対談』(集英社) 
    『悩み方、違ってます!』(幻冬舎)
    『何があっても生きる 孤立・貧困・自死の連鎖を断つ』(佼成出版社)
    『崖っぷちからの大逆転』(清流出版)
    『ありのままの自分で生きる法則』(KKロングセラーズ)などがある。

    2011年には、俳優の渡辺謙氏の企画で、玄の半生をフィクション化したドラマ『愛・命』(テレビ朝日系列)がテレビ放映された。玄秀盛役は渡辺謙氏が演じた。

    関連リンク
    公益社団法人日本駆け込み寺
    http://nippon-kakekomidera.jp/

    一般社団法人再チャレンジ支援機構
    http://shienkiko.jp/

    よろず相研株式会社
    http://yorozusoken.com/

  • パンダ

    パンダ

    投稿者の記事一覧

    仏さまの教えを学ぶことが好き。教えをひとつ実践して、それによって気づいたことをみんなと語り合う時間は、もっと好き。

  • 浦崎雅代

    浦崎雅代

    投稿者の記事一覧

    1972年沖縄生まれ。東北タイ在住。タイ仏教に関する翻訳や通訳・気づきの瞑想ファシリテーター。note(有料記事)にてタイ仏教の説法を毎日翻訳
     https://note.mu/urasakimasayo

  • Hatsune*

    Hatsune*

    投稿者の記事一覧

    Hatsune*
    1966年、愛知県生まれ。3児の母親。いずれママになる娘に伝えたいことを、ブログで綴っています。

    URL:https://mammyringcandle.com/

  • Takayo.maruyama

    Takayo.maruyama

    投稿者の記事一覧

    昭和22年鹿児島県生まれ。51年、「子どもに学ぶ家庭教育」の開発者・小林謙策氏に師事。
    以来、自らの子育ての反省と実践を通し、国内はもとより海外でも多くのお母さんたちに「だいじょうぶ、あなたはいいお母さん」と心からのエールを送ってきた。現在も講演会、講座などの講師を務めながら、傾聴ボランティアも行なっている。

新着記事

不祥事続きの日本企業を見て、ほとけさまなら何と言うだろう…

昨年、日本の大企業の不祥事が続々と明るみに出てきました。「投信1」というサイトの「2017年も相次い…

縁ともリレーブログ 第3回

三代目B soul 主婦さんからバトンを受け取りました、「ざっくり〜な」です。ごく普通のサラリー…

思いが伝われば心が満たされる

今は亡き母が、ある日ベッドの上で不可思議な動作をしていました。認知症を患う母に「母さん何をしてい…

お客の多い家族の記憶③「コンビニと花火とガイセンシャ」

在家仏教を信仰する両親と三人兄妹(私は末っ子二女)。そしてなぜか次々とわが家を訪れる人々との、な…

キーワード

PAGE TOP