コンセプト

ほとけさまのまなざし

約2500年前にインドに誕生した仏教は、世界三大宗教の一つで、その中で最も歴史の長い宗教です。「ほとけ」の教えと書いて仏教。「ほとけ」とは「仏陀」を指し、「目覚めた人」「悟った人」という意味です。仏教を開いた「ゴータマ・シッダールタ」は恵まれた地位を捨て、苦しみから解放されるための修行の後に悟りを得ます。仏陀とは悟りを開いた後のゴータマ・シッダールタに名付けられた尊称です。なので、ここでは「ほとけさま」ということにしましょう。

ほとけさまの教えは「この世は苦しみに満ちている」という現実の理解から始まります。私たちの人生は、「老い」や「病気」、「死」をはじめ、「愛する者との別れ」や「嫌な人との出会い」、「求めても求めても得られないこと」など、思い通りにならない現実の連続だと言えるでしょう。そうした時に生じる「思い通りにならない(ので悲しい!・嫌だ!)」という感情や感覚こそが「苦しみ」の本質なのです。ほとけさまは、この「苦しみ」から解放され、充実した人生を歩むための処方箋を示してくれた方です。

苦しみから解放されるためには、「四つの正しい理解」が必要です。まず、自分が「何の」事実に対して「どのように」苦しんでいるのかを正しく理解する。次に自分が苦しんでいる「本当の原因」について正しく理解する。さらにその原因をなくす「根本的な解決方法」を正しく理解する。あとはそれを「実行」すれば確かに解決するなと正しく理解し、行動に移すだけです。ほとけさまは、この明確な処方箋をもとに「こころ安らかで幸せに生きなさい」と教えてくれているのです。

ところが、この「正しく」がなかなかできません。自分の都合や偏見でものごとを理解することの方が多いのが常です。これでは「苦しみ」から解放されることはできません。ほとけさまの視点、ものごとをありのままに観る智慧と、相手を思いやる慈愛に満ちたまなざしを得ることで、私たちは幸せに生きることができるのだと思います。

→広げよう「縁とも」の輪に続く

ホッと家のこづかいさん

ホッと家のこづかいさん

投稿者の記事一覧

一般の社会人。ずっとマーケティングの仕事をしてきました。
若い頃出会った「ほとけさまの教え」に感銘を受け、みんなが幸せになるためには、この考え方、生き方が広がることが大事だと思っています。
で、微力ながらも社会の役に立つ人間になるために奮闘中。

関連記事

  1. みんな幸せになりたくて頑張ってる
  2. 「ホッと家の縁がわ」ってなに?
  3. 広げよう「縁とも」の輪
  4. 「ホッと家の縁がわ」始まります

新着記事

ほっとけないお話③インターネットで仏教を学ぶ

「ホッと家ファミリーの『ほっとけないお話』」は、ホッと家ファミリー(ホッと家の住人たち)が、今、気に…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#3

母と、兄弟二人は、下関の地にいた。父の養母は、台湾から引き揚げ、下関の地で、旅館を始めていた。子供達…

第4回「幸せを呼ぶ心の法則〜随念効果」

その日、ホッと家の縁がわで時間を潰していたのは、常連のキタオではなく、主婦のユキコだった。縁…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#2

父母の結婚式の写真が残っている。海軍の提督が、仲人に成っている。白い海軍正装姿の父と着物姿の母だ。戦…

真っ暗な空にこそ、星は輝く 第3回

大人になってからADHD(注意欠陥多動性障害)と診断された私が、子供の頃からの苦しい経験を振り返って…

ヤッシーのきまま見聞録⑨

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

PAGE TOP