コンセプト

ほとけさまのまなざし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

約2500年前にインドに誕生した仏教は、世界三大宗教の一つで、その中で最も歴史の長い宗教です。「ほとけ」の教えと書いて仏教。「ほとけ」とは「仏陀」を指し、「目覚めた人」「悟った人」という意味です。仏教を開いた「ゴータマ・シッダールタ」は恵まれた地位を捨て、苦しみから解放されるための修行の後に悟りを得ます。仏陀とは悟りを開いた後のゴータマ・シッダールタに名付けられた尊称です。なので、ここでは「ほとけさま」ということにしましょう。

ほとけさまの教えは「この世は苦しみに満ちている」という現実の理解から始まります。私たちの人生は、「老い」や「病気」、「死」をはじめ、「愛する者との別れ」や「嫌な人との出会い」、「求めても求めても得られないこと」など、思い通りにならない現実の連続だと言えるでしょう。そうした時に生じる「思い通りにならない(ので悲しい!・嫌だ!)」という感情や感覚こそが「苦しみ」の本質なのです。ほとけさまは、この「苦しみ」から解放され、充実した人生を歩むための処方箋を示してくれた方です。

苦しみから解放されるためには、「四つの正しい理解」が必要です。まず、自分が「何の」事実に対して「どのように」苦しんでいるのかを正しく理解する。次に自分が苦しんでいる「本当の原因」について正しく理解する。さらにその原因をなくす「根本的な解決方法」を正しく理解する。あとはそれを「実行」すれば確かに解決するなと正しく理解し、行動に移すだけです。ほとけさまは、この明確な処方箋をもとに「こころ安らかで幸せに生きなさい」と教えてくれているのです。

ところが、この「正しく」がなかなかできません。自分の都合や偏見でものごとを理解することの方が多いのが常です。これでは「苦しみ」から解放されることはできません。ほとけさまの視点、ものごとをありのままに観る智慧と、相手を思いやる慈愛に満ちたまなざしを得ることで、私たちは幸せに生きることができるのだと思います。

→広げよう「縁とも」の輪に続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホッと家のこづかいさん

ホッと家のこづかいさん

投稿者の記事一覧

一般の社会人。ずっとマーケティングの仕事をしてきました。
若い頃出会った「ほとけさまの教え」に感銘を受け、みんなが幸せになるためには、この考え方、生き方が広がることが大事だと思っています。
で、微力ながらも社会の役に立つ人間になるために奮闘中。

関連記事

  1. 「ホッと家の縁がわ」始まります
  2. 広げよう「縁とも」の輪
  3. 「ホッと家の縁がわ」ってなに?
  4. みんな幸せになりたくて頑張ってる

新着記事

第8回 上田紀行先生 、カンポンさんとの出会い、そして翻訳本の出版へ

1998年、2年間のタイ留学生活を終え、再び故郷沖縄の琉球大学大学院に戻りました。そして修士論文では…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑩

●願望達成のチャンスはどこからやってくるのか?私たちの体を作っている「超ひも」という超高速で…

病と付き合うとき#3

第二の転機となった成長ホルモン投与により、見る間に大人の体に変化していった。どんどん体力が拮…

お客の多い家族の記憶④「世界の七不思議」

在家仏教を信仰する両親と三人兄妹(私は末っ子二女)。そしてなぜか次々とわが家を訪れる人々との、な…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑨

●来世はあるのか?死んだら何処に行くのか?私たちは3次元(縦、横、高さ)の世界に住んでいます…

「縁とも」のオフ会を開催いたしました。

ホッと家の縁がわでは、ブログを投稿してくださる方、ブログを読んでくださる方を「縁とも」と名付けていま…

PAGE TOP