コンセプト

広げよう「縁とも」の輪

ここに集う人達の大半は、人生の様々な局面で「ほとけさまの教え」に出会った人達です。現実の人生の中で、様々な課題に直面し、それを解決するために様々な立場で努力してきた人達です。それに成功した人も、現在進行形で向き合っている人も、失敗した中から立ち上がった人も、立ち上がろうとしている人もいます。私たちはこの人達を「ほとけさまの教え」の縁で結ばれた「縁とも」と名付けました。

「縁とも」の皆さんがどのような思いで現実に向き合い、どのような視点でそれを理解し、どのような方法でそれを克服し、どのように今を生きているのか。そんなことにスポットを当てて、皆さんと共有して行きたいと考えました。そして、そのような人達をさらなる「縁」でつないでいくことが出来ないか、と考えました。

ほとけさまのまなざしを得るためには、同じ志を持った多くの仲間とともに歩むことが必要です。様々な「縁とも」の視点が、私たちの視点のズレに気づかせてくれます。そして自分が負けそうになった時も、頑張っている仲間の存在を感じるだけで励ましになったりします。だから、「縁とも」ともっとつながりたいのです。

→「ホッと家の縁がわ」ってなに?

ホッと家のこづかいさん

ホッと家のこづかいさん

投稿者の記事一覧

一般の社会人。ずっとマーケティングの仕事をしてきました。
若い頃出会った「ほとけさまの教え」に感銘を受け、みんなが幸せになるためには、この考え方、生き方が広がることが大事だと思っています。
で、微力ながらも社会の役に立つ人間になるために奮闘中。

関連記事

  1. みんな幸せになりたくて頑張ってる
  2. 「ホッと家の縁がわ」ってなに?
  3. ほとけさまのまなざし
  4. 「ホッと家の縁がわ」始まります

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#8

ガルシアは、治療の甲斐あって、徐々に体力を取り戻した。マイアミのニカラグア人コミュニテイーで、小規模…

「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

第一話 「おたふく風邪と、あ・い・う・え・お」僕は、小学校3年生まで文字が読めなかった。言葉…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#7

1980年8月、日本で世界選手権が開催された。最終番の日本対キューバ戦は最高潮で迎えられた。当日は、…

「ボールをどこに投げたらいいか?」

父は、少年野球のコーチでした。私も在籍したチームのコーチを25年もやった人でした。暑い日も寒い日も、…

ジャイアン②

私のある意味“すごい”特徴の一つに、「限りないうっかり者」があげられる。小学校の頃を思い返す…

【ヤッシーのきまま見聞録⑥】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

PAGE TOP