人生へのまなざし

はじめまして「がん患者」です!

2015年の6月、乳がんと診断されました。半年にわたる抗がん剤治療を経て左胸を全摘出し、その後、ホルモン療法を続けながら、現在、生存率更新中です。

20年以上にわたる新聞記者時代、幾度となく、がんを体験した人を取材してきました。「目の前の人の苦しみは私には到底計り知れない」。そう思いながらも、できるだけ相手の方の思いに寄り添って、話を聞き、記事を書いてきた
つもりでした……。自分ががんを体験した立場で、これまで書いてきた記事を読み直すと、「おいおい、ちょっと視点が偏っていないか!」とツッコミを入れたくなることばかり。でもそれは、体験者だからこそ言えることなのかもしれません。

つらさとか悲しみ、苦しみ、痛みにばかりフォーカスしてる!!
抗がん剤治療の副作用、抜け落ちる髪や外見が変わっていく不安、乳房を失った悲しみ、再発や転移の不安、死と向き合わせの日々……。もちろん、私自身もそのすべてを体験しました。でも、決して四六時中そんな思いばかりに包まれていたわけではないし、たとえ声をあげて泣いた日だって、泣きやんだあとにつかんだ思いがあります。

がんと診断された日、病院の外に出て空を仰ぎ、「これから一体どうなるんだろう」と心の中でつぶやきました。そのあとすぐに脳裏に浮かんだ思い。「しかたがない。がんになっちゃったんだから」。そしてまたすぐにわき起こった小さな希望。「きっと悪いことだけではないはずだ」——。

私はスーパーポジティブな性格ではなく、むしろ悶々と考えるネガティブタイプ。だからしこりに気づいて病院に行くまでにもウジウジしていて相当時間がかかりました。でも病気が分かったこのとき、何の根拠も医学的証明もないけれど、漠然とした思いが私を支えてくれた。そして、精神的につらいことや肉体的な痛みや不調も含めてとことん味わい尽くす気持ちで過ごしたら、「苦い味」ばかりではありませんでした。

病気にならなければ出会えなかった人、出会えなかった言葉、気づけなかった思い、味わえなかった感情……。仏さまというのか、神仏というのか、宇宙というのか。私の想像をはるかに超えたスケールの大きな存在が、「がん」を通して、最高の贈り物を与えてくれたと心底思っています。「胸はないけど胸いっぱい♡」と友人に言うと、苦笑いされ、時には「笑えない」「自虐にもほどがある!」と一蹴されることも(-_-;)。きっと私も友人にそんな人がいたら「この人、ちょっとおかしいんじゃない?」と思うかもしれません。

ただ、私は、強がっているわけでも美談にしたいわけでもなく、けれども、ない胸を張って(また自虐 笑)この体験をしてよかったと言える。おかしな話だけれど、病気になる前よりも病気になってからのほうが「生きている」と実感しています。

いま、記者の私ではなく、がん患者の私だからこそ書けることを書いてみたい。そして、かつての私には思い浮かばなかったようなことを、同じようにがんを体験した人と語り合ってみたい。「がん」をネタにして、思う存分、皆さんと心を通わせたいと思っています。

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

Rie

Rie

投稿者の記事一覧

Rie
東京都生まれ。2015年5月に乳がんが分かり、半年間の抗がん剤治療を経て左乳房全摘出。現在もホルモン療法を続けている。これまで新聞記者、雑誌編集者などを経験し、がん患者やその家族、医療関係者などを取材してきたが、自分ががんになったことで、そのときには見えなかったこと、感じられなかったことを体験。病気を通して得た出会いのなかで、生きることの喜びとは何か、本当の健康とは、そして病とは人間にとってどのような存在なのかを追い求め、ご縁のあった方に自分の体験を通して気づいたことをお伝えしている。かつて取材を通して出会った「がん友」とも再会し、互いに病気を通して感じたことを分かち合っている。本当の健康の意味、知識について深めたいと、昨年、「健康予防管理専門士」の資格も取得。現在は中医学を学んでいる。

関連記事

  1. ほとけさまなら、「働き方改革」をどう考えるんだろう?
  2. ビジネスフレームワークとしての仏教
  3. 第7回 見た目
  4. 第4回 思いのこもった言葉に正しいも間違いもない ②大丈夫
  5. 第5回 がんがわかったとき
  6. 第6回 「安心」
  7. 不祥事続きの日本企業を見て、ほとけさまなら何と言うだろう…
  8. ビジネスは戦争だ、競争だ、と考える現代人に、ほとけさまなら何と言…

新着記事

車椅子の人とダンスを楽しむ

夜7時が近づく頃、東京都台東区の松が谷福祉会館には、ワゴン車から降りる車椅子の人やその家族、ボランテ…

【ヤッシーのきまま見聞録⑤】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#3

下関から、父のいる東京に合流できる日は、一年後になった。下関駅から、車中一泊2日の長旅だった。母は痩…

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海編〉

ぶっつけ体当たりで度胸がついた右も左もわからずに飛び込んだ私への使命は、「会員数激減のファン…

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈出港編〉

万に一のまさか、神様の間違い?神様の気がふれた。あの時は本当にそうだったと今でも思う。神様っ…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#2

父が就職した紡績会社は、業界最大手の一つ。後年は繊維不況や組合問題等の苦難を乗り越え、且つ、化粧品分…

PAGE TOP