社会とつながる

俺の命を使ってください!

DV、ストーカー、借金、引きこもり、などなど人間関係やカネに絡む問題を解決してきた15年間だった。試行錯誤を積み重ねてきた、と言っても過言ではない。設立当初から資金難。それでも事務所に寝泊まりしながら、24時間・365日OKの相談を1年2カ月続けた。そうして9年間続けた後に助成を受けられる公益社団法人になったけれど、その間、給与を支払えずに辞めてもらったスタッフも少なからずいた。

全国20数カ所の「駆け込み寺連絡所」も設立した。隣近所の家族同士が協力し合って、自分たちの地域で、自分たちの手で、身近な問題を解決していこうとするボランティアの姿は、仏教で言うところの「利他行」の基本のようにも見えた。

しかし、そうした情熱が時間とともに冷めていく様子も、いくつも見てきた。外から常に熱風を送り続けもしたけれど、最終的にはその現場で、自分で松明を燃やす意識こそが人を救うための根本条件だと改めて実感された。

常に考え、トライしては改め、そうしながら全国に出かけ、人と出会いながら、いつの間にか、これまでに5万人の人たちが何らかのトラブルから解き放たれてきたという事実もある。

宗教団体との出会いも日本駆け込み寺の経験にはありがたかった。全日本仏教会を通じて全国数万カ寺に駆け込み寺を設置しようとしたがうまく進まず、かえってそれが自分の使命感を明確にもさせることになった。

同じ宗教でも新宗連の人たちは、世間で言われる新興宗教へのいかがわしさとは裏腹に「ぬくもり」を感じる人たちが多かった。特に、立正佼成会は開祖庭野日敬初代会長が天台宗ともつながりが深く、我が師・酒井雄哉大阿闍梨との邂逅を彷彿とさせるものとして立正佼成会の方々との出会いを重ねてきた。どなたも純真無垢で、邪気のない、仏のような方ばかりだという印象が強い。

お話を伺ったり、行動を見ていても、真剣に自身を高める修行に励まれている。だからこそ、とも思う。その気持ちを広く社会に展開することを共に行っていきたいと。

そんな気持ちで、今年3月23日、法輪閣大ホールで教会長さんたちの人権学習会の場で、「たった一人のあなたを救う」と題して講演させてもらった。そのときに、天台宗の教えにある「一隅を照らす、これすなわち国宝なり」が唐突に脳裏に浮かんだ。教会長さんたちの目に感じた「ぬくもり」がこの言葉を導き出させた。そして、覚えず「みなさん、この俺の命を使ってください!」と口から出ていた。自分としても何とも不思議な感覚だった。

「釈迦に説法」を覚悟のうえで言うと、信仰心の具体的な行為は人を救うことだと思っている。世の中は法律をつくれば人が救われると考えているようだが、決してそうはならない。まさに「仏つくって魂入れず」の状態が蔓延している。

現実の世の中は、座間市の九人殺人事件は、ある意味で「優しさ」が凶器になった。自殺したい人の願いを叶えるという、いびつな優しさ。しかし、現代社会には魂のない優しさが蔓延している。そこに人を救う信仰心はどう関わることができるのか? それこそが今の時代の根源的なテーマだ。否、そこに目を向けない宗教に何の意味があるだろうか?

人の魂に手を合わせない宗教って、何だ?
人の魂を語らない宗教って、何だ?
「利他」を実践しない宗教って、何だ?

座間市の事件で亡くなった人も、その遺族も救われなければならない。同じように、犯人も救われなければならない。
酒井大阿闍梨の遷化から4年2カ月。日に日に「利他」の意味をかみしめる。分かりやすく言えば「与えること」。自分の魂を出会う人に「与える」ことこそ師との間で無言で交わした“遺魂”。貧者の一燈に俺は徹する。

玄 秀盛


公益社団法人日本駆け込み寺
http://nippon-kakekomidera.jp/

一般社団法人再チャレンジ支援機構
http://shienkiko.jp/

よろず相研株式会社
http://yorozusoken.com/

玄秀盛

玄秀盛

投稿者の記事一覧

1956年、大阪市西成区生まれ。在日韓国人として生をうけ、“4人の母”と“4人の父”のもとを転々として育つ。中学卒業後、自動車修理工を皮切りに、すし職人、トラック運転手、葬儀屋、キャバレーの店長など28の業種に及ぶ職業を経験した後、建設、不動産、金融、調査業など10社あまりを起業する。また、33歳で天台宗酒井大阿闍梨のもとで得度するなど、特異な人生をくぐりぬけてきた。2000年の献血の際、白血病を引き起こすウイルス保菌者であることが判明したのを機にそれまでの人生と決別。

自身の「生きた証」を残すため2002年5月、NPO法人日本ソーシャル・マイノリティ協会を設立。470日あまりは24時間体制で相談窓口を開設した。それ以来、3万人以上の人々の悩みの救済を行ってきた。

2011年7月一般社団法人日本駆け込み寺を設立。2012年11月公益社団法人格を取得。「たった一人のあなたを救う」をモットーに、DV、家庭内暴力、金銭トラブル、いじめ、ひきこもり等、いかなる問題であろうと分け隔てなく、悩み苦しむ人々は何人でも受け入れるという姿勢のもと活動を続けている。2012年日本国籍を取得。

また、2014年4月には一般社団法人再チャレンジ支援機構(代表理事 堀田力氏)を設立し、社会復帰が困難な刑務所出所者等の支援を行なっている。

著書に
『新宿歌舞伎町駆け込み寺』(角川春樹事務所) 『生きろ』(メディアファクトリー)
『愛と命と魂と』(KKロングセラーズ) 『金を斬る』(マイクロマガジン社)
『男(ワル)の処世術』(大和出版) 『エリート×アウトロー世直し対談』(集英社) 
『悩み方、違ってます!』(幻冬舎)
『何があっても生きる 孤立・貧困・自死の連鎖を断つ』(佼成出版社)
『崖っぷちからの大逆転』(清流出版)
『ありのままの自分で生きる法則』(KKロングセラーズ)などがある。

2011年には、俳優の渡辺謙氏の企画で、玄の半生をフィクション化したドラマ『愛・命』(テレビ朝日系列)がテレビ放映された。玄秀盛役は渡辺謙氏が演じた。

関連リンク
公益社団法人日本駆け込み寺
http://nippon-kakekomidera.jp/

一般社団法人再チャレンジ支援機構
http://shienkiko.jp/

よろず相研株式会社
http://yorozusoken.com/

関連記事

  1. 「七千年に一度の縁を生かす」
  2. 「次の時代を担う君たちへ 誰かのために頑張れる自分がいる」
  3. 「値千金」
  4. 車椅子の人とダンスを楽しむ
  5. 「すべての生命が安心して生活できる社会(世界平和)の実現」を目指…
  6. 少女の笑顔が孤独な老人の心を救った
  7. あるホームヘルパーさんの肖像
  8. 氷が溶けると春になる

新着記事

車椅子の人とダンスを楽しむ

夜7時が近づく頃、東京都台東区の松が谷福祉会館には、ワゴン車から降りる車椅子の人やその家族、ボランテ…

【ヤッシーのきまま見聞録⑤】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#3

下関から、父のいる東京に合流できる日は、一年後になった。下関駅から、車中一泊2日の長旅だった。母は痩…

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海編〉

ぶっつけ体当たりで度胸がついた右も左もわからずに飛び込んだ私への使命は、「会員数激減のファン…

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈出港編〉

万に一のまさか、神様の間違い?神様の気がふれた。あの時は本当にそうだったと今でも思う。神様っ…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#2

父が就職した紡績会社は、業界最大手の一つ。後年は繊維不況や組合問題等の苦難を乗り越え、且つ、化粧品分…

PAGE TOP