家族とつながる

お客の多い家族の記憶①「オッカァサ~ン、キィテクレルゥ~!?」

在家仏教を信仰する両親と三人兄妹(私は末っ子二女)。
そしてなぜか次々とわが家を訪れる人々との、なんとも不思議な日々。

昭和の終わりの混沌とした記憶を、自らが子育て奮闘中の今、順不同に綴ってみる。
多少、盛りつつ♪

☆「オッカァサ~ン、キィテクレルゥ~!?」

当時小学生の私が、夕方のアニメを見ながらちゃぶ台でご飯を食べていると、またあの甲高い声が飛び込んでくる。
メイメイは、オシャレでさらさらのロングヘアが似合うベトナムの美女。マンションの最上階に夫婦で住んでいる。
オカアサンとは私の母のこと。「ジェムシーね、ヒドイのよ!」

「ノ~。悪いのはメイメイね」。間もなく現れたダンナは香港出身の色男・ジェムシー(子どもの私にも一目でわかるほどの)。

6畳間の小さなちゃぶ台を挟んだ夫婦げんかは、感情が高ぶると、それぞれのお国の言葉の応酬になる。
頭上で行き交うけたたましい外国語を聞き流し、見たいアニメに集中する技を身につけた私。

そして、にぎやかな口げんかが一段落した頃、台所で夜の支度をしている母が、若く美しい夫婦に笑顔で声をかける。
「気が済んだ? 夕ご飯でも食べていく?」

「タイジョブ。帰るネ」と手を繋ぎ出ていく男女を見送るでもなく、私はテレビに顔を向けたまま、毎回思う。
――何しに来てんだ!? あの二人。

しかし母には何も問わず、代わりにメイメイの口真似をしてみる。
「キィテク~レルゥ~!? タイジョブ、タイジョブ。”だ”って言いにくいのかな?」

何ごともなかったかのように、父の晩酌と、私よりかなり年上の兄・姉の夕ご飯の支度に戻る母。

狭く薄暗い古マンションの台所(「キッチン」という表現はふさわしくない)で、
その横顔は、少し笑っていた。

三代目 B soul主婦

三代目 B soul主婦

投稿者の記事一覧

祖母の代から始まり、在家仏教信仰三代目のアラフィフ主婦。信仰に篤い両親だが、一切押し付けられることなく自由奔放に育つ。仕事も遊びも全力投球の20代30代を経て、高齢出産を経験。
やっと自ら仏さまの教えを求めるようになり、特に根本仏教に惹かれ、「子育てと信仰、ときどきお仕事」な日々を楽しむ。

関連記事

  1. 母と過ごした最後のお正月です
  2. お客の多い家族の記憶②「押し入れの親子」
  3. お客の多い家族の記憶③「コンビニと花火とガイセンシャ」
  4. 娘からの電話
  5. お客の多い家族の記憶④「世界の七不思議」
  6. 1日たった10秒のハグ(後編)
  7. 思いが伝われば心が満たされる
  8. 幸せな「母の日」

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#8

ガルシアは、治療の甲斐あって、徐々に体力を取り戻した。マイアミのニカラグア人コミュニテイーで、小規模…

「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

第一話 「おたふく風邪と、あ・い・う・え・お」僕は、小学校3年生まで文字が読めなかった。言葉…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#7

1980年8月、日本で世界選手権が開催された。最終番の日本対キューバ戦は最高潮で迎えられた。当日は、…

「ボールをどこに投げたらいいか?」

父は、少年野球のコーチでした。私も在籍したチームのコーチを25年もやった人でした。暑い日も寒い日も、…

ジャイアン②

私のある意味“すごい”特徴の一つに、「限りないうっかり者」があげられる。小学校の頃を思い返す…

【ヤッシーのきまま見聞録⑥】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

PAGE TOP