エッセー

ジャイアン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6歳上の私の彼は、ひとことで言えば「ジャイアンタイプ」。
もちろん、ジャイアンのように、人を殴ったり、脅したりはしないけど、
自分の欲求にとても素直(つまり、わがまま)。
そして、ポジティブな感情も、ネガティブな感情も素直に表現するので、
「それ、言い過ぎ!!」と突っ込みを入れたくなる。

たとえば、二人で一緒にご飯を食べているとき、
「水、もってきて」「醤油、もってきて」と間髪入れずに言った後、
座る暇もない私に、
「俺と一緒だと、運動になっていいだろ?」と満足げな笑顔を見せる。

彼は、おもしろいし、頼もしいし、前向きだし、一緒にいると楽しいけど、
私はたまに、「もう、本当にジャイアンなんだから!」と言いたくなる。
そんなときは、私のストレスが溜まらないように、
お腹に軽く“ねこパンチ!”を入れてもいい約束になっている・・・。
本当は、私の方が乱暴者なのか?

そんな彼のことを、私の友人たちは「ジャイアン」と呼び、
彼も、映画版のジャイアンは面倒見がよく、友だち思いだからなのか、
そのあだ名を気に入っている。

ある日、そんな「ジャイアン」が私に一言。
「ジャイアンは、しずかちゃんが好きなんだぞ」。

??う~ん、たしかに。
私が彼に、こうして欲しい、ああして欲しいと思うのと同じように、
彼も私に対して、こうして欲しい、ああして欲しいと思っているのだ。

まずは自ら与える。それって布施の精神でもあるし。
私も、しずかちゃんのように、彼に優しくしてあげようと、心に誓った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パンダ

パンダ

投稿者の記事一覧

仏さまの教えを学ぶことが好き。教えをひとつ実践して、それによって気づいたことをみんなと語り合う時間は、もっと好き。

関連記事

  1. 「愛すべき来訪者たち」#4
  2. 「愛すべき来訪者達」#6
  3. 病と付き合うとき #1
  4. 病と付き合うとき #2
  5. 不思議な夢 #1
  6. 【ヤッシーのきまま見聞録②】
  7. 「不思議な夢」#3
  8. インドで学んだ宗教の普遍性

新着記事

第8回 上田紀行先生 、カンポンさんとの出会い、そして翻訳本の出版へ

1998年、2年間のタイ留学生活を終え、再び故郷沖縄の琉球大学大学院に戻りました。そして修士論文では…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑩

●願望達成のチャンスはどこからやってくるのか?私たちの体を作っている「超ひも」という超高速で…

病と付き合うとき#3

第二の転機となった成長ホルモン投与により、見る間に大人の体に変化していった。どんどん体力が拮…

お客の多い家族の記憶④「世界の七不思議」

在家仏教を信仰する両親と三人兄妹(私は末っ子二女)。そしてなぜか次々とわが家を訪れる人々との、な…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑨

●来世はあるのか?死んだら何処に行くのか?私たちは3次元(縦、横、高さ)の世界に住んでいます…

「縁とも」のオフ会を開催いたしました。

ホッと家の縁がわでは、ブログを投稿してくださる方、ブログを読んでくださる方を「縁とも」と名付けていま…

PAGE TOP