エッセー

ジャイアン

6歳上の私の彼は、ひとことで言えば「ジャイアンタイプ」。
もちろん、ジャイアンのように、人を殴ったり、脅したりはしないけど、
自分の欲求にとても素直(つまり、わがまま)。
そして、ポジティブな感情も、ネガティブな感情も素直に表現するので、
「それ、言い過ぎ!!」と突っ込みを入れたくなる。

たとえば、二人で一緒にご飯を食べているとき、
「水、もってきて」「醤油、もってきて」と間髪入れずに言った後、
座る暇もない私に、
「俺と一緒だと、運動になっていいだろ?」と満足げな笑顔を見せる。

彼は、おもしろいし、頼もしいし、前向きだし、一緒にいると楽しいけど、
私はたまに、「もう、本当にジャイアンなんだから!」と言いたくなる。
そんなときは、私のストレスが溜まらないように、
お腹に軽く“ねこパンチ!”を入れてもいい約束になっている・・・。
本当は、私の方が乱暴者なのか?

そんな彼のことを、私の友人たちは「ジャイアン」と呼び、
彼も、映画版のジャイアンは面倒見がよく、友だち思いだからなのか、
そのあだ名を気に入っている。

ある日、そんな「ジャイアン」が私に一言。
「ジャイアンは、しずかちゃんが好きなんだぞ」。

??う~ん、たしかに。
私が彼に、こうして欲しい、ああして欲しいと思うのと同じように、
彼も私に対して、こうして欲しい、ああして欲しいと思っているのだ。

まずは自ら与える。それって布施の精神でもあるし。
私も、しずかちゃんのように、彼に優しくしてあげようと、心に誓った。

パンダ

パンダ

投稿者の記事一覧

仏さまの教えを学ぶことが好き。教えをひとつ実践して、それによって気づいたことをみんなと語り合う時間は、もっと好き。

関連記事

  1. ヤッシーの気まま見聞録⑦
  2. 「愛すべき来訪者たち」#2
  3. インドで学んだ宗教の普遍性
  4. 「愛すべき来訪者たち」#3
  5. 【ヤッシーのきまま見聞録②】
  6. 【ヤッシーのきまま見聞録④】
  7. 病と付き合うとき#5
  8. ファミリーレストランでの出来事

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#1

母の葬儀は、高輪のお寺で営まれた。父が選んだ。幼いころから、女学生時代を過ごした、母にとり、芳しい思…

花を見る

初めて投稿させていただきます。大田区在住の【ワッペン】と申します。仕事はすでにリタイアして、この春か…

真っ暗な空にこそ、星は輝く 第2回

大人になってからADHD(注意欠陥多動性障害)と診断された私が、子供の頃からの苦しい経験を振り返って…

井の中の蛙、迷子になってロングバケーション

今はロングバケーション。そう思いながら毎日をやり過ごしていた、私の20代最後の1年間。ハケン…

ヤッシーのきまま見聞録⑧

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

第二話 「ひとつの何故が、無限の世界へ繋がる」小学三年生の時、今まで字が読めなくて悔しい思い…

PAGE TOP