エッセー

ジャイアン

6歳上の私の彼は、ひとことで言えば「ジャイアンタイプ」。
もちろん、ジャイアンのように、人を殴ったり、脅したりはしないけど、
自分の欲求にとても素直(つまり、わがまま)。
そして、ポジティブな感情も、ネガティブな感情も素直に表現するので、
「それ、言い過ぎ!!」と突っ込みを入れたくなる。

たとえば、二人で一緒にご飯を食べているとき、
「水、もってきて」「醤油、もってきて」と間髪入れずに言った後、
座る暇もない私に、
「俺と一緒だと、運動になっていいだろ?」と満足げな笑顔を見せる。

彼は、おもしろいし、頼もしいし、前向きだし、一緒にいると楽しいけど、
私はたまに、「もう、本当にジャイアンなんだから!」と言いたくなる。
そんなときは、私のストレスが溜まらないように、
お腹に軽く“ねこパンチ!”を入れてもいい約束になっている・・・。
本当は、私の方が乱暴者なのか?

そんな彼のことを、私の友人たちは「ジャイアン」と呼び、
彼も、映画版のジャイアンは面倒見がよく、友だち思いだからなのか、
そのあだ名を気に入っている。

ある日、そんな「ジャイアン」が私に一言。
「ジャイアンは、しずかちゃんが好きなんだぞ」。

??う~ん、たしかに。
私が彼に、こうして欲しい、ああして欲しいと思うのと同じように、
彼も私に対して、こうして欲しい、ああして欲しいと思っているのだ。

まずは自ら与える。それって布施の精神でもあるし。
私も、しずかちゃんのように、彼に優しくしてあげようと、心に誓った。

パンダ

パンダ

投稿者の記事一覧

仏さまの教えを学ぶことが好き。教えをひとつ実践して、それによって気づいたことをみんなと語り合う時間は、もっと好き。

関連記事

  1. ヤッシーのきまま見聞録⑧
  2. 不思議な夢 #1
  3. インドで学んだ宗教の普遍性
  4. 【ヤッシーのきまま見聞録②】
  5. 病と付き合うとき#4
  6. 病と付き合うとき#6
  7. 病と付き合うとき#3
  8. ヤッシーの気まま見聞録⑦

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#6

母の体調は、日増しに悪くなっていった。駅の近くの商店街で、夕食の買い物をしても、大変疲れた様子で、家…

第11回(終)タイ人との結婚、夫婦でフリーランスという新たな出発

マヒドン大学宗教学部に講師として勤め始めた2010年。私はタイの学生たちにタイ語で日本の宗教事情を教…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#5

二回目のリセットで、住まいは、洗足池の近くに移る。中原街道の近くだ。家族四人の生活に戻った。父は会社…

罪一切をお詫び申し上げます

わが家に奇跡が起きました!お義母さんの認知症の症状がなくなったのです!ミラクルで有難い奇…

ヤッシーのきまま見聞録⑩

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

第三話 「昔、三上(さんじょう)。今、何上(なんじょう)」この間、東京のJR中央線に乗った時…

PAGE TOP