2017年 12月

  1. 「年越し」と「かさじぞう」

    年越しが迫ってきましたが、「年が越せない」という状況を経験した方は、若い方にはほとんどいないと思います。私が高校生の時、我が小宮家は、12月になると毎年のように「今年は年を越せるのか?」ということが話題に上りました。それは、年末にな…

  2. お客の多い家族の記憶②「押し入れの親子」

    在家仏教を信仰する両親と三人兄妹(私は末っ子二女)。そしてなぜか次々とわが家を訪れる人々との、な…

  3. 「不思議な夢」#3

    キリスト教に関連する不思議な夢から始まりました。最後は苦しい人生の選択を迫られた、江戸時代の日本最初…

  4. あなたのことをいっぱい聴かせてください

    「もしもし…、あの~、ママをたすけるには、どうしたらいいんですか?あさも、がっこうでも、かえって…

  5. 「死」に映る「業」

    ■「悟りなんかない」晩夏、十四年間の付き合いだった四十五歳の坊主が仏になった。歳の離れた奥さ…

  6. 「値千金」

  7. ビジネスは戦争だ、競争だ、と考える現代人に、ほとけさまなら何と言うだろう

  8. 第2回 思いのこもった言葉に正しいも間違いもない!①頑張れ

  9. 不思議な夢 #2

  10. 2500年前にタイムスリップ

新着記事

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる④

●波動エネルギーと縁起観人間はDNAの設計図を利用してタンパク質を合成し、細胞をつくり、それ…

第5回 開発僧(かいはつそう)の存在を知る

休みになる度にタイを訪れるようになった大学時代。私は興味を魅かれる方たちに出会いました。開発僧(かい…

娘との温かな時間

娘から電話がきました。急性腎不全の飼い猫レオンは、点滴を打ち少しずつ良くなってきたとのこと。…

人との繋がりが孤独を癒す

友人たちと一緒に取り組んでいる引きこもりの若者や家族への支援活動の中で痛感するのは、安心できる人や場…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる③

●なぜ4代前の先祖まで供養するのか?立正佼成会では、「4代前のご先祖さままで供養しなさい」とよく…

【ヤッシーのきまま見聞録①】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

PAGE TOP