お仕事

ビジネスは戦争だ、競争だ、と考える現代人に、ほとけさまなら何と言うだろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスは戦争や競争に例えられることが多いんです。ビジネス用語にも戦争を語源としているものが多数あります。戦略、戦術、ターゲット、ロジスティクス(兵站)、競合他社、キャンペーン等々。何故なのでしょうか?ビジネスの常識では絶えず競争が続いています。競合先に一歩先んじることが最も重視されているからです。優勝劣敗はビジネスにとって避けて通れない道であるとみんな思っています。

戦争や競争である以上、勝ち組と負け組が出てくるのも確か。だから、勝った者は驕り高ぶり、負けた者は卑屈になったり勝った者をうらやんだりします。勝ったり負けたりで一喜一憂するビジネスの現場では心の安まるときはありません。人生の大半の時間を費やす仕事。そんな状態でホントに幸せなんでしょうか?

先日女優の黒柳徹子さんが、自身のInstagramにNHKに入社した当時の写真をアップし、こんなことをつぶやいています。

「先輩の俳優が、私たち研修生を集めて『いいか、覚えとけ。蹴落とさねえ奴は、蹴落とされるんだ』と言われました。それを、聞いて、私は、1リハ(第1リハーサル室)の壁を蹴って、泣いた。(中略)人を蹴落とさなきゃ、やれない仕事なんて絶対に嫌だ。私は、人を蹴落としたりなんかしない。」と…。

そして現在に至るまでの63年間を振り返り、「誰かを蹴落とそうなんて、思わないで、ここまで、仕事をして来れたことに、感謝しています」と締めくくっています。

(「ねとらぼ」より引用  「壁を蹴って、泣いた」 黒柳徹子、NHK入社当時の“悔し泣きエピソード”に大反響 )

こうありたいと思います。自分のことを振り返ると、やはり勝ち負けにこだわり、競合相手を蹴落とそうとする気持ちをもって、その勝負に一喜一憂してきました。まあ、あきらめはいい方で、すぐに気持ちを切り替えていましたが…

ほとけさまは言います。

「かれは、われを罵った。かれは、われを害した。かれはわれにうち勝った。かれはわれから強奪した。」という思いをいだく人には、怨みはついにやむことがない。

「かれは、われを罵った。かれは、われを害した。かれはわれにうち勝った。かれはわれから強奪した。」ということを思わない人には、ついに怨みはやむ。

実にこの世においては、怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みのやむことがない。怨みを捨ててこそやむ。これは永遠の真理である」*と…

(*中村 元著「ブッダの真理のことば」より引用)

実は時代が変わり、ビジネスは「競合」から「共創」へと変わり始めています。共同で新たな価値を創る時代に突入しました。「オープンイノベーション」と言って、企業同士が新しい技術を共有し、新たなビジネスを立ち上げることも注目されています。腹に一物「怨み」をいだいたままでは、「共創」がうまくいくはずはありません。これからは、「勝ち負けは結果にすぎない。精一杯やるだけ」と心穏やかに臨んでいきたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホッと家のこづかいさん

ホッと家のこづかいさん

投稿者の記事一覧

一般の社会人。ずっとマーケティングの仕事をしてきました。
若い頃出会った「ほとけさまの教え」に感銘を受け、みんなが幸せになるためには、この考え方、生き方が広がることが大事だと思っています。
で、微力ながらも社会の役に立つ人間になるために奮闘中。

関連記事

  1. 不祥事続きの日本企業を見て、ほとけさまなら何と言うだろう…
  2. ほとけさまなら、「働き方改革」をどう考えるんだろう?

新着記事

不祥事続きの日本企業を見て、ほとけさまなら何と言うだろう…

昨年、日本の大企業の不祥事が続々と明るみに出てきました。「投信1」というサイトの「2017年も相次い…

縁ともリレーブログ 第3回

三代目B soul 主婦さんからバトンを受け取りました、「ざっくり〜な」です。ごく普通のサラリー…

思いが伝われば心が満たされる

今は亡き母が、ある日ベッドの上で不可思議な動作をしていました。認知症を患う母に「母さん何をしてい…

お客の多い家族の記憶③「コンビニと花火とガイセンシャ」

在家仏教を信仰する両親と三人兄妹(私は末っ子二女)。そしてなぜか次々とわが家を訪れる人々との、な…

PAGE TOP