家族とつながる

あなたのことをいっぱい聴かせてください

「もしもし…、あの~、ママをたすけるには、どうしたらいいんですか?
あさも、がっこうでも、かえってきてからも、ずっとずっとかんがえてるけど、わからないの…」
父親のDVに悩む、小学校に入ったばかりの女の子からの電話です。

「あなたは、パパに叩かれたとき、どう思うの?」と尋ねると、
「あのね…、パパね…、とってもかなしそうなかおしてたたくの…。
だからね、パパをえがおにしてあげたいとおもうよ…。」
と、思いもよらない言葉に、涙が溢れました。

子ども電話相談員として、一番衝撃を受けた女の子との出会いでした。

私には、社会人になった長男・長女、大学生の二男がいます。
いつも幸せでありますように…、悲しむことがありませんように…と、
子どもたちを守ってあげてきたつもりでいましたが、
同じように、祈られ、必死になって守り続けてもらってきた私だったのです。
この女の子は、ずっと気づくことができなかった3人の健気な想いを、
私の心に届けてくれ、ただただ愛おしいだけの存在にしてくれました。

受話器から聞こえてくる子どもたちの「心の叫び」は、
私を大きく変えてくれました。

相談員になるまでの私は、
「子育て」「躾」=「子どもを変える」という意識がありましたが、
実際は「子どもを変える」必要は、まったくありませんでした。

子ども電話相談員は、
「子どもには自分で考える力がある」と信じ、
質問されても、答えを出すことはしません。

最後までじっと話を聴き、共感し、自分で答えが出せるまで寄り添います。
そのあとは「大丈夫、あなたならできるよ」と、そっと背中を押すだけです。

子どもたちとの出会いで、
人は、自分のすべてを受け入れ、
応援してくれる人が「たったひとり」いるだけで、
強くなれることを学びました。

私が聴いた「心の叫び」。
子どもたちが、本当に受け止めてもらいたいと願っているのは、お母さんです。

すべてのお母さんが、子どもの「たったひとり」の存在になることができれば、
子ども電話相談員は必要ありません。
でも、子どもたちはお母さんにそんな心の余裕がないことを見抜いているので、
相談の電話が鳴りやまないのです。

この子どもたちの願いを叶えるために、
私が、ママの「たったひとり」の存在になりたいと思うようになり、
ママと直接出会える『キャンドル教室』をはじめることにしました。

キャンドルの炎を見つめるだけで、瞑想と同じ効果があるといわれます。
忙しいママですが、自分の心を大切にする時間をつくってほしいと願っています。

そして、
キャンドルに火が灯るように、ママの心に火が灯り、
その灯りが輪になって、「この世界は、愛で満ち溢れているから安心してね!」と、子どもたちに伝えたくて、教室名を『マミーリングキャンドル』としました。

「あなたのことをいっぱい聴かせてください」、そんな気持ちで毎日を過ごしています。

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

Hatsune*

Hatsune*

投稿者の記事一覧

Hatsune*
1966年、愛知県生まれ。3児の母親。いずれママになる娘に伝えたいことを、ブログで綴っています。

URL:https://mammyringcandle.com/

関連記事

  1. 1日たった10秒のハグ(前編)
  2. お客の多い家族の記憶①「オッカァサ~ン、キィテクレルゥ~!?」
  3. 母と過ごした最後のお正月です
  4. 娘との温かな時間
  5. 激流を登りきった鯉は天に昇って龍になる
  6. 幸せな「母の日」
  7. 1日たった10秒のハグ(後編)
  8. お客の多い家族の記憶③「コンビニと花火とガイセンシャ」

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#8

ガルシアは、治療の甲斐あって、徐々に体力を取り戻した。マイアミのニカラグア人コミュニテイーで、小規模…

「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

第一話 「おたふく風邪と、あ・い・う・え・お」僕は、小学校3年生まで文字が読めなかった。言葉…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#7

1980年8月、日本で世界選手権が開催された。最終番の日本対キューバ戦は最高潮で迎えられた。当日は、…

「ボールをどこに投げたらいいか?」

父は、少年野球のコーチでした。私も在籍したチームのコーチを25年もやった人でした。暑い日も寒い日も、…

ジャイアン②

私のある意味“すごい”特徴の一つに、「限りないうっかり者」があげられる。小学校の頃を思い返す…

【ヤッシーのきまま見聞録⑥】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

PAGE TOP