2018年 1月

  1. 第3回 タイの日本人僧、プラユキ・ナラテボー師との出会い

    「東北部のチャイヤプーム県にあるお寺で、 日本の方が出家されているから、みんなでお会いしに行こう!」1993年、恩師である鈴木規之先生は、タイ語を学ぶ学生たちにこう呼びかけました。すると、私の中のある記憶がよみがえりました。高校生の…

  2. 第4回 思いのこもった言葉に正しいも間違いもない ②大丈夫

    大丈夫ーー。この言葉は、病気療養中、自分自身に言い聞かせていた言葉であり、たくさんの方にかけていただ…

  3. 1日たった10秒のハグ(前編)

    「心の中に明かり窓を持たない人はいません。暗い牢獄の壁にも小さな明かり窓はあります。自分の明…

  4. 僕が「ホッと家の縁がわ」に参加している理由(わけ)

    縁ともリレーブログの第二弾は、僕こと「ホッと家のこづかい」がお届けします。大学を卒業して?十…

  5. 「愛すべき縁側の来訪者たち」#1

    子供のころ大田区の洗足池の近くに住んでいた。小さい庭と一寸腰かける用の縁側の付いた家だった。南を向い…

  6. 第2回 恩師との出会い

  7. 第3回 見ているけれど、見えていないもの

新着記事

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる④

●波動エネルギーと縁起観人間はDNAの設計図を利用してタンパク質を合成し、細胞をつくり、それ…

第5回 開発僧(かいはつそう)の存在を知る

休みになる度にタイを訪れるようになった大学時代。私は興味を魅かれる方たちに出会いました。開発僧(かい…

娘との温かな時間

娘から電話がきました。急性腎不全の飼い猫レオンは、点滴を打ち少しずつ良くなってきたとのこと。…

人との繋がりが孤独を癒す

友人たちと一緒に取り組んでいる引きこもりの若者や家族への支援活動の中で痛感するのは、安心できる人や場…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる③

●なぜ4代前の先祖まで供養するのか?立正佼成会では、「4代前のご先祖さままで供養しなさい」とよく…

【ヤッシーのきまま見聞録①】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

PAGE TOP