2018年 1月

  1. 第3回 タイの日本人僧、プラユキ・ナラテボー師との出会い

    「東北部のチャイヤプーム県にあるお寺で、 日本の方が出家されているから、みんなでお会いしに行こう!」1993年、恩師である鈴木規之先生は、タイ語を学ぶ学生たちにこう呼びかけました。すると、私の中のある記憶がよみがえりました。高校生の…

  2. 第4回 思いのこもった言葉に正しいも間違いもない ②大丈夫

    大丈夫ーー。この言葉は、病気療養中、自分自身に言い聞かせていた言葉であり、たくさんの方にかけていただ…

  3. 1日たった10秒のハグ(前編)

    「心の中に明かり窓を持たない人はいません。暗い牢獄の壁にも小さな明かり窓はあります。自分の明…

  4. 僕が「ホッと家の縁がわ」に参加している理由(わけ)

    縁ともリレーブログの第二弾は、僕こと「ホッと家のこづかい」がお届けします。大学を卒業して?十…

  5. 「愛すべき縁側の来訪者たち」#1

    子供のころ大田区の洗足池の近くに住んでいた。小さい庭と一寸腰かける用の縁側の付いた家だった。南を向い…

  6. 第2回 恩師との出会い

  7. 第3回 見ているけれど、見えていないもの

新着記事

不祥事続きの日本企業を見て、ほとけさまなら何と言うだろう…

昨年、日本の大企業の不祥事が続々と明るみに出てきました。「投信1」というサイトの「2017年も相次い…

縁ともリレーブログ 第3回

三代目B soul 主婦さんからバトンを受け取りました、「ざっくり〜な」です。ごく普通のサラリー…

思いが伝われば心が満たされる

今は亡き母が、ある日ベッドの上で不可思議な動作をしていました。認知症を患う母に「母さん何をしてい…

お客の多い家族の記憶③「コンビニと花火とガイセンシャ」

在家仏教を信仰する両親と三人兄妹(私は末っ子二女)。そしてなぜか次々とわが家を訪れる人々との、な…

PAGE TOP