2018年 1月

  1. 第3回 タイの日本人僧、プラユキ・ナラテボー師との出会い

    「東北部のチャイヤプーム県にあるお寺で、 日本の方が出家されているから、みんなでお会いしに行こう!」1993年、恩師である鈴木規之先生は、タイ語を学ぶ学生たちにこう呼びかけました。すると、私の中のある記憶がよみがえりました。高校生の…

  2. 第4回 思いのこもった言葉に正しいも間違いもない ②大丈夫

    大丈夫ーー。この言葉は、病気療養中、自分自身に言い聞かせていた言葉であり、たくさんの方にかけていただ…

  3. 1日たった10秒のハグ(前編)

    「心の中に明かり窓を持たない人はいません。暗い牢獄の壁にも小さな明かり窓はあります。自分の明…

  4. 僕が「ホッと家の縁がわ」に参加している理由(わけ)

    縁ともリレーブログの第二弾は、僕こと「ホッと家のこづかい」がお届けします。大学を卒業して?十…

  5. 「愛すべき縁側の来訪者たち」#1

    子供のころ大田区の洗足池の近くに住んでいた。小さい庭と一寸腰かける用の縁側の付いた家だった。南を向い…

  6. 第2回 恩師との出会い

  7. 第3回 見ているけれど、見えていないもの

新着記事

車椅子の人とダンスを楽しむ

夜7時が近づく頃、東京都台東区の松が谷福祉会館には、ワゴン車から降りる車椅子の人やその家族、ボランテ…

【ヤッシーのきまま見聞録⑤】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#3

下関から、父のいる東京に合流できる日は、一年後になった。下関駅から、車中一泊2日の長旅だった。母は痩…

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海編〉

ぶっつけ体当たりで度胸がついた右も左もわからずに飛び込んだ私への使命は、「会員数激減のファン…

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈出港編〉

万に一のまさか、神様の間違い?神様の気がふれた。あの時は本当にそうだったと今でも思う。神様っ…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#2

父が就職した紡績会社は、業界最大手の一つ。後年は繊維不況や組合問題等の苦難を乗り越え、且つ、化粧品分…

PAGE TOP