人生へのまなざし

第3回 見ているけれど、見えていないもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気になってから空を見ることが多くなりました。

「これからどうなるんだろう」——がんと診断された日、病院の外に出て見た空は、先が見えない私の心とは対照的な、雲一つないすっきりした青空でした。

「抗がん剤治療、ガンバロー!」と、自宅を出て気合いを入れるとき。

 

亡き両親に、「どうか見守ってね」とつぶやくとき。

 

「なんかわかんないけどつらいよー」と叫ぶとき。

 

副作用から解放されて一週間ぶりに外に出たときの「やったー!」。

 

麻酔から醒めて、歩けるようになった朝、病室の窓から……。

 

自然と空を仰いでいました。そんな私の一方的な思いを、いつもその大きな存在は静かに受けとめてくれました。

そしてあるとき、ふと思ったのです。
病気になる前は、こんなに空を見ることはなかった。

正しく言えば、見ようとしていなかった。
頭の中はいつも仕事のことや病弱な親の心配などに支配されていました。まだ起きてもいないことに臆病になり、四六時中、頭の中でストーリーを作って、不安になったり、忙しくなったり、勝手に悲劇の主人公になったりして。自分がいま立っている現実の世界を、五感で感じることを忘れていました。空だけではない。季節ごとに咲く花やその香りにも鈍感になっていました。だから病気になって、「こんなところにこんな花が咲いていたんだ」「秋になると、このあたりから金木犀の香りがするんだ」「こんなふうに木々の葉っぱの色が変化していくんだ」と初めて意識するようになりました。

見ようとしなければ見えないもの、視界に入っていても見ていないものがまだまだきっとあります。インターネットやSNSが生活の中心になりつつある現在、私たちは、体と心で感じる世界からどんどん離れていきます。もちろんそうした世界から完全に撤退することはできないけれど、時折、立ち止まって、体と心で感じる世界に生きてみたい。

 

皆さま

いつも読んでくださって、本当にありがとうございます。自分の体験を語ることは、恥ずさもありながらのスタートでしたが、皆さまが読んでくださっているということに、私自身が励みを頂き、やはりこの体験は無駄ではなかったと確認する機会にもなっています。お一人お一人に感謝を伝えたいくらいです。
このほど第3回の写真を間違えてしまいました。
また新たに掲載していただいています。
お詫びとともに、今後ともよろしくお願いいたします。Rie

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Rie

Rie

投稿者の記事一覧

Rie
東京都生まれ。2015年5月に乳がんが分かり、半年間の抗がん剤治療を経て左乳房全摘出。現在もホルモン療法を続けている。これまで新聞記者、雑誌編集者などを経験し、がん患者やその家族、医療関係者などを取材してきたが、自分ががんになったことで、そのときには見えなかったこと、感じられなかったことを体験。病気を通して得た出会いのなかで、生きることの喜びとは何か、本当の健康とは、そして病とは人間にとってどのような存在なのかを追い求め、ご縁のあった方に自分の体験を通して気づいたことをお伝えしている。かつて取材を通して出会った「がん友」とも再会し、互いに病気を通して感じたことを分かち合っている。本当の健康の意味、知識について深めたいと、昨年、「健康予防管理専門士」の資格も取得。現在は中医学を学んでいる。

関連記事

  1. 「死」に映る「業」
  2. 第5回 がんがわかったとき
  3. 第2回 思いのこもった言葉に正しいも間違いもない!①頑張れ
  4. 第7回 見た目
  5. 第6回 「安心」
  6. 第4回 思いのこもった言葉に正しいも間違いもない ②大丈夫
  7. ほとけさまなら、「働き方改革」をどう考えるんだろう?
  8. ビジネスフレームワークとしての仏教

新着記事

第6回 気づきの瞑想との出会い〜「いま、ここ」の手〜

スカトー寺を初めて訪れたとき、見慣れない風景に出会いました。それは瞑想の様子でした。瞑想というと、皆…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑦

●立正佼成会の行の仕組み、ご供養、法座、手取り、導きは何をもたらすのか?我を捨てることで「願…

第7回 見た目

1回目の抗がん剤治療が終わって3週間後、朝、髪の毛を触るとスルッとまとまって抜けました。「きたか」。…

幸せな「母の日」

「GWだから、帰ってきてくれたの?」と聞くと、「ううん。会いたいから帰ってきた」と、想いをそのま…

【ヤッシーのきまま見聞録②】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

ホームレスの神様、路上生活の文殊様【後編】

私は自分の体験から、困窮者・貧窮者への支援の思想・哲学に関心を抱くようになりました。その契機となった…

PAGE TOP