特集

第2回 恩師との出会い

1992年3月。地元・琉球大学に進学し1年が経過しようとするころ
3泊4日のスタディツアーで初めてタイを訪れました。

沖縄に住む私から見ると、首都バンコクは大都会。
タイは発展途上国=貧しいというステレオタイプで考えていた私は、高層ビルや高価な車がたくさん走る、街のにぎやかな風景に驚きました。

しかしそんな姿だけではありません。ツアーではスラム街で活動される現地NGO「プラティープ財団」を訪れ、急速な経済発展の影で貧困問題が生じていることも学びました。
そして、立ち並ぶきらびやかな仏教寺院に、日本とは明らかに違う風貌の僧侶にも興味がわいて、私の頭の中はいろんな疑問が湧きました。しかし、その疑問を一体誰に聞けばいいのかわかりませんでした。

帰国後、大学2年に進級した時、友人から「今度新しく赴任された先生は、タイのことを研究しているらしいよ」と聞きました。のちに恩師として私を導いて下さる鈴木規之先生です。早速、鈴木先生の担当する『比較政治学』という授業を履修しました。

するとびっくり!まるで先生は私が抱いていた疑問をご存知だったのかと思うほど、タイの経済発展と開発のありようについて丁寧に話されました。 さらに仏教との関係にも言及され、タイには「開発僧(かいはつそう)」と呼ばれる社会活動や農村開発にも従事される僧侶がいることを知ったのです。

鈴木先生は タイの名門チュラロンコン大学に留学された経験もあり、タイ語も堪能。特に農村地域でのフィールドワークを通して社会変動のありようについて研究されています。

当時、先生はタイに興味のある学生にボランティアでタイ語を教えてくれました。タイ文字はとても独特で、かわいい絵文字のよう。私はタイで自分へのお土産として「タイ文字版あいうえお練習帳」をノリで買っていました。買った時は本気で勉強する気はなかったのですが、鈴木先生とのご縁を通じ、実際にその練習帳を使ってタイ語の勉強を始めました。当時、沖縄でタイ語を学べる場所は皆無といっていいほどでしたから、私は本当に幸運でした。

大学2年の夏休み前、鈴木先生はタイ語を学ぶ学生たちに、タイ東北部へのフィールドワークに一緒に行かないかと誘ってくれました。そして「僕の知り合いの日本人で出家している人がいるから、みんなに紹介するよ。彼のいるお寺に行こう」と言いました。

私は喜んでそのフィールドワークに参加する意思を先生に伝えました。 そしてそこで初めてお会いした日本人僧侶の方との出会いが、私のタイとの縁をますます深めることとなるのでした。


noteにて「月間:浦崎雅代のタイの空(Faa)に見守られて」連載中。タイ仏教の説法を毎日翻訳しお届けしています(有料記事)。note : https://note.mu/urasakimasayo

 

保存保存

保存保存

浦崎雅代

浦崎雅代

投稿者の記事一覧

1972年沖縄生まれ。東北タイ在住。タイ仏教に関する翻訳や通訳・気づきの瞑想ファシリテーター。note(有料記事)にてタイ仏教の説法を毎日翻訳
 https://note.mu/urasakimasayo

関連記事

  1. 井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海編〉
  2. 第9回 思いがけないオファーに驚き! 再びタイの地へ
  3. 第6回 気づきの瞑想との出会い〜「いま、ここ」の手〜
  4. 第2回「願いと現実のギャップがつらい!〜ドゥッカ(苦)」
  5. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  6. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  7. 井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈座礁編〉
  8. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#1

母の葬儀は、高輪のお寺で営まれた。父が選んだ。幼いころから、女学生時代を過ごした、母にとり、芳しい思…

花を見る

初めて投稿させていただきます。大田区在住の【ワッペン】と申します。仕事はすでにリタイアして、この春か…

真っ暗な空にこそ、星は輝く 第2回

大人になってからADHD(注意欠陥多動性障害)と診断された私が、子供の頃からの苦しい経験を振り返って…

井の中の蛙、迷子になってロングバケーション

今はロングバケーション。そう思いながら毎日をやり過ごしていた、私の20代最後の1年間。ハケン…

ヤッシーのきまま見聞録⑧

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

第二話 「ひとつの何故が、無限の世界へ繋がる」小学三年生の時、今まで字が読めなくて悔しい思い…

PAGE TOP