縁ともリレーブログ

僕が「ホッと家の縁がわ」に参加している理由(わけ)

縁ともリレーブログの第二弾は、僕こと「ホッと家のこづかい」がお届けします。

大学を卒業して?十年、ずっと会社で働いてます。ごくフツーの社会人です。そんな僕が学生のころに在家仏教教団を通してほとけさまの教えに出会います。そこで出会った仲間とは多感な時期に語り合い、ぶつかり合いもしました。でも、出会ってから何十年経っているにも関わらず、年に何回かは集まり、いまだにあの頃の気持ちのままに語り合うことができるのです。

普段世俗にまみれて生きている自分ですが、何かコトが起きた時、あの頃学んだ教えの考え方で人生の難題に向き合うことができたのも、仲間とともに過ごした時間のおかげだとしみじみと思います。しかし今、あの頃学び、理想とした生き方が出来ているのか?と、ふとした時に感じることがあります。それでもなかなか行動が起こせないで時が過ぎて来ました。

ほとけさまは菩提樹の下で瞑想して悟りを開かれたと伝えられています。悟りを開かれた後もさらに瞑想を続け、悟った内容を世の人々に伝えるべきか否かに思いを巡らせます。ほとけさまにして長年の修行の後にようやく得られた悟りを、普通の人々に説いても理解できる人はいないだろうと考えられたのだとか…。しかし、そこに梵天という神様が現れ、世の人のためにこの教えを広めてほしいと諭され、悟りの内容を人々に説くことを決意されたと伝えられています。僕はこの瞬間に仏教が成立したと考えています。ほとけさまの悟りの後の時間をかけた瞑想は、いかに素晴らしい教えであっても、それが誰かに伝わらなければ価値がないと教えてくれているのではないでしょうか?

僕は長年マーケティングの仕事を通して、商品やサービスを知ってもらい、買ってもらう仕掛けを作ったり、そのためのメディアを作るお手伝いをしてきました。ほとけさまの教えは伝えてこそ価値があるとするならば、自分がやってきたことが世の中の人たちの役に立つかもしれない。そんな風に考えるようになりました。これが僕が「ホッと家の縁がわ」に参加している理由(わけ)です。

縁ともリレーブログは、ほとけさまの教えをテーマに、皆さまの思いを繋げていくためのコーナーです。僕はほとけさまの教えを通して出会ったあの頃の仲間たちにバトンを繋げていきたいと考えています。という訳で、この場を借りて、あの頃の仲間たちに呼びかけたいと思います。

「お〜い、みんな。自分の思いをここで伝えてくれ!」

 

ホッと家のこづかいさん

ホッと家のこづかいさん

投稿者の記事一覧

一般の社会人。ずっとマーケティングの仕事をしてきました。
若い頃出会った「ほとけさまの教え」に感銘を受け、みんなが幸せになるためには、この考え方、生き方が広がることが大事だと思っています。
で、微力ながらも社会の役に立つ人間になるために奮闘中。

関連記事

  1. 「縁とも」のオフ会を開催いたしました。
  2. 縁ともリレーブログ 第1回
  3. 縁ともリレーブログ 第3回
  4. 「縁とも」のお一人、小宮さんの講演を聴いてきました
  5. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる
  6. 縁ともリレーブログ 第7回

新着記事

車椅子の人とダンスを楽しむ

夜7時が近づく頃、東京都台東区の松が谷福祉会館には、ワゴン車から降りる車椅子の人やその家族、ボランテ…

【ヤッシーのきまま見聞録⑤】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#3

下関から、父のいる東京に合流できる日は、一年後になった。下関駅から、車中一泊2日の長旅だった。母は痩…

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海編〉

ぶっつけ体当たりで度胸がついた右も左もわからずに飛び込んだ私への使命は、「会員数激減のファン…

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈出港編〉

万に一のまさか、神様の間違い?神様の気がふれた。あの時は本当にそうだったと今でも思う。神様っ…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#2

父が就職した紡績会社は、業界最大手の一つ。後年は繊維不況や組合問題等の苦難を乗り越え、且つ、化粧品分…

PAGE TOP