家族とつながる

1日たった10秒のハグ(前編)

「心の中に明かり窓を持たない人はいません。
暗い牢獄の壁にも小さな明かり窓はあります。
自分の明かり窓に気づいた人は、もっと光を入れたい、もっと光を入れたいと
ひとりでに明かり窓をおしひろげていくでしょう」

これは、私の大好きなお言葉です。

前回「子ども電話相談員は、
子どもには自分で考える力があると信じ、
質問されても、答えを出すことはしません」と書きましたが、
なかには答えを導き出せない子もいます。

その子たちは、答えが出せないというよりも、
光を見失い、「暗くて怖いから、進めないんだよ」と
訴えているようでした。

ある日の電話では、
沈黙がつづいたあと、シクシク泣きはじめ、
1時間半ずーっと泣き続けた女の子と出会いました。

言葉にする勇気さえ持つことができないほどの深い悲しみが伝わり、
「大丈夫…ちゃんとつながってるよ」「ひとりじゃないよ」と
時折、声をかけることしかできませんでしたが、

話ができない状態でも、ひとりで泣くことを選択しなかったことが、
彼女の明かり窓に見え、
その明かり窓に、ぬくもりを届けられるあたたかい光になることを願い、
心の中でずっと抱きしめ続けました。

涙が止まって、少し笑えるようになって、かすかな光が見えてきて、ちょっとだけ進んでみようと思えるようになるには、たくさんのエネルギーが必要なのに、
そうなれるまで、そばにいて充電してくれる人が彼女にはいないかもしれない…と思い、
「このハグが生きるパワーになりますように」と必死でした。

振り返ってみると、それまでの私は、わが子に対しても、
「エネルギーを送る=愛の充電」という意識はありませんでした。

そこで、
子どもたちが描く未来が、キラキラ輝いていることを願い、
心の中が、いっぱいの光で満たされる「愛の充電」を始めることにしました。
1日たった10秒のハグです。

この「たった10秒のハグ」が引き起こした、
わが家の出来事を、次回ご紹介させていただきます。

保存保存

保存保存

保存保存

Hatsune*

Hatsune*

投稿者の記事一覧

Hatsune*
1966年、愛知県生まれ。3児の母親。いずれママになる娘に伝えたいことを、ブログで綴っています。

URL:https://mammyringcandle.com/

関連記事

  1. あなたのことをいっぱい聴かせてください
  2. お客の多い家族の記憶①「オッカァサ~ン、キィテクレルゥ~!?」
  3. お客の多い家族の記憶②「押し入れの親子」
  4. 激流を登りきった鯉は天に昇って龍になる
  5. 娘との温かな時間
  6. 幸せな「母の日」
  7. お客の多い家族の記憶③「コンビニと花火とガイセンシャ」
  8. さくらちゃん、新たな一歩を踏み出せたよ!

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#8

ガルシアは、治療の甲斐あって、徐々に体力を取り戻した。マイアミのニカラグア人コミュニテイーで、小規模…

「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

第一話 「おたふく風邪と、あ・い・う・え・お」僕は、小学校3年生まで文字が読めなかった。言葉…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#7

1980年8月、日本で世界選手権が開催された。最終番の日本対キューバ戦は最高潮で迎えられた。当日は、…

「ボールをどこに投げたらいいか?」

父は、少年野球のコーチでした。私も在籍したチームのコーチを25年もやった人でした。暑い日も寒い日も、…

ジャイアン②

私のある意味“すごい”特徴の一つに、「限りないうっかり者」があげられる。小学校の頃を思い返す…

【ヤッシーのきまま見聞録⑥】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

PAGE TOP