家族とつながる

1日たった10秒のハグ(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「心の中に明かり窓を持たない人はいません。
暗い牢獄の壁にも小さな明かり窓はあります。
自分の明かり窓に気づいた人は、もっと光を入れたい、もっと光を入れたいと
ひとりでに明かり窓をおしひろげていくでしょう」

これは、私の大好きなお言葉です。

前回「子ども電話相談員は、
子どもには自分で考える力があると信じ、
質問されても、答えを出すことはしません」と書きましたが、
なかには答えを導き出せない子もいます。

その子たちは、答えが出せないというよりも、
光を見失い、「暗くて怖いから、進めないんだよ」と
訴えているようでした。

ある日の電話では、
沈黙がつづいたあと、シクシク泣きはじめ、
1時間半ずーっと泣き続けた女の子と出会いました。

言葉にする勇気さえ持つことができないほどの深い悲しみが伝わり、
「大丈夫…ちゃんとつながってるよ」「ひとりじゃないよ」と
時折、声をかけることしかできませんでしたが、

話ができない状態でも、ひとりで泣くことを選択しなかったことが、
彼女の明かり窓に見え、
その明かり窓に、ぬくもりを届けられるあたたかい光になることを願い、
心の中でずっと抱きしめ続けました。

涙が止まって、少し笑えるようになって、かすかな光が見えてきて、ちょっとだけ進んでみようと思えるようになるには、たくさんのエネルギーが必要なのに、
そうなれるまで、そばにいて充電してくれる人が彼女にはいないかもしれない…と思い、
「このハグが生きるパワーになりますように」と必死でした。

振り返ってみると、それまでの私は、わが子に対しても、
「エネルギーを送る=愛の充電」という意識はありませんでした。

そこで、
子どもたちが描く未来が、キラキラ輝いていることを願い、
心の中が、いっぱいの光で満たされる「愛の充電」を始めることにしました。
1日たった10秒のハグです。

この「たった10秒のハグ」が引き起こした、
わが家の出来事を、次回ご紹介させていただきます。

保存保存

保存保存

保存保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Hatsune*

Hatsune*

投稿者の記事一覧

Hatsune*
1966年、愛知県生まれ。3児の母親。いずれママになる娘に伝えたいことを、ブログで綴っています。

URL:https://mammyringcandle.com/

関連記事

  1. あなたのことをいっぱい聴かせてください
  2. お客の多い家族の記憶③「コンビニと花火とガイセンシャ」
  3. 思いが伝われば心が満たされる
  4. お客の多い家族の記憶②「押し入れの親子」
  5. 1日たった10秒のハグ(後編)
  6. さくらちゃん、新たな一歩を踏み出せたよ!
  7. 娘からの電話
  8. お客の多い家族の記憶①「オッカァサ~ン、キィテクレルゥ~!?」

新着記事

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる④

●波動エネルギーと縁起観人間はDNAの設計図を利用してタンパク質を合成し、細胞をつくり、それ…

第5回 開発僧(かいはつそう)の存在を知る

休みになる度にタイを訪れるようになった大学時代。私は興味を魅かれる方たちに出会いました。開発僧(かい…

娘との温かな時間

娘から電話がきました。急性腎不全の飼い猫レオンは、点滴を打ち少しずつ良くなってきたとのこと。…

人との繋がりが孤独を癒す

友人たちと一緒に取り組んでいる引きこもりの若者や家族への支援活動の中で痛感するのは、安心できる人や場…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる③

●なぜ4代前の先祖まで供養するのか?立正佼成会では、「4代前のご先祖さままで供養しなさい」とよく…

【ヤッシーのきまま見聞録①】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

PAGE TOP