縁ともリレーブログ

縁ともリレーブログ 第3回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三代目B soul 主婦さんからバトンを受け取りました、「ざっくり〜な」です。
ごく普通のサラリーマンの妻として二人の女子を育てる、ごくごく普通の主婦です。
あ、でも…。
「ごくごく普通」ではないだろ!と家族や友達から突っ込まれそうなくらい、かなりざっくりしたタイプの主婦でございます。

私が『ホッと家の縁がわ』の“縁とも”になろうと決めたのは、おじいちゃんが私に教えてくれた仏さまの教えが胸に残っているからだと思います。

おじいちゃん子だった私は、昭和初期の日常生活の話や、戦時中の体験談など、おじいちゃんの話を聞くのが楽しみで、いつもワクワク心躍らせていたのを覚えています。
おじいちゃんは、子どもだった私にも、とても分かりやすく仏さまの教えを伝えてくれました。
だから、仏教に関する文章を読むのが大好きなのです。

私は今、とある公立中学校で相談員を務めています。
始めたばかりの、まだまだひよっこ相談員です。
学生たちの話を聞く中で、スマホやSNSなど、人と繋がるツールは世に溢れているのに、それによって悩みが増えていることを感じます。
思春期の子どもたちは、家族や友達、勉強のことなど、大人が思うより、多くの悩みを抱えています。

おじいちゃんが私の心に、仏さまの教えというあかりを灯してくれたように、
私も、悩める子どもたちの心に温かく寄り添えたら…。
そんなことを思いながら、日々、子どもたちと向き合っています。

そんな日常の中で気づいたこと、感じたことを、このサイトで書かせていただこうと思います。
文章を書くのが苦手なので、時間はかかるかもしれませんが。
そして、“縁とも”のバトンを渡せる人を、早速探しに行ってきます!

皆さましばし、お待ちくださいませ♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる
  2. 縁ともリレーブログ 第1回
  3. 僕が「ホッと家の縁がわ」に参加している理由(わけ)

新着記事

第7回 2年間のタイ留学:多様な暮らしぶりにふれる機会

1995年、琉球大学を卒業した私は、そのまま大学院へ進み、指導教官の鈴木規之先生のもとで「開発僧」の…

あるホームヘルパーさんの肖像

大島幸子さん(仮名)は今年80歳になるホームヘルパーさんです。前回「少女の笑顔が孤独な老人の心を救っ…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑧

●感謝し、感謝されると「徳分」がどんどん貯まるらしい人は誰かを喜ばせるために生まれてきている…

病と付き合うとき #1

小さい頃、いわゆる腺病質でよく病気にかかり、寝てばかりいた。父兄面談での学校の先生の話はいつも決まっ…

人生100年時代を考えてみる

2016年末に発行された「LIFE SHIFT(ライフシフト)-100年時代の人生戦略」(リンダ・グ…

少女の笑顔が孤独な老人の心を救った

原田雅夫さん(仮名)は、東京都内の生活困窮者支援の宿泊施設の入所者で、70代の方です。家族はなく、様…

PAGE TOP