人生へのまなざし

第5回 がんがわかったとき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

左乳房の痛みは、その半年ほど前から始まりました。最愛の母を亡くしてしばらく経ってから生じた痛みだったため、「心の痛みが体の痛みに現れたのだ。時間が経てば和らぐだろう」と勝手に思い込んでいました。

しかし、痛みは日を追うごとに増し、それでも病院には行かず、毎日、胸を中心とした左半身に湿布薬をベタベタと張ってごまかしていました。

そんな日々が数ヶ月続いた頃には、夜、横になると痛みを強く感じるようになり、ソファに寄りかかって朝を待つ日が続きました。毎日、夜が来るのがとても怖く、そして、長く感じられました。

心の大半を「がんかもしれない」という思いが支配しているにもかかわらず、「がんは痛みがない」とのインターネットの言葉を頭に叩きつけ、「私には痛みがあるからがんではないんだ」「親にも親戚にも、がんの人がいないから大丈夫」とわずかな希望を見つけては、苦し紛れに自分を納得させていました。

「がんではない」ということを確認したいがためにインターネットで検索する。そんな行動によって、逆にがんのことばかり考えるようになり、テレビを見ていても、新聞や雑誌を読んでいても、「がん」の文字に過敏に反応するようになっていました。

そんな私の様子をそばで見ていた夫が「病院に行こう」と言ってくれましたが、私は「やだ!怖い!怖い」と号泣して、病院に行くことを拒みました。いま思えば、その頃はもう「私はがんではない」と思い込ませるのも限界に来ていたのだと思います。

痛みが出始めてから半年が経ち、とうとう我慢ができなくなって、病院を受診。やはり乳がんを疑われ検査を行うことになりました。

血液検査、超音波検査、マンモグラフィーなど、一週間ごとに一つの検査を行ないました。最終的には、がんかどうか確定できないということで細胞診検査をしました。「早く安心したい」と、もどかしく思いました。

すべての検査が終わって結果を待つだけの時期。痛みが激しく、急遽、痛み止めをもらうために受診しました。そのときの医師はこれまで担当してくれていた医師ではありませんでした。
「もう結果は出ています。いま、ここで言ってしまってもいいですか? 」。

突然の宣告?〈おいおい、まだ心の準備できてないしー〉と一瞬、心の中で叫びました。でもきっと、心の準備があろうがなかろうが結果は同じこと。断る理由もないので、「はい、お願いします」と答えました。

「左胸の乳がんです」

よく、テレビなどで、告知された瞬間を「奈落の底に突き落とされた思い」とか、「頭が真っ白になった」などと語っているのを見聞きしてきました。
でも、私はその瞬間、不思議と「ほっとした」のです。もちろんショックを受けなかったわけではありません。

この日まで約半年間、胸の痛みを「ないこと」にしようと必死でした。「ないこと」にしようとどんなに頭で思っても、私の体にがんが「ある」という事実は変わらず、私が目をそらせばそらすほど、患部は痛みを強めて「ここにいるよー!」とズキズキ主張してきました。なのに私はさらにそれを無視し続けようとしてきたのです。
もし、痛みが言葉を持っているとしたら、宣告された瞬間、「やっと私の存在に気づいてくれたね!」と言われている気がしました。痛みの正体を私が認知したことで、痛みが少し緩和されたようにも感じたのです。

ステージ2B リンパ節に転移が見られる。肺などの臓器への転移は見られないとのこと。
腫瘍は4センチ(実際には7センチありました)の大きさになっていたのと、リンパ節に転移していたため、抗がん剤治療後に左乳房全摘出とのこと。腫瘍が大きく、転移もあるため、セカンドオピニオンの余裕もなく、説明を聞く限り、私には選択肢がなさそうでした。「来週から抗がん剤治療を始めたい」と医師は言いました。

そもそも心の準備ができていない私は、なにがなんだか分からず、医師の冷静な説明を飲み込むのがやっとでした。

状況がつかめないなか、ただ一つ確信できたのは、昨日までの、「がんかもしれない」という、見えない不安と恐怖に向き合う日からは解放されるということでした。

これまでの「日常」とは違う、がん患者としての「新たな日常」が始まる。それは、決して孤独ではなく、身体的にも精神的にもたくさんの人の力を借りて歩んでいくのだろうという予感が、おぼろげな安心感となって、そのときの私を支えてくれました。

体の症状も、つらい体験も、人生のよきことのために起きている―-がんになってから出会った方からいただいた言葉です。

痛みがなければ病院行くことはなかった。行かなければ、いま頃どうなっていたのだろう。そう思うと「痛み」に感謝しかありません。

とは言っても……やっぱり痛みはつらいですよね(-_-;)
偉そうなことを言いながら、頭痛がするだの、関節が痛いだの、日々の小さな不調に一喜一憂する毎日です。

 

保存保存

保存保存

保存保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Rie

Rie

投稿者の記事一覧

Rie
東京都生まれ。2015年5月に乳がんが分かり、半年間の抗がん剤治療を経て左乳房全摘出。現在もホルモン療法を続けている。これまで新聞記者、雑誌編集者などを経験し、がん患者やその家族、医療関係者などを取材してきたが、自分ががんになったことで、そのときには見えなかったこと、感じられなかったことを体験。病気を通して得た出会いのなかで、生きることの喜びとは何か、本当の健康とは、そして病とは人間にとってどのような存在なのかを追い求め、ご縁のあった方に自分の体験を通して気づいたことをお伝えしている。かつて取材を通して出会った「がん友」とも再会し、互いに病気を通して感じたことを分かち合っている。本当の健康の意味、知識について深めたいと、昨年、「健康予防管理専門士」の資格も取得。現在は中医学を学んでいる。

関連記事

  1. 「死」に映る「業」
  2. 第7回 見た目
  3. 不祥事続きの日本企業を見て、ほとけさまなら何と言うだろう…
  4. ほとけさまなら、「働き方改革」をどう考えるんだろう?
  5. 第2回 思いのこもった言葉に正しいも間違いもない!①頑張れ
  6. 第4回 思いのこもった言葉に正しいも間違いもない ②大丈夫
  7. はじめまして「がん患者」です!
  8. 第3回 見ているけれど、見えていないもの

新着記事

第7回 2年間のタイ留学:多様な暮らしぶりにふれる機会

1995年、琉球大学を卒業した私は、そのまま大学院へ進み、指導教官の鈴木規之先生のもとで「開発僧」の…

あるホームヘルパーさんの肖像

大島幸子さん(仮名)は今年80歳になるホームヘルパーさんです。前回「少女の笑顔が孤独な老人の心を救っ…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑧

●感謝し、感謝されると「徳分」がどんどん貯まるらしい人は誰かを喜ばせるために生まれてきている…

病と付き合うとき #1

小さい頃、いわゆる腺病質でよく病気にかかり、寝てばかりいた。父兄面談での学校の先生の話はいつも決まっ…

人生100年時代を考えてみる

2016年末に発行された「LIFE SHIFT(ライフシフト)-100年時代の人生戦略」(リンダ・グ…

少女の笑顔が孤独な老人の心を救った

原田雅夫さん(仮名)は、東京都内の生活困窮者支援の宿泊施設の入所者で、70代の方です。家族はなく、様…

PAGE TOP