家族とつながる

母と過ごした最後のお正月です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年3月14日、102歳で母が旅立ちました。多くの人に思いを頂き幸せな人生の最後でした。今年は母のいないお正月です。

昨年のお正月、母の入所しているホームでお正月を過ごしました。おせち料理もたくさん出ていましたが、母の物は全てがミキサー食です。
蒲鉾 だて巻き 昆布巻き等、母の大好きなお雑煮まで。

「母さん、ほら、蒲鉾これは栗きんとん、これはお雑煮ですよ」とスプーンで母の口に運びながら、ふと寂しくなり何故か泣けてくる私でした。
母は口にするのですが、なかなか飲み込もうとしません。「母さん飲み込んで」何度も促すのですがうまくいかず、時間ばかりが過ぎていきました。
飲み込めないのか、飲み込もうとしないのか、口の中にためこんでいるのです。

「母さん、もういらないの? それならお口の中綺麗にしましょう」と言うと、母は口を大きく開けてくれ、口腔ケアーをさせてくれました。脳梗塞をおこし言葉が出ない母の精一杯の表現でした。職員さんにお願いして部屋に戻り、ベッドに横になった母は、何か言いたげに私を見つめています。

「なあに?何だろう。疲れた? 分かってあげられなくてごめんね」

動かなくなってしまった右手を摩りながら、<母さんの歌>をうたい二人で過ごしたお正月。これが母との最後のお正月になってしまいました。

今になれば、あの時、もっとこうしてあげられていたらと、せつなく思うこともありますが、思い出を紡ぐことができたことを喜べる自分でありたいと思っています。

ご仏前に母の好きだったお料理と日本酒をお供えさせて頂き、一緒に迎えた新年です。
二度と戻らない時間を、精一杯生き抜くことを身をもって教えてくれた母でした。

「お母さん、あなたのいないお正月はとても寂しいです。一緒に過ごしてくださいね」
遺影に伝えながら、生きていてくれるだけで良かったのだと、胸が一杯になる私でした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Takayo.maruyama

Takayo.maruyama

投稿者の記事一覧

昭和22年鹿児島県生まれ。51年、「子どもに学ぶ家庭教育」の開発者・小林謙策氏に師事。
以来、自らの子育ての反省と実践を通し、国内はもとより海外でも多くのお母さんたちに「だいじょうぶ、あなたはいいお母さん」と心からのエールを送ってきた。現在も講演会、講座などの講師を務めながら、傾聴ボランティアも行なっている。

関連記事

  1. 激流を登りきった鯉は天に昇って龍になる
  2. お客の多い家族の記憶②「押し入れの親子」
  3. お客の多い家族の記憶④「世界の七不思議」
  4. 娘からの電話
  5. 幸せな「母の日」
  6. 1日たった10秒のハグ(前編)
  7. あなたのことをいっぱい聴かせてください
  8. さくらちゃん、新たな一歩を踏み出せたよ!

新着記事

第8回 別れ

皆さま更新が滞っていて、すみませんでした。7月31日に夫が急逝しました。わずか2日の…

病と付き合うとき#5

若き日々の無茶苦茶の仕事の仕振り、そして、食生活のつけは確実に来た。後年の努力により、タイミングが、…

「縁とも」のお一人、小宮さんの講演を聴いてきました

少し前のことになりますが、「縁とも」のお一人、小宮位之さんの講演を聴いてきました。小宮さんは…

瞑想を学習しています

タイの山岳地帯で洞窟に閉じ込められた少年サッカーチームの12人の少年たちとコーチのエーカポンさんは、…

病と付き合うとき#4

健康な体にして頂いたが、すっかり本来の性格が丸出しに成り始めた。自堕落で、享楽主義のところがある。特…

第8回 上田紀行先生 、カンポンさんとの出会い、そして翻訳本の出版へ

1998年、2年間のタイ留学生活を終え、再び故郷沖縄の琉球大学大学院に戻りました。そして修士論文では…

PAGE TOP