家族とつながる

1日たった10秒のハグ(後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3人のわが子は、自立し離れて暮らしています。
それぞれが、迷いながら自分の人生を模索しています。
どんな選択をしても、応援する気持ちでいますが、
たった一つ願っていることは、
その選択が「自分の心に正直でありますように」ということです。
それには勇気が必要になります。勇気を出すにはエネルギーが必要です。

そこで始めた「たった10秒のハグ」は、
子どもたちの心の中の明かり窓に、たくさんの光が注がれていくのをイメージして、
ひとりひとり、名前を呼びながら「あなたは素晴らしいのよ〜大好きよ〜」と
心の中で、ぎゅーーーと、抱きしめるだけです(笑)

そんな毎日を過ごし、2か月が経った「母の日」に届いた長女と二男から届いたメッセージに、鳥肌が立ちました!
愛の充電が届いていたのです!
(ちなみに長男には、毎年「母の日」はないようです(笑))


「うまくいっているな〜って、

調子に乗っていると、必ず歯車が狂ったように何かが起こる。
でも、必ずそこで気づくことができるから
神さまがいろんなことを教えてくれてるんだな〜と思っています。
いつもパワーを送ってくれてありがとう。
十分に届いているよ♡」

 

「いつもありがとう!しっかり愛情感じてます!産んでくれてありがとう」

 

もちろん、子どもたちは
毎日、私にハグされていることは知りません。
たった10秒の愛の充電=ハグですが、
抱きしめれば、抱きしめるほど、愛おしくなり
それが「この子たちは、何が起きても大丈夫!」と、100%の信頼になっていきます。
そして何より、
私自身を愛で満たしてくれている気がします。

1時間半ずっと泣き続けた女の子の明かり窓から始まったハグは、
わが子に伝わり、私自身の明かり窓をおしひろげてくれたのです。
この「ありがとう」の気持ちが、きっと彼女の明かり窓を照らす光に変わっていく…
こうしてつながりあっているこの世界は、やっぱり素敵ですね。

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Hatsune*

Hatsune*

投稿者の記事一覧

Hatsune*
1966年、愛知県生まれ。3児の母親。いずれママになる娘に伝えたいことを、ブログで綴っています。

URL:https://mammyringcandle.com/

関連記事

  1. お客の多い家族の記憶②「押し入れの親子」
  2. 思いが伝われば心が満たされる
  3. お客の多い家族の記憶①「オッカァサ~ン、キィテクレルゥ~!?」
  4. 激流を登りきった鯉は天に昇って龍になる
  5. 娘との温かな時間
  6. あなたのことをいっぱい聴かせてください
  7. 1日たった10秒のハグ(前編)
  8. 母と過ごした最後のお正月です

新着記事

第6回 気づきの瞑想との出会い〜「いま、ここ」の手〜

スカトー寺を初めて訪れたとき、見慣れない風景に出会いました。それは瞑想の様子でした。瞑想というと、皆…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑦

●立正佼成会の行の仕組み、ご供養、法座、手取り、導きは何をもたらすのか?我を捨てることで「願…

第7回 見た目

1回目の抗がん剤治療が終わって3週間後、朝、髪の毛を触るとスルッとまとまって抜けました。「きたか」。…

幸せな「母の日」

「GWだから、帰ってきてくれたの?」と聞くと、「ううん。会いたいから帰ってきた」と、想いをそのま…

【ヤッシーのきまま見聞録②】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

ホームレスの神様、路上生活の文殊様【後編】

私は自分の体験から、困窮者・貧窮者への支援の思想・哲学に関心を抱くようになりました。その契機となった…

PAGE TOP