家族とつながる

1日たった10秒のハグ(後編)

3人のわが子は、自立し離れて暮らしています。
それぞれが、迷いながら自分の人生を模索しています。
どんな選択をしても、応援する気持ちでいますが、
たった一つ願っていることは、
その選択が「自分の心に正直でありますように」ということです。
それには勇気が必要になります。勇気を出すにはエネルギーが必要です。

そこで始めた「たった10秒のハグ」は、
子どもたちの心の中の明かり窓に、たくさんの光が注がれていくのをイメージして、
ひとりひとり、名前を呼びながら「あなたは素晴らしいのよ〜大好きよ〜」と
心の中で、ぎゅーーーと、抱きしめるだけです(笑)

そんな毎日を過ごし、2か月が経った「母の日」に届いた長女と二男から届いたメッセージに、鳥肌が立ちました!
愛の充電が届いていたのです!
(ちなみに長男には、毎年「母の日」はないようです(笑))


「うまくいっているな〜って、

調子に乗っていると、必ず歯車が狂ったように何かが起こる。
でも、必ずそこで気づくことができるから
神さまがいろんなことを教えてくれてるんだな〜と思っています。
いつもパワーを送ってくれてありがとう。
十分に届いているよ♡」

 

「いつもありがとう!しっかり愛情感じてます!産んでくれてありがとう」

 

もちろん、子どもたちは
毎日、私にハグされていることは知りません。
たった10秒の愛の充電=ハグですが、
抱きしめれば、抱きしめるほど、愛おしくなり
それが「この子たちは、何が起きても大丈夫!」と、100%の信頼になっていきます。
そして何より、
私自身を愛で満たしてくれている気がします。

1時間半ずっと泣き続けた女の子の明かり窓から始まったハグは、
わが子に伝わり、私自身の明かり窓をおしひろげてくれたのです。
この「ありがとう」の気持ちが、きっと彼女の明かり窓を照らす光に変わっていく…
こうしてつながりあっているこの世界は、やっぱり素敵ですね。

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

Hatsune*

Hatsune*

投稿者の記事一覧

Hatsune*
1966年、愛知県生まれ。3児の母親。いずれママになる娘に伝えたいことを、ブログで綴っています。

URL:https://mammyringcandle.com/

関連記事

  1. お客の多い家族の記憶③「コンビニと花火とガイセンシャ」
  2. あなたのことをいっぱい聴かせてください
  3. お客の多い家族の記憶④「世界の七不思議」
  4. 母と過ごした最後のお正月です
  5. 思いが伝われば心が満たされる
  6. 1日たった10秒のハグ(前編)
  7. お客の多い家族の記憶①「オッカァサ~ン、キィテクレルゥ~!?」
  8. 娘からの電話

新着記事

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈出港編〉

万に一のまさか、神様の間違い?神様の気がふれた。あの時は本当にそうだったと今でも思う。神様っ…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#2

父が就職した紡績会社は、業界最大手の一つ。後年は繊維不況や組合問題等の苦難を乗り越え、且つ、化粧品分…

【ヤッシーのきまま見聞録④】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#1

父の13回忌が風薫る今年五月の高尾山であった。趣味の野球の為に尽くして、晩年は、世界中の仲間から、友…

第10回 鍛えられた異文化の中での「教える」という経験

2010年5月、国立大学の一つであるマヒドン大学宗教学部に、講師として採用されました。タイでは仏教大…

真の大物・樹木希林さんに出逢った <後編>

自分に見栄を張る数々の名演技については、けっして探求的に語らず、むしろ、「どうかなぁ、彼女(…

PAGE TOP