特集

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる②

●さらに似ている自分の親、祖父母、ご先祖さま

私達の体はDNAという設計図から作られますが、それは1つだけではなく、お父さんから1つ、お母さんから1つ、遺伝しています。これは、万が一、お父さんの設計図の一部にミス(DNAの並び方が人と違う)があって正常な機能を持つタンパク質が作られずに病気になったりしないように、お母さんの設計図が保険となっています。

したがって、私達の体の設計図は、半分お父さん、半分お母さんのものとなっています。他人でもDNAの並び方は99.9%同じなのですから、自分と親の設計図がいかに似ているかが分かると思います。

また、祖父母やその先のご先祖さまのDNAに至るまで、自分とかなり似ていることになります。そう考えると、同じ家系の人たちは、ほぼ同様のDNAをもち、そこから作り出されるタンパク質も同様となり、人としての素材は、かなり似ていると言えます。

ですから、「うちの家系はみんな血圧が高くてね」とか、「私の指の形、おばあちゃんにそっくり!」とか、「おまえは俺に似て頑固だな」などと病気のなりやすさ、体型、性格がその家系でとても似ているという話はよく聞きますし、DNAが遺伝することを考えれば納得もいきます。

しかし時に、自分の親や祖父母、あるいは会ったことのないご先祖さまと似たような体験や生き方までしていることに驚くことがあるのではないでしょうか。ここまで来ると不思議なような気もしますが、古くからこのようなことは「ご先祖さまが功徳を積んだんだね」とか「先祖の因縁だね」といった形で解釈されることから、どうも私達の体の設計図であるDNAは、その人の体質や性格だけでなく、功徳や因縁というものも引き継いでいるのかもしれません。

(立正佼成会仙台教会ホームページ http://co-creation-net.org/myself/1587/ より引用)

 

平塚真弘

平塚真弘

投稿者の記事一覧

宮城県女川町出身。東北大学大学院薬学研究科博士課程修了、薬学博士。
1996年東北大学大学院医学系研究科助手。1998年東北大学病院薬剤部薬剤師、2002年東北薬科大学(現在の東北医科薬科大学)講師、2006年スウェーデン・カロリンスカ研究所客員研究員、2008年から現職。
専門分野は、ゲノム薬理学、薬物動態学、薬物治療学、臨床薬学。
これまでに、日本薬学会奨励賞(2002年)、日本薬物動態学会奨励賞(2010年)、日本医療薬学会学術貢献賞(2012年)、日本薬学会学術振興賞(2016年)などを受賞。

関連記事

  1. 2500年前にタイムスリップ
  2. 第2回 恩師との出会い
  3. 第4回 バナナで火を消すお坊さま
  4. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  5. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  6. 第10回 鍛えられた異文化の中での「教える」という経験
  7. 井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈出港編〉
  8. 「自他を比べる心〜マーナ(慢)」

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#8

ガルシアは、治療の甲斐あって、徐々に体力を取り戻した。マイアミのニカラグア人コミュニテイーで、小規模…

「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

第一話 「おたふく風邪と、あ・い・う・え・お」僕は、小学校3年生まで文字が読めなかった。言葉…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#7

1980年8月、日本で世界選手権が開催された。最終番の日本対キューバ戦は最高潮で迎えられた。当日は、…

「ボールをどこに投げたらいいか?」

父は、少年野球のコーチでした。私も在籍したチームのコーチを25年もやった人でした。暑い日も寒い日も、…

ジャイアン②

私のある意味“すごい”特徴の一つに、「限りないうっかり者」があげられる。小学校の頃を思い返す…

【ヤッシーのきまま見聞録⑥】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

PAGE TOP