家族とつながる

娘からの電話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

娘からの電話。「今外ですか? 大丈夫ですか? 」——外での仕事が多い私をいつも気遣ってくれます。
「大丈夫、家にいますよ」。すると、電話の向こうで声をあげて泣いている。
「どうしたの? 何かあった?」。そう声をかけると、娘は一気に話し始めました。

病気を抱えながら生きてゆく彼女は結婚して13年、子供には恵まれず一匹の猫を飼っています。「レオン」と名付け、自分のことを「ママ」と呼ぶ。愛おしい〝わが子〝にどうやら一大事が起きたらしい。
「レオンが大変なの。急性腎不全。11歳だからもう覚悟しているつもりだけど、なにかあったらどうしよう!!」。
私はこう彼女に伝えました。

「貴女、お母さんでしょう! 泣いていてどうするの! 貴女がしっかりしないでどうするの!」
「そうね、わかった。頑張る、ありがとう」。そう言って、娘は電話を切りました。

その翌日、嬉しい電話。「少し落ち着いた。昨日はありがとう。人から見れば 一匹の猫のことなのに、ミーちゃんは(私のことをそう呼ぶ)私の心を大切に受け止めてくれて、本当に嬉しかった」。

もう一つ嬉しいことがあったと言って、声弾ませた娘。病院に行くために、タクシーを待っていたら配送業者の人と出会ったとのこと。
荷物を見たら彼(娘の夫)のゴルフバッグだったので不在表をお願いして病院に行き、帰宅すると、不在表に『お声をかけてくださり有難うございました。ネコちゃんお大事に』と書いてあったそうです。
嬉しくてコールセンターにお礼の電話をしたら、「わざわざお電話をくださり有難うございました。必ずその人にお伝えします。ネコちゃんお大事に」と言われたそうです。

「私はかつていじめられたりして世の中の人が怖いと思っていたけれど、人はこんなに優しく温かい、とてもありがたく嬉しく思ったの。
レオンが教えてくれたのね。ママ安心しなさい。僕がいなくなっても大丈夫。頑張って生きるんだよってね」。
娘は、この出来事を通して、いつでも相手の心を気遣える人間になってゆこうと誓ったそうです。
すべての出会いは学びの泉です。

レオン教えてくれて有難う。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Takayo.maruyama

Takayo.maruyama

投稿者の記事一覧

昭和22年鹿児島県生まれ。51年、「子どもに学ぶ家庭教育」の開発者・小林謙策氏に師事。
以来、自らの子育ての反省と実践を通し、国内はもとより海外でも多くのお母さんたちに「だいじょうぶ、あなたはいいお母さん」と心からのエールを送ってきた。現在も講演会、講座などの講師を務めながら、傾聴ボランティアも行なっている。

関連記事

  1. 娘との温かな時間
  2. 激流を登りきった鯉は天に昇って龍になる
  3. 幸せな「母の日」
  4. お客の多い家族の記憶②「押し入れの親子」
  5. 1日たった10秒のハグ(後編)
  6. さくらちゃん、新たな一歩を踏み出せたよ!
  7. お客の多い家族の記憶①「オッカァサ~ン、キィテクレルゥ~!?」
  8. 1日たった10秒のハグ(前編)

新着記事

第6回 気づきの瞑想との出会い〜「いま、ここ」の手〜

スカトー寺を初めて訪れたとき、見慣れない風景に出会いました。それは瞑想の様子でした。瞑想というと、皆…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑦

●立正佼成会の行の仕組み、ご供養、法座、手取り、導きは何をもたらすのか?我を捨てることで「願…

第7回 見た目

1回目の抗がん剤治療が終わって3週間後、朝、髪の毛を触るとスルッとまとまって抜けました。「きたか」。…

幸せな「母の日」

「GWだから、帰ってきてくれたの?」と聞くと、「ううん。会いたいから帰ってきた」と、想いをそのま…

【ヤッシーのきまま見聞録②】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

ホームレスの神様、路上生活の文殊様【後編】

私は自分の体験から、困窮者・貧窮者への支援の思想・哲学に関心を抱くようになりました。その契機となった…

PAGE TOP