家族とつながる

さくらちゃん、新たな一歩を踏み出せたよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピンクのお帽子にピンクのパジャマ、とても穏やかな笑顔のさくらちゃんに出会いました♡1月に症例のない脳腫瘍が発病し、大きな手術をくり返している小学2年生の女の子です。

ママも、とっても素敵な方でした。
すこし落ち着いて、やっと言葉にできるようになったと、初対面の私にたくさんお話をしてくれました。

「さくらは、いつも淡々としていて、不自由なことも痛みもたくさんあるはずなのに、一度もやんちゃを言ったことがないんです。先生との約束を、ちゃんと守って、リハビリも一生懸命がんばるんです。
そんな健気なさくらを見ていると、この子は、病気になって人の役に立つために生まれてきたのかもしれないと思うんです」

この言葉に、涙が止まりませんでした。

「凄くないですよ。そう思わないと立っていられないだけです」

さくらちゃんとママとの出逢いは、一生忘れられない宝物になりました。

麻痺が残ったり、病気のために諦めなくてはならないことがたくさんあるようですが、
余分なものは、すべて剥ぎ取られ、「本当の輝き」だけが残されたという印象で、
その輝きは、私が今まで目指してきた輝きとは、違っていました。

自分を輝かせるために「自分を磨く」とは、資格を取ったり、自己啓発本を読みあさったりと、今の自分に何かをプラスしていくイメージを描いていましたが、
「磨く」とは、余分なものを手放していくマイナスの作業なのかもしれません。

足していくのではなく、引いていく…今までと真逆です(笑)
「本来は、みんな輝いている」と知っていたはずなのに、おかしな発想でしたね(笑)

昨秋の大病が、残りの人生を愛おしい時間にしてくれました。
「生かされた命を、どう使いたいと願っているのだろう?」
この冬、ずっと探し続けた答えを、さくらちゃんが、届けにきてくれたようです♡

あれもこれも、あの関係も、
この見栄も体裁も、固定観念も先入観も、
余分なものばかり身につけている私ですが、
「捨てるもの」
「残すもの」
「終わらせるもの」
「始めるもの」を見極め、
どこまで捨てられるか…本気で挑戦中です!

来年の春、私はどんな心境で桜を見上げるんだろう? 楽しみだな〜♡

 

保存保存

保存保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Hatsune*

Hatsune*

投稿者の記事一覧

Hatsune*
1966年、愛知県生まれ。3児の母親。いずれママになる娘に伝えたいことを、ブログで綴っています。

URL:https://mammyringcandle.com/

関連記事

  1. 1日たった10秒のハグ(後編)
  2. 激流を登りきった鯉は天に昇って龍になる
  3. あなたのことをいっぱい聴かせてください
  4. 1日たった10秒のハグ(前編)
  5. 思いが伝われば心が満たされる
  6. 娘との温かな時間
  7. お客の多い家族の記憶①「オッカァサ~ン、キィテクレルゥ~!?」
  8. 幸せな「母の日」

新着記事

第6回 気づきの瞑想との出会い〜「いま、ここ」の手〜

スカトー寺を初めて訪れたとき、見慣れない風景に出会いました。それは瞑想の様子でした。瞑想というと、皆…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑦

●立正佼成会の行の仕組み、ご供養、法座、手取り、導きは何をもたらすのか?我を捨てることで「願…

第7回 見た目

1回目の抗がん剤治療が終わって3週間後、朝、髪の毛を触るとスルッとまとまって抜けました。「きたか」。…

幸せな「母の日」

「GWだから、帰ってきてくれたの?」と聞くと、「ううん。会いたいから帰ってきた」と、想いをそのま…

【ヤッシーのきまま見聞録②】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

ホームレスの神様、路上生活の文殊様【後編】

私は自分の体験から、困窮者・貧窮者への支援の思想・哲学に関心を抱くようになりました。その契機となった…

PAGE TOP