2018年 4月

  1. ファミリーレストランでの出来事

    友人とランチをしたときのこと、隣の席にいた大学生6人青春真っ只中!何を話してもおかしいらしく、笑いが絶えない様子。最初はほほえましくその様子を眺めていた私たちでしたが、時間が経つにつれ6人の声は大きくなり、しまいには「何の叫び声!?…

  2. 第6回 「安心」

    がんがわかったとき、私があまり動揺しなかった理由は、半年間続いた乳房の痛みの正体が分かり、見えない不…

  3. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる④

    ●波動エネルギーと縁起観人間はDNAの設計図を利用してタンパク質を合成し、細胞をつくり、それ…

  4. 第5回 開発僧(かいはつそう)の存在を知る

    休みになる度にタイを訪れるようになった大学時代。私は興味を魅かれる方たちに出会いました。開発僧(かい…

  5. 娘との温かな時間

    娘から電話がきました。急性腎不全の飼い猫レオンは、点滴を打ち少しずつ良くなってきたとのこと。…

  6. 人との繋がりが孤独を癒す

  7. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる③

新着記事

第6回 気づきの瞑想との出会い〜「いま、ここ」の手〜

スカトー寺を初めて訪れたとき、見慣れない風景に出会いました。それは瞑想の様子でした。瞑想というと、皆…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑦

●立正佼成会の行の仕組み、ご供養、法座、手取り、導きは何をもたらすのか?我を捨てることで「願…

第7回 見た目

1回目の抗がん剤治療が終わって3週間後、朝、髪の毛を触るとスルッとまとまって抜けました。「きたか」。…

幸せな「母の日」

「GWだから、帰ってきてくれたの?」と聞くと、「ううん。会いたいから帰ってきた」と、想いをそのま…

【ヤッシーのきまま見聞録②】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

ホームレスの神様、路上生活の文殊様【後編】

私は自分の体験から、困窮者・貧窮者への支援の思想・哲学に関心を抱くようになりました。その契機となった…

PAGE TOP