特集

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる③

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●なぜ4代前の先祖まで供養するのか?
立正佼成会では、「4代前のご先祖さままで供養しなさい」とよく言われます。なぜ、3代や5代前ではなく、4代前までなのでしょうか? 私の仮説を紹介しましょう。

自分の体の設計図(遺伝子配列)は、両親(1代前)から半分(50%)ずつ遺伝します。その両親の遺伝子配列は、自分の祖父母(2代前)から遺伝しているので、自分の遺伝子配列は2代前の4人の祖父母から25%ずつ遺伝しています。この計算を続けると、3代前からは12.5%ずつ、4代前からは6.25%ずつ、5代前からは3.125%ずつとなります。

科学の世界では、5%以下のことは偶然でも起こり、5%以上のことは必然にその確率で起こると定義するのが一般的です。したがって、私たちの体は4代前までのご先祖さまの遺伝子配列の集合体なので、その人たちの遺伝的特性(体質や性格)を持ち合わせた同じカテゴリーの存在と言うわけです。

今後のコラムで述べますが、思考は時空を超えて伝わると考えられます。現在、私達が「ご先祖さまを供養しよう」と思考したエネルギーは、少なくとも4代前のご先祖さままでには、共鳴しやすくなっていると想像できます。ちなみに、10世代前→1024人、20世代前→104万8576人、40世代前→1兆995億1162万7776人のご先祖さまがいて、1人でも欠けると今のあなたは存在しません。

(立正佼成会仙台教会ホームページ http://co-creation-net.org/myself/1951 より引用)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
平塚真弘

平塚真弘

投稿者の記事一覧

宮城県女川町出身。東北大学大学院薬学研究科博士課程修了、薬学博士。
1996年東北大学大学院医学系研究科助手。1998年東北大学病院薬剤部薬剤師、2002年東北薬科大学(現在の東北医科薬科大学)講師、2006年スウェーデン・カロリンスカ研究所客員研究員、2008年から現職。
専門分野は、ゲノム薬理学、薬物動態学、薬物治療学、臨床薬学。
これまでに、日本薬学会奨励賞(2002年)、日本薬物動態学会奨励賞(2010年)、日本医療薬学会学術貢献賞(2012年)、日本薬学会学術振興賞(2016年)などを受賞。

関連記事

  1. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  2. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  3. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  4. 第2回 恩師との出会い
  5. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  6. 第3回 タイの日本人僧、プラユキ・ナラテボー師との出会い
  7. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  8. 2500年前にタイムスリップ

新着記事

第6回 気づきの瞑想との出会い〜「いま、ここ」の手〜

スカトー寺を初めて訪れたとき、見慣れない風景に出会いました。それは瞑想の様子でした。瞑想というと、皆…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑦

●立正佼成会の行の仕組み、ご供養、法座、手取り、導きは何をもたらすのか?我を捨てることで「願…

第7回 見た目

1回目の抗がん剤治療が終わって3週間後、朝、髪の毛を触るとスルッとまとまって抜けました。「きたか」。…

幸せな「母の日」

「GWだから、帰ってきてくれたの?」と聞くと、「ううん。会いたいから帰ってきた」と、想いをそのま…

【ヤッシーのきまま見聞録②】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

ホームレスの神様、路上生活の文殊様【後編】

私は自分の体験から、困窮者・貧窮者への支援の思想・哲学に関心を抱くようになりました。その契機となった…

PAGE TOP