エッセー

ファミリーレストランでの出来事

友人とランチをしたときのこと、隣の席にいた大学生6人青春真っ只中!
何を話してもおかしいらしく、笑いが絶えない様子。
最初はほほえましくその様子を眺めていた私たちでしたが、時間が経つにつれ6人の声は大きくなり、しまいには「何の叫び声!?」と思えるような雄叫びが絶え間なく聞こえてきました。
高齢の私たちは、互いの声が段々聞きとれなくなり、会話も止まってしまいました。

こんなとき、皆さんならどうするでしょうか。不機嫌な顔で学生たちを睨む?それとも、店員さんにクレームとして訴える?
私は勇気を出して彼らにお願いに行きました。

「お願いがあるのだけれど、聴いていただける?」。6人が一斉にこちらを見ます。
「なんですか?」
「楽しそうでいいのだけれど、もう少し声のトーンを落としてくださると助かるの。ほら私たち高齢者でしょう。耳も少し遠くなっているの(笑)」
「ああ・・・はい」

その後、大学生たちは静かになり、おかげさまで友人といい時間が持てました。
帰り際に「ありがとう。嬉しかったです」と伝えると「ありがとうございます」と応えてくれた若者たち。

どんな場合でも人格を尊重することの大切さを改めて気づいた出来事でした。

 

Takayo.maruyama

Takayo.maruyama

投稿者の記事一覧

昭和22年鹿児島県生まれ。51年、「子どもに学ぶ家庭教育」の開発者・小林謙策氏に師事。
以来、自らの子育ての反省と実践を通し、国内はもとより海外でも多くのお母さんたちに「だいじょうぶ、あなたはいいお母さん」と心からのエールを送ってきた。現在も講演会、講座などの講師を務めながら、傾聴ボランティアも行なっている。

関連記事

  1. 【ヤッシーのきまま見聞録②】
  2. 病と付き合うとき#6
  3. 「愛すべき来訪者達」#5
  4. ヤッシーの気まま見聞録⑦
  5. 病と付き合うとき #1
  6. 瞑想を学習しています
  7. 病と付き合うとき#4
  8. 「不思議な夢」#3

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#2

父母の結婚式の写真が残っている。海軍の提督が、仲人に成っている。白い海軍正装姿の父と着物姿の母だ。戦…

真っ暗な空にこそ、星は輝く 第3回

大人になってからADHD(注意欠陥多動性障害)と診断された私が、子供の頃からの苦しい経験を振り返って…

ヤッシーのきまま見聞録⑨

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

ほっとけないお話② ほっと家坊主の気になるあれこれ(映画編)

いい映画は、後々まで余韻を残す。できれば恍惚感が一番いい。でも、どうしようもない苦しみや悲しみ、やり…

最近の若いもんは!(ミレニアル世代から学ぶこと…)

「最近の若いもんは、…」というのは頑固親父の口癖ですが、このセリフ、古代エジプトの古文書にも書いてあ…

お姉ちゃんはすごいです。

3歳になった孫のTちゃんが家族で我が家にやって来ました。お母さんは妹のSちゃん1歳を抱っこしてい…

PAGE TOP