エッセー

ファミリーレストランでの出来事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

友人とランチをしたときのこと、隣の席にいた大学生6人青春真っ只中!
何を話してもおかしいらしく、笑いが絶えない様子。
最初はほほえましくその様子を眺めていた私たちでしたが、時間が経つにつれ6人の声は大きくなり、しまいには「何の叫び声!?」と思えるような雄叫びが絶え間なく聞こえてきました。
高齢の私たちは、互いの声が段々聞きとれなくなり、会話も止まってしまいました。

こんなとき、皆さんならどうするでしょうか。不機嫌な顔で学生たちを睨む?それとも、店員さんにクレームとして訴える?
私は勇気を出して彼らにお願いに行きました。

「お願いがあるのだけれど、聴いていただける?」。6人が一斉にこちらを見ます。
「なんですか?」
「楽しそうでいいのだけれど、もう少し声のトーンを落としてくださると助かるの。ほら私たち高齢者でしょう。耳も少し遠くなっているの(笑)」
「ああ・・・はい」

その後、大学生たちは静かになり、おかげさまで友人といい時間が持てました。
帰り際に「ありがとう。嬉しかったです」と伝えると「ありがとうございます」と応えてくれた若者たち。

どんな場合でも人格を尊重することの大切さを改めて気づいた出来事でした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Takayo.maruyama

Takayo.maruyama

投稿者の記事一覧

昭和22年鹿児島県生まれ。51年、「子どもに学ぶ家庭教育」の開発者・小林謙策氏に師事。
以来、自らの子育ての反省と実践を通し、国内はもとより海外でも多くのお母さんたちに「だいじょうぶ、あなたはいいお母さん」と心からのエールを送ってきた。現在も講演会、講座などの講師を務めながら、傾聴ボランティアも行なっている。

関連記事

  1. 「愛すべき来訪者達」#6
  2. 「愛すべき来訪者達」#5
  3. 「不思議な夢」#3
  4. インドで学んだ宗教の普遍性
  5. 不思議な夢 #1
  6. ジャイアン
  7. 「愛すべき来訪者たち」#2
  8. 「愛すべき来訪者たち」#4

新着記事

第7回 2年間のタイ留学:多様な暮らしぶりにふれる機会

1995年、琉球大学を卒業した私は、そのまま大学院へ進み、指導教官の鈴木規之先生のもとで「開発僧」の…

あるホームヘルパーさんの肖像

大島幸子さん(仮名)は今年80歳になるホームヘルパーさんです。前回「少女の笑顔が孤独な老人の心を救っ…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑧

●感謝し、感謝されると「徳分」がどんどん貯まるらしい人は誰かを喜ばせるために生まれてきている…

病と付き合うとき #1

小さい頃、いわゆる腺病質でよく病気にかかり、寝てばかりいた。父兄面談での学校の先生の話はいつも決まっ…

人生100年時代を考えてみる

2016年末に発行された「LIFE SHIFT(ライフシフト)-100年時代の人生戦略」(リンダ・グ…

少女の笑顔が孤独な老人の心を救った

原田雅夫さん(仮名)は、東京都内の生活困窮者支援の宿泊施設の入所者で、70代の方です。家族はなく、様…

PAGE TOP