家族とつながる

激流を登りきった鯉は天に昇って龍になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年は、鯉のぼりを見ると、ちょっと胸が痛みます。
私も、困難に負けず、立派に成長することを願って、子どもたちを鯉のぼりのように、大空に泳がせたはずでした。

けれど、夢を叶えるための厳しい現実に苦しむ二男の姿を見ているのが辛くて、
「やめようかな…」とつぶやいた弱音に、一瞬、喜んでしまった私がいたのです(>_<)
困難に負けて挫折しそうなのに、喜ぶなんてひどい母親ですね。

子どもの人生は、子どもが主役です!
どの子もみんな、やりたいことをやるために生まれてきたはずです。
こんな当たり前のことを阻むのは、私たち母親であることを、子ども電話相談で教えられました。

母親の期待と自分の願いとのギャップに身動きがとれない子どもたち、
母親に洗脳され、自分の考えに自信が持てない子どもたち、
母親の望む生き方をして、自分の感情すらわからなくなった子どもたち。

『親がレールを敷き、青写真をつくってやりながら、子どもに夢を持たせようなどとは、もともと無理な相談です』と学んだ通り、驚くほど多くの子どもたちが、疲れていました。

安全安定を願うことは、子どものために願う愛情のように美化しがちです。
しかし、その錯覚が、やりたいことや、それができる能力も備えている子どもたちに、虚しい毎日を送らせしまうことを知っていたのに、私の心は「お母さんを安心させて」と求めてしまいます(>_<)

この春、二男はプロボクサーの道を歩き始めました。
身体的な心配はもちろんですが、兄から暴力を受けて育った私は、殴り合う格闘技は苦手です。
ボクシングを始めたときから、「どうか選ばないで」と願いつづけたプロの道です。

こんな母親ですが、たくさんの子どもたちが教えてくれたおかげで、自分の心が求める場所に向かっている二男に、ホッとしている私もいます。

「殴る=つらい記憶」を「幸せな記憶」に塗りかえるために選んでくれた道なのかもしれないと、思えるようにもなってきました♡
あとは、二男が決めたこの道を、心から祝福してあげられる母になるだけです(笑)

私の邪念に負けるな!二男!
龍になれーーーーーーッ !!

 

保存保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Hatsune*

Hatsune*

投稿者の記事一覧

Hatsune*
1966年、愛知県生まれ。3児の母親。いずれママになる娘に伝えたいことを、ブログで綴っています。

URL:https://mammyringcandle.com/

関連記事

  1. あなたのことをいっぱい聴かせてください
  2. 娘との温かな時間
  3. お客の多い家族の記憶②「押し入れの親子」
  4. 1日たった10秒のハグ(前編)
  5. 思いが伝われば心が満たされる
  6. 幸せな「母の日」
  7. お客の多い家族の記憶①「オッカァサ~ン、キィテクレルゥ~!?」
  8. 母と過ごした最後のお正月です

新着記事

第7回 2年間のタイ留学:多様な暮らしぶりにふれる機会

1995年、琉球大学を卒業した私は、そのまま大学院へ進み、指導教官の鈴木規之先生のもとで「開発僧」の…

あるホームヘルパーさんの肖像

大島幸子さん(仮名)は今年80歳になるホームヘルパーさんです。前回「少女の笑顔が孤独な老人の心を救っ…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑧

●感謝し、感謝されると「徳分」がどんどん貯まるらしい人は誰かを喜ばせるために生まれてきている…

病と付き合うとき #1

小さい頃、いわゆる腺病質でよく病気にかかり、寝てばかりいた。父兄面談での学校の先生の話はいつも決まっ…

人生100年時代を考えてみる

2016年末に発行された「LIFE SHIFT(ライフシフト)-100年時代の人生戦略」(リンダ・グ…

少女の笑顔が孤独な老人の心を救った

原田雅夫さん(仮名)は、東京都内の生活困窮者支援の宿泊施設の入所者で、70代の方です。家族はなく、様…

PAGE TOP