家族とつながる

激流を登りきった鯉は天に昇って龍になる

今年は、鯉のぼりを見ると、ちょっと胸が痛みます。
私も、困難に負けず、立派に成長することを願って、子どもたちを鯉のぼりのように、大空に泳がせたはずでした。

けれど、夢を叶えるための厳しい現実に苦しむ二男の姿を見ているのが辛くて、
「やめようかな…」とつぶやいた弱音に、一瞬、喜んでしまった私がいたのです(>_<)
困難に負けて挫折しそうなのに、喜ぶなんてひどい母親ですね。

子どもの人生は、子どもが主役です!
どの子もみんな、やりたいことをやるために生まれてきたはずです。
こんな当たり前のことを阻むのは、私たち母親であることを、子ども電話相談で教えられました。

母親の期待と自分の願いとのギャップに身動きがとれない子どもたち、
母親に洗脳され、自分の考えに自信が持てない子どもたち、
母親の望む生き方をして、自分の感情すらわからなくなった子どもたち。

『親がレールを敷き、青写真をつくってやりながら、子どもに夢を持たせようなどとは、もともと無理な相談です』と学んだ通り、驚くほど多くの子どもたちが、疲れていました。

安全安定を願うことは、子どものために願う愛情のように美化しがちです。
しかし、その錯覚が、やりたいことや、それができる能力も備えている子どもたちに、虚しい毎日を送らせしまうことを知っていたのに、私の心は「お母さんを安心させて」と求めてしまいます(>_<)

この春、二男はプロボクサーの道を歩き始めました。
身体的な心配はもちろんですが、兄から暴力を受けて育った私は、殴り合う格闘技は苦手です。
ボクシングを始めたときから、「どうか選ばないで」と願いつづけたプロの道です。

こんな母親ですが、たくさんの子どもたちが教えてくれたおかげで、自分の心が求める場所に向かっている二男に、ホッとしている私もいます。

「殴る=つらい記憶」を「幸せな記憶」に塗りかえるために選んでくれた道なのかもしれないと、思えるようにもなってきました♡
あとは、二男が決めたこの道を、心から祝福してあげられる母になるだけです(笑)

私の邪念に負けるな!二男!
龍になれーーーーーーッ !!

 

保存保存

Hatsune*

Hatsune*

投稿者の記事一覧

Hatsune*
1966年、愛知県生まれ。3児の母親。いずれママになる娘に伝えたいことを、ブログで綴っています。

URL:https://mammyringcandle.com/

関連記事

  1. 母と過ごした最後のお正月です
  2. あなたのことをいっぱい聴かせてください
  3. お客の多い家族の記憶②「押し入れの親子」
  4. 思いが伝われば心が満たされる
  5. お客の多い家族の記憶③「コンビニと花火とガイセンシャ」
  6. 娘との温かな時間
  7. 1日たった10秒のハグ(前編)
  8. お客の多い家族の記憶①「オッカァサ~ン、キィテクレルゥ~!?」

新着記事

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈出港編〉

万に一のまさか、神様の間違い?神様の気がふれた。あの時は本当にそうだったと今でも思う。神様っ…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#2

父が就職した紡績会社は、業界最大手の一つ。後年は繊維不況や組合問題等の苦難を乗り越え、且つ、化粧品分…

【ヤッシーのきまま見聞録④】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#1

父の13回忌が風薫る今年五月の高尾山であった。趣味の野球の為に尽くして、晩年は、世界中の仲間から、友…

第10回 鍛えられた異文化の中での「教える」という経験

2010年5月、国立大学の一つであるマヒドン大学宗教学部に、講師として採用されました。タイでは仏教大…

真の大物・樹木希林さんに出逢った <後編>

自分に見栄を張る数々の名演技については、けっして探求的に語らず、むしろ、「どうかなぁ、彼女(…

PAGE TOP