特集

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑥

●なぜ私の願いは叶わないのか?

顕在意識と潜在意識という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

顕在意識とは、五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)、思考、理性などであり、自分でコントロールできる自分の意識です。この顕在意識の奥には潜在意識が存在しており、これは自分でコントロールできません。

顕在意識と潜在意識の関係は、よく氷山の例えで説明されます。海に浮かぶ氷山(顕在意識)は、水面に出ているのはほんの一部分に過ぎず、大部分は水面下(潜在意識)に存在しています。私たちの意識も同じように、表に現れない潜在意識が大部分を占めているのです。

前回のコラムで書いたように、「超ひもの波動エネルギー」が共鳴して縁起の法則が成り立っているとすると、個人の潜在意識はすべての潜在意識とつながっていると考えられます。これを「潜在意識の集合体」「集合的無意識」などということができ、すなわち、宇宙の全体像とも言えます。

潜在意識の集合体は、縁起観で成り立っているので、個人の顕在意識の情報を現実化しようとします。これが、「祈る」「願う」とその通りになるメカニズムだと思います。

もちろん、内容によって願いが叶う時間はまちまちですし、真剣に「願い」、「行動」し、「努力」することが重要であることは言うまでもありません。

しかし、「では、なぜ私の願いは叶わないのか?」と疑問が湧くでしょう。

その原因として、願いが叶わない人のほとんどは、ほぼ間違いなくマイナスの心を持っていると言う点です。例えば、「不平不満」「愚痴」「泣き言」「悪口」「文句」「不安」「批判」「比較」「憎しみ」「争い」「口論」「他人の不幸」「怒り」などを口に出して言っていないでしょうか?

特に、「怒り」は相当なマイナスエネルギーを持っています。1日30分プラスの願いをしても、その他の時間をマイナスの心が支配していれば、潜在意識の集合体はマイナスの情報を現実化しようとします。

言葉は「言霊」とも言って、潜在意識の集合体に送るメッセージとしては影響力が非常に大きいと考えられます。つまり、言葉に出したことは実現します。例えばレストランで、心で「カレーが食べたい」と念じていても、「親子丼ください」と言えば、間違いなく「親子丼」がやってくるでしょう。

私の娘は、昔よく「パパ意地悪!」と言っていましたが、「それでは本当にパパが意地悪になってしまうよ。もし、意地悪になってもらいたくないなら、10秒以内に『今のなし、間違い、間違い』と言うことにしよう」が我が家のルールになっています。

(立正佼成会仙台教会ホームページ http://co-creation-net.org/myself/2399/ より引用)

平塚真弘

平塚真弘

投稿者の記事一覧

宮城県女川町出身。東北大学大学院薬学研究科博士課程修了、薬学博士。
1996年東北大学大学院医学系研究科助手。1998年東北大学病院薬剤部薬剤師、2002年東北薬科大学(現在の東北医科薬科大学)講師、2006年スウェーデン・カロリンスカ研究所客員研究員、2008年から現職。
専門分野は、ゲノム薬理学、薬物動態学、薬物治療学、臨床薬学。
これまでに、日本薬学会奨励賞(2002年)、日本薬物動態学会奨励賞(2010年)、日本医療薬学会学術貢献賞(2012年)、日本薬学会学術振興賞(2016年)などを受賞。

関連記事

  1. 真の大物・樹木希林さんに出逢った <後編>
  2. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  3. 2500年前にタイムスリップ
  4. 第7回 2年間のタイ留学:多様な暮らしぶりにふれる機会
  5. 第2回 恩師との出会い
  6. 第8回 上田紀行先生 、カンポンさんとの出会い、そして翻訳本の出…
  7. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  8. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…

新着記事

車椅子の人とダンスを楽しむ

夜7時が近づく頃、東京都台東区の松が谷福祉会館には、ワゴン車から降りる車椅子の人やその家族、ボランテ…

【ヤッシーのきまま見聞録⑤】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#3

下関から、父のいる東京に合流できる日は、一年後になった。下関駅から、車中一泊2日の長旅だった。母は痩…

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海編〉

ぶっつけ体当たりで度胸がついた右も左もわからずに飛び込んだ私への使命は、「会員数激減のファン…

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈出港編〉

万に一のまさか、神様の間違い?神様の気がふれた。あの時は本当にそうだったと今でも思う。神様っ…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#2

父が就職した紡績会社は、業界最大手の一つ。後年は繊維不況や組合問題等の苦難を乗り越え、且つ、化粧品分…

PAGE TOP