2018年 6月

  1. 少女の笑顔が孤独な老人の心を救った

    原田雅夫さん(仮名)は、東京都内の生活困窮者支援の宿泊施設の入所者で、70代の方です。家族はなく、様々な仕事をした後、60歳ごろに職を失って路上の生活になりました。そして劣悪な生活環境の中で脳機能障害に陥り、認知症を患い、現在は歩行困難のた…

  2. 第6回 気づきの瞑想との出会い〜「いま、ここ」の手〜

    スカトー寺を初めて訪れたとき、見慣れない風景に出会いました。それは瞑想の様子でした。瞑想というと、皆…

  3. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑦

    ●立正佼成会の行の仕組み、ご供養、法座、手取り、導きは何をもたらすのか?我を捨てることで「願…

  4. 第7回 見た目

    1回目の抗がん剤治療が終わって3週間後、朝、髪の毛を触るとスルッとまとまって抜けました。「きたか」。…

  5. 幸せな「母の日」

    「GWだから、帰ってきてくれたの?」と聞くと、「ううん。会いたいから帰ってきた」と、想いをそのま…

  6. 【ヤッシーのきまま見聞録②】

  7. ホームレスの神様、路上生活の文殊様【後編】

  8. 「愛すべき来訪者達」#6

新着記事

第8回 浮気疑惑の処方箋③〜夫のニーズを把握せよ

<前回のお話>第7回 浮気疑惑の処方箋②〜妄想列車の車輪をロック!http://hotke.…

ほっとけないお話⑤「笑い」をコミュニケーションに活かす

「ホッと家ファミリーの『ほっとけないお話』」は、ホッと家ファミリー(ホッと家の住人たち)が、今、気に…

如是我聞 -聞きかじり根本仏教⑤-

「如是我聞(にょぜがもん)」という言葉があります。仏教のお経の書き出しの言葉です。「かくのごとく私は…

〈番外編〉「新型コロナ・心の処方箋」その8

緊急事態宣が全国的に解除に向かい、この番外編も今回で一区切りとさせていただくこととなりました。最後は…

如是我聞 -聞きかじり根本仏教④-

「如是我聞(にょぜがもん)」という言葉があります。仏教のお経の書き出しの言葉です。「かくのごとく私は…

〈番外編〉「新型コロナ・心の処方箋」その7

縁がわの常連・主婦ユキコが、ママ友から寄せられた“今ならではの不安・不満”について、同じく常連のキタ…

過去の投稿

PAGE TOP