家族とつながる

幸せな「母の日」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「GWだから、帰ってきてくれたの?」と聞くと、
「ううん。会いたいから帰ってきた」と、想いをそのまま言葉にしてくれた長男。

愛し愛されている世界を、ちゃんと感じることができる子になってもらいたいから、気持ちをありのままに表現できる子に育てたいと願ってきました。

一番心配していたのは、この長男です。
幼少期には、雷を怖がり、耳をふさいで、じっと耐え忍ぶ子どもでした。

「怖い?」と尋ねても、うなずくだけで言葉にできません。
「こわ————い?って、叫んでごらん!びっくりして怖いのが飛んでくよ!」と、私と長女と二男と4人で、雷になると大声で叫びながら、はしゃいだことが思い出されます。

二男も「もう、どうしたらいいか、わからない…」と、泣きながら言葉にできる子に育ってくれました。
男性には言いづらい言葉を、ためらうことなく素直に表現できる2人の姿を見て、安心しています。

これも“私の育て方が良かった”と得意げになっていた「母の日」に、
主人から「以前のトラウマと向き合わなくてはいけない状況になった」と聞かされました。
不安がよぎる主人は、「ボクの心のサポートをよろしくお願いいたします」と、結婚して何十年も経つ妻の私に、当たり前のように頭を下げてくれます。

その瞬間、思いあがっていた自分が恥ずかしくなりました(^_^;)
息子たちには、こうしてお手本になってくれる主人のうしろ姿が、あったんですね♡
その背中を見て、真似て、身につけてくれたのだと気づかされました♡

「母の日」に得られた、主人への尊敬はお義母さんにつながります。
自分の心を、こんなにも素直に表現できる主人を育ててくれたのは、お義母さんです。
私がこうして安心していられる毎日は、お義母さんのおかげさまだったのです。

結婚して初めて、個性炸裂!?のお義母さんに、心から手を合わせることができた、幸せな「母の日」になりました(笑)
もちろん義母だけでなく、義父、そして、いままで主人と出会ってくださったたくさんの方々、息子たちに出会ってくださった皆さん、たくさんのご縁…

心を寄せると、つながり合っているおかげさまの世界はどんどん広がっていきます。
すべてのご縁に対し、いま、この場所で、私に何ができるのか…、常に考え、行動していきます。

 

保存保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Hatsune*

Hatsune*

投稿者の記事一覧

Hatsune*
1966年、愛知県生まれ。3児の母親。いずれママになる娘に伝えたいことを、ブログで綴っています。

URL:https://mammyringcandle.com/

関連記事

  1. お客の多い家族の記憶③「コンビニと花火とガイセンシャ」
  2. 母と過ごした最後のお正月です
  3. お客の多い家族の記憶②「押し入れの親子」
  4. お客の多い家族の記憶①「オッカァサ~ン、キィテクレルゥ~!?」
  5. 娘からの電話
  6. 1日たった10秒のハグ(後編)
  7. 娘との温かな時間
  8. 激流を登りきった鯉は天に昇って龍になる

新着記事

第8回 上田紀行先生 、カンポンさんとの出会い、そして翻訳本の出版へ

1998年、2年間のタイ留学生活を終え、再び故郷沖縄の琉球大学大学院に戻りました。そして修士論文では…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑩

●願望達成のチャンスはどこからやってくるのか?私たちの体を作っている「超ひも」という超高速で…

病と付き合うとき#3

第二の転機となった成長ホルモン投与により、見る間に大人の体に変化していった。どんどん体力が拮…

お客の多い家族の記憶④「世界の七不思議」

在家仏教を信仰する両親と三人兄妹(私は末っ子二女)。そしてなぜか次々とわが家を訪れる人々との、な…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑨

●来世はあるのか?死んだら何処に行くのか?私たちは3次元(縦、横、高さ)の世界に住んでいます…

「縁とも」のオフ会を開催いたしました。

ホッと家の縁がわでは、ブログを投稿してくださる方、ブログを読んでくださる方を「縁とも」と名付けていま…

PAGE TOP