特集

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●来世はあるのか?死んだら何処に行くのか?

私たちは3次元(縦、横、高さ)の世界に住んでいますが、超ひも理論という最新科学の仮説では理論上9次元まで存在すると考えられています。私たちの体を作っている原子は素粒子からできており、その素粒子は「超ひも」というすごいスピードで振動している極微小のものからできていると考えられています。

超ひもは3次元の世界ではひもの端が切れており、ブレインという膜のようなものにくっついているので、3次元の世界から出ることができません。しかし、超ひもの端がくっついて輪っかになると3次元より上の次元(4次元や5次元)にいけるようになるそうです。

したがって、私たちの体は基本的に超ひもの端が切れたもので作られていて、死ぬとその人の魂(これも超ひもでできていると考えると)は、輪っか状になって4次元や5次元に移動するのかもしれません。

3次元の世界からは、4次元や5次元の世界は「小さく折りたたまれているので見ることができない」とされていますが、逆は見えるようです。もしかすると、私たちのご先祖さまはそのような高次元から私たちをひっそり見守ってくれているのかもしれませんね。

私たちの記憶は脳に記録されているので、死んで肉体がなくなれば、現世の記憶もなくなるはずです。しかし、この世のすべての超ひもの振動が共鳴して相互作用しているとすると、「潜在意識の集合体」にも私たちの記憶は残っていると想像できます。これは、自分のパソコンに記録しているデータをインターネットのクラウド上でも2重に記録しているのと同様です。

もしかすると、私たちが日常的に感じている、「この人に初めて会った気がしない」「この場所に初めて来た気がしない」「以前体験したような気がする(デジャブ)」「寝ている時の夢」「何となく感じる不安」「直感」などは、前世で自分が「潜在意識の集合体」に残した記憶を現世で再生しているのかもしませんね。

そのように考えると、私たちに来世はありそうです。しかも、現世で得た知識、技能、経験、徳分なども「潜在意識の集合体」が記録していてくれるとなると、今、私たちが行っているすべてのことは来世で役に立ちそうです。

年をとってくると、「今さらこれをはじめても・・・」と自分でできない理由を考えがちですが、来世の役に立ちそうだと思うと、やり始める勇気が湧いてきますね。

(立正佼成会仙台教会ホームページ http://co-creation-net.org/myself/2707/ より引用)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
平塚真弘

平塚真弘

投稿者の記事一覧

宮城県女川町出身。東北大学大学院薬学研究科博士課程修了、薬学博士。
1996年東北大学大学院医学系研究科助手。1998年東北大学病院薬剤部薬剤師、2002年東北薬科大学(現在の東北医科薬科大学)講師、2006年スウェーデン・カロリンスカ研究所客員研究員、2008年から現職。
専門分野は、ゲノム薬理学、薬物動態学、薬物治療学、臨床薬学。
これまでに、日本薬学会奨励賞(2002年)、日本薬物動態学会奨励賞(2010年)、日本医療薬学会学術貢献賞(2012年)、日本薬学会学術振興賞(2016年)などを受賞。

関連記事

  1. 第4回 バナナで火を消すお坊さま
  2. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  3. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  4. 第3回 タイの日本人僧、プラユキ・ナラテボー師との出会い
  5. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  6. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  7. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  8. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…

新着記事

第8回 別れ

皆さま更新が滞っていて、すみませんでした。7月31日に夫が急逝しました。わずか2日の…

病と付き合うとき#5

若き日々の無茶苦茶の仕事の仕振り、そして、食生活のつけは確実に来た。後年の努力により、タイミングが、…

「縁とも」のお一人、小宮さんの講演を聴いてきました

少し前のことになりますが、「縁とも」のお一人、小宮位之さんの講演を聴いてきました。小宮さんは…

瞑想を学習しています

タイの山岳地帯で洞窟に閉じ込められた少年サッカーチームの12人の少年たちとコーチのエーカポンさんは、…

病と付き合うとき#4

健康な体にして頂いたが、すっかり本来の性格が丸出しに成り始めた。自堕落で、享楽主義のところがある。特…

第8回 上田紀行先生 、カンポンさんとの出会い、そして翻訳本の出版へ

1998年、2年間のタイ留学生活を終え、再び故郷沖縄の琉球大学大学院に戻りました。そして修士論文では…

PAGE TOP