家族とつながる

お客の多い家族の記憶④「世界の七不思議」

在家仏教を信仰する両親と三人兄妹(私は末っ子二女)。
そしてなぜか次々とわが家を訪れる人々との、なんとも不思議な日々。
昭和の終わりの混沌とした記憶を、自らが子育て奮闘中の今、順不同に綴ってみる。
飽くまで自分の記憶を頼りに、多少、盛りつつ♪

☆世界の七不思議

昭和50年代、私が小学生だったあの頃、わが家に一番頻繁に訪れていたのは、間違いなく彼女だろう。

マンションの2フロア上に、夫と幼い一人息子との3人暮らし。
“みっちゃん”は、ほぼ毎日うちの母をたずねて来ていた。

「お母さ〜ん。今日クッソ暑いね」

そこそこ美形で、しかも子育て中の母親なのに、言葉遣いにかなり難アリ。
当時の夏で「クッソ暑い」なら、今夏の暑さをみっちゃんはどう表現するのだろう。
さらにかなりのヘビースモーカーで、わが家でもよくタバコを吸っていた。
(思えば喫煙に寛容な時代だった)

みっちゃんが吐き出すのは煙だけではなかった。
毎日、夫の悪口をとめどなく垂れ流す。
「じょ〜だんじゃねぇっつーの。あのバカ男、死ねばいいのに」

みっちゃんより10歳以上年上のうちの母に、「気持ちは分かるけど、そんなこと言わないの!」とたしなめられてもお構いなし。

子どもの私に何となく理解できたのは、みっちゃんのダンナさまはギャンブルと女性が好きで、家に帰ってこないこともあるということ。
こういった来訪者のお陰さまで、小学生の私は「結婚すればみんな幸せになれるってわけでもなさそうだ」というこの世の現実を学んだ。

母は「相手を恨んでいても何も変わらないのよ。まずは自分だからね。みっちゃんが見方を変えれば、ダンナさんも変わっていくわよ」などと話しながら、
それでも止まらない愚痴を根気よく聞いていた。

そんなみっちゃんと母の会話を、私は本を読んだりテレビを見たり、みっちゃんの一人息子をあやしたりしながら聞き流していた。

でもその日、私はみっちゃんのある一言が気になった。

「まったくさぁ、これでよそに子どもでも作ってきた日にゃあ、ほんとぶっ殺してやりたくなると思うよ」

…え!? 子どもって結婚したら自然とお腹に宿るものなんじゃないの?
おじちゃんがよそで子どもを作るってことは、別の人と結婚するということ!?

どうしても知りたくなり、みっちゃんに聞いてみた。
「ねえ。よそに子どもってどういうこと?
結婚しないとできないんじゃないの?
子どもってどうしたらできるの?」

すると、立てた片膝にひじを乗せ、
いつもより細くゆっくりと煙を吐き出しながら、目を細めてみっちゃんは言った。

「世界の七不思議よねぇ…」

悲しげにも、可笑しげにも見える、謎めいた表情。
まさにけむに巻かれた私は、それ以上突っ込んで聞くことができなかった。

命は不思議な巡り合わせによって生じるらしい。
そして男女の関係は、子どもが思うほど簡単ではないらしい。
10歳そこそこの私に、そんなことを教えてくれたみっちゃんもまた、私にとっては人生の師なのだと思う。

次は、“そちらの筋“から足を洗うことになったご夫婦のお話。

 

三代目 B soul主婦

三代目 B soul主婦

投稿者の記事一覧

祖母の代から始まり、在家仏教信仰三代目のアラフィフ主婦。信仰に篤い両親だが、一切押し付けられることなく自由奔放に育つ。仕事も遊びも全力投球の20代30代を経て、高齢出産を経験。
やっと自ら仏さまの教えを求めるようになり、特に根本仏教に惹かれ、「子育てと信仰、ときどきお仕事」な日々を楽しむ。

関連記事

  1. 娘からの電話
  2. お客の多い家族の記憶③「コンビニと花火とガイセンシャ」
  3. 1日たった10秒のハグ(後編)
  4. あなたのことをいっぱい聴かせてください
  5. 娘との温かな時間
  6. お客の多い家族の記憶②「押し入れの親子」
  7. 激流を登りきった鯉は天に昇って龍になる
  8. 幸せな「母の日」

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#8

ガルシアは、治療の甲斐あって、徐々に体力を取り戻した。マイアミのニカラグア人コミュニテイーで、小規模…

「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

第一話 「おたふく風邪と、あ・い・う・え・お」僕は、小学校3年生まで文字が読めなかった。言葉…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#7

1980年8月、日本で世界選手権が開催された。最終番の日本対キューバ戦は最高潮で迎えられた。当日は、…

「ボールをどこに投げたらいいか?」

父は、少年野球のコーチでした。私も在籍したチームのコーチを25年もやった人でした。暑い日も寒い日も、…

ジャイアン②

私のある意味“すごい”特徴の一つに、「限りないうっかり者」があげられる。小学校の頃を思い返す…

【ヤッシーのきまま見聞録⑥】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

PAGE TOP