エッセー

病と付き合うとき#6

二回目の脳内の異変で、病院に行った。今回は大変なことに成っていた。
CTスキャン、MRI検査の結果、脳幹部で出血していることが判明した。直ぐ、ICUに入れられた。

そんな大事だとは思ってもいなかった。右手が効かないのと、ふらついて歩けないだけだ。新病院に成って、精度の高いMRI装置に成っていた。その画像に、頭のど真ん中で、出血部位が、黒く鮮明に映っている。だが、血は散らばっていない。そこに、たまたま、海綿状の腫瘍が出来ており、血がその中に、留まっている。MRIにその様が写っている。

血が、脳内に飛び散っていれば、担当医曰く、真面にしゃべれないし、モノも二重三重に見えている筈だ。今の症状で収まる筈がない。膨れた部分が、神経を圧迫し、右手の痺れと足元のふらつきが起きている。
まず、出血を止めることを優先する。血液をサラサラにするバイアスピリンを止める。後は絶対安静で、トイレも車椅子だ。

数日して、出血が止まると、一般病室に移された。担当医より、脳幹部なので、リスクを冒して手術はしない。幸い、良性の腫瘍であり、体が血を吸収し、萎むと機能は元に戻るとの判断だ。そのまま、入院して、二週間ほどで、右手の痺れも薄れ、真直ぐに歩けるようになった。MRI画像でも、出血部位の色が、少し薄れつつある。退院だ。

医者のアドバイスは、ストレスを溜めないこと。従い、次の三点を直ぐに再開しなさいと言われた。
一つ目は仕事。これにより生活のリズムを元に戻す。二つ目は、歩くこと。そのことに意欲的に取り組む意味で、ゴルフをすることは大いに結構。三つ目は、節度ある適量のお酒の復活。酩酊禁止。

後日、事の顛末を、大学のクラス会で友人たちに話した。そんな幸運が重なるなんて、聞いたことが無い。「これから、余程人の役に立ち、喜ばれることをすることだ。」と異口同音に言われた。兄の預言より、二年早く脳内出血が起こったが、今回は乗り越えられた。そして、同じく寿命と云われた、六十九歳を超え、七十歳代に突入した。云わば、寿命の贈薬を頂いていることに成る。

経年劣化は、色々と現れる。それらに囚われずに、前向きに生きることにしている。先ずは、仕事を続けられる場に、巡り合えたことに感謝、感謝だ。
第一の重厚長大の仕事とは、全く違うジャンルだ。非営利組織の経営改革の仕事に関わりはじめて、もうすぐ十年に成る。
第二の人生では、金銭報酬等、形に現れる報酬は重要ではない。形に現れない、インタンジブルの報酬こそ重要だ。若い人たちに接しながら、自分が持ち味を発揮でき、且つ、お役にたてる。だからこそ、新しい分野の事でも勉強することが出来る。すると、自ずと、目標を持った時間の過ごし方に成る。

さらに、体への向きあい方も、違ってくる。何事も、前向きに考え、先手必勝だ。定期健診を必ず受ける。癌や腫瘍は、細胞が分裂する時の、ミスプリントが原因だ。どこでも、ミスプリントは起こりうる。年齢と共に、これを修復する、免疫機能もあやふやになり、見逃しをする。従い、早く見つけて、早く処置をする。最近も、定期健診で、初期の胃癌が見つかった。内視鏡手術を受け、一週間足らずで、退院した。

最近はエンデイングの事も少し意識する。

父は、いわゆるPPK、ぴんぴんころりの典型だった。八十七歳で、虚血性心不全が死因だ。八十歳代半ばまで、海外に仕事に出かけた。最期の日も、心不全を起こす十五分前まで、海外の後進の人と電話で話し、激励をしていた。お気に入りの椅子で、好きな葉巻に火をつけた。テレビを一人で見つつ、うたた寝をした。その時、発作が起こり、あっという間だった。あの世への旅立だ。一陣の風と共に消える様だった。あとで、家族に知られないように、ニトログリセリンのお世話に成っていたことが分かった。

自分の理想も、父の様でありたい。兄の言ったように、脳内出血かも知れない。死ぬ時で、その人が分かると言う。こればかりは、神仏のみぞ知るで、自分ではどうしようもない。少しでも、本性の自堕落なところが抑えられたら。少しでも、人様に喜ばれることが出来たら。少しでも、徳分がつめたら。仏さまから、「よし、今世のお役目は、卒業だよ。」と言って頂けるかも知れない。

願わくは、努力をしつつ、体力が尽きる。あっという間の、エンデイングがいつか来ればと思う。

以上

イチゾウ

イチゾウ

投稿者の記事一覧

団塊世代、重厚長大産業出身、第二の人生真っ只中。

関連記事

  1. ジャイアン
  2. 病と付き合うとき#4
  3. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#…
  4. 病と付き合うとき #1
  5. 「不思議な夢」#3
  6. 【ヤッシーのきまま見聞録④】
  7. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#…
  8. 病と付き合うとき #2

新着記事

車椅子の人とダンスを楽しむ

夜7時が近づく頃、東京都台東区の松が谷福祉会館には、ワゴン車から降りる車椅子の人やその家族、ボランテ…

【ヤッシーのきまま見聞録⑤】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#3

下関から、父のいる東京に合流できる日は、一年後になった。下関駅から、車中一泊2日の長旅だった。母は痩…

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海編〉

ぶっつけ体当たりで度胸がついた右も左もわからずに飛び込んだ私への使命は、「会員数激減のファン…

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈出港編〉

万に一のまさか、神様の間違い?神様の気がふれた。あの時は本当にそうだったと今でも思う。神様っ…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#2

父が就職した紡績会社は、業界最大手の一つ。後年は繊維不況や組合問題等の苦難を乗り越え、且つ、化粧品分…

PAGE TOP