エッセー

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#3

下関から、父のいる東京に合流できる日は、一年後になった。下関駅から、車中一泊2日の長旅だった。母は痩せてやつれていた。子供二人は元気一杯だった。到着した品川駅のホームには、これまた、細身の父が笑顔で待っていた。それから随分離れたところに、母方の長身の祖母が、遠慮がちに出迎えていた。

暫くは、家の中は、平穏な日々が続いた。父の仕事も、繊維関係は朝鮮戦争特需の背景のもと好況だった。その様な中で、米軍将校向けの、高級スーツの香港系中国人経営の店が、東京や横須賀で、繁盛し、そこに生地を納めていたり、他でも商売を広げていた。それでも広げては失敗の繰り返しは、続いていた。取り立てをかわすため、表札を外せと、夜帰宅するなり、母に命じていることもあった。

そんなある日、また家に重い空気が流れた。母の祖母が、身の回りの物を風呂敷に包んで、姉の家から引き揚げて来た。あの家では、どうしても、一緒に住むことは出来ない。この一点張りだった様だ。玄関脇の小さな部屋を、自分の居場所と決めて、じっと動かずに座り込んでいた。父の養母を、東京に呼んで同居するチャンスが遠ざかった。下関より帰ってから、兄と共に何度か母に促されて、東京で一緒に住んでくださいと云う手紙を出していた。一回目のリセットは失敗した。

二回目のリセットは、小さな間取りの部屋がない処に引っ越した。しかし、これも、同じことの繰り返しだった。

その様な中、父の商売が上向きな頃、女性の問題が発生したようだ。我が家の過去帳に水子が、登場し始める。商売が左前の頃には、父に言われて堕した母自身の水子も何人かいた。そんな背景のもと、中野の広い庭に茣蓙を広げ、多くの人が車座に成って、悩み事を解決してもらう場に出かける様になった。父の伯母が誘ったのだ。

母のいない間、私の世話は祖母が一手に引き受けた。幼稚園の遠足や、運動会に毎回付いて来た。母親でなく、祖母が付いてくる家は稀だった。年齢の割に背が高い。目立った。何時しか、男の子だが、何文安かのおばあちゃん子に成って行った。これも、父に取れば癪の種だった。母が他の同行の人達の家を訪ねて帰ってくるのが遅くなる。食べ物まで、祖母が世話をする。チーズを食べさせてくれたり、納豆に砂糖を入れた味を、私に教えてくれたりした。

父の事業がそれなりに少し安定した時期に、また、野球への縁が復活する機会が訪れた。大学野球の対抗リーグ戦の各校から若干メンバーが集められ、審判員と成るのに加わった。その頃、大学の練習場に、父に連れられて兄弟で、出かけた写真が残っている。練習が一段落してのことだろう。左右逆に大きなグローブをはめて、兄弟で監督と思わしき人に遊んでもらっている。

大学野球で、厳格な審判員として名を挙げたようだ。直ぐに、甲子園の審判員にもなる。やるとなると集中する。ルールブックも殆ど暗記するほど読み込んだようだ。やがて、高校野球界の天皇と云われた人の信用もかち得ていたようだ。審判団の技術面のリーダーの様な役割もしていた。また、社会人の野球界へも入っていく。審判から始まり、若くして役員までするようになった。

会社を経営しながら自分の時間をやりくりして、これらの仕事に携わった。勤め人の立場では到底できない仕事であった。やると決めたら、情熱的に取り組む。

若くして、社会人野球界の改革の仕事にも取り掛かる。顔の繋がりだけで、物事が決められがちの団体だった。そこに寄付行為と呼ばれる規約を整備し、野球好きの経済界の重鎮と云われる人を会長に迎える。後ろ盾を得ながら、改革を実行していった。四十代の後半から五十代半ばにかけてのことだ。

その間で、下関の祖母が身罷る。父は、超多忙の身だったが、死に際の最後のお別れは間に合った。母は只々お詫びするしかなかった。一緒に住むことは、遂に、実現しなかった。

父が、五十代に入ったところだった。代表チームを率いて、野球の母国アメリカでの世界大会に参加した。そこで、米国だけでない、中南米の沢山の野球強国と初めて出会った。衝撃を受けた。井の中の蛙だったことを思い知る。その時から、父は、突然、毎朝公共放送で、スペイン語の勉強を始めた。五十の手習いだ。英語を話すだけでは、この人たちと本当の意思疎通が出来ないと知ったからだ。

次回は、十年程話が跳びます。父と私、そして、父の友人若きラテンアメリカのヒーロー、ガルシアが、カナダの野球場で、会った場面からです。

イチゾウ

イチゾウ

投稿者の記事一覧

団塊世代、重厚長大産業出身、第二の人生真っ只中。

関連記事

  1. インドで学んだ宗教の普遍性
  2. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#…
  3. ジャイアン
  4. 「愛すべき来訪者たち」#4
  5. 病と付き合うとき#6
  6. 「愛すべき来訪者たち」#3
  7. 病と付き合うとき#3
  8. 不思議な夢 #2

新着記事

車椅子の人とダンスを楽しむ

夜7時が近づく頃、東京都台東区の松が谷福祉会館には、ワゴン車から降りる車椅子の人やその家族、ボランテ…

【ヤッシーのきまま見聞録⑤】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#3

下関から、父のいる東京に合流できる日は、一年後になった。下関駅から、車中一泊2日の長旅だった。母は痩…

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海編〉

ぶっつけ体当たりで度胸がついた右も左もわからずに飛び込んだ私への使命は、「会員数激減のファン…

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈出港編〉

万に一のまさか、神様の間違い?神様の気がふれた。あの時は本当にそうだったと今でも思う。神様っ…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#2

父が就職した紡績会社は、業界最大手の一つ。後年は繊維不況や組合問題等の苦難を乗り越え、且つ、化粧品分…

PAGE TOP