2018年 12月

  1. 井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海の果てに〉

    ●涙の教訓「変化球も使え」社会人人生、不覚にも仕事の場で泣いてしまったことが1回だけある。しかも秀樹の前…。私の心の奥で増していた失望感とは裏腹に、仕事は秀樹もマネージャーも評価してくれていた。それが救いでもあり、仇にもなっ…

  2. 第9回 もう一人の自分

    夫が亡くなってまだ数日しか経っていないとき、ある方がくださった言葉があります。その方は私のつらさ…

  3. 井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈座礁編〉

    ●“裸の王様”と非力な私「他の人の舞台とか見に行くな」。マネージャーから初めて注意を受けた。…

  4. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#4

    1976年夏。良く晴れ渡った週末の午後だった。カナダ、モントリオール郊外にある球場のネット裏席に父と…

  5. 井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈大しけ編〉

    目が覚めた!「毎日がオーディション」順調な船出から半年も経たずに、私は秀樹に失望していく。…

  6. 第1回「自他を比べる心〜マーナ(慢)」

  7. 車椅子の人とダンスを楽しむ

  8. 【ヤッシーのきまま見聞録⑤】

新着記事

〈番外編〉「新型コロナ・心の処方箋」その8

緊急事態宣が全国的に解除に向かい、この番外編も今回で一区切りとさせていただくこととなりました。最後は…

如是我聞 -聞きかじり根本仏教④-

「如是我聞(にょぜがもん)」という言葉があります。仏教のお経の書き出しの言葉です。「かくのごとく私は…

〈番外編〉「新型コロナ・心の処方箋」その7

縁がわの常連・主婦ユキコが、ママ友から寄せられた“今ならではの不安・不満”について、同じく常連のキタ…

〈番外編〉「新型コロナ・心の処方箋」その6

縁がわの常連・主婦ユキコが、ママ友から寄せられた“今ならではの不安・不満”について、同じく常連のキタ…

【お知らせ】「ホッと家の縁がわ」のチラシを作りました

今、コロナウィルス禍の中で、新しい生活様式が求められています。ソーシャルディスタンシングが重視され、…

如是我聞 -聞きかじり根本仏教③-

「如是我聞(にょぜがもん)」という言葉があります。仏教のお経の書き出しの言葉です。「かくのごとく私は…

過去の投稿

PAGE TOP