2018年 12月

  1. 井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海の果てに〉

    ●涙の教訓「変化球も使え」社会人人生、不覚にも仕事の場で泣いてしまったことが1回だけある。しかも秀樹の前…。私の心の奥で増していた失望感とは裏腹に、仕事は秀樹もマネージャーも評価してくれていた。それが救いでもあり、仇にもなっ…

  2. 第9回 もう一人の自分

    夫が亡くなってまだ数日しか経っていないとき、ある方がくださった言葉があります。その方は私のつらさ…

  3. 井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈座礁編〉

    ●“裸の王様”と非力な私「他の人の舞台とか見に行くな」。マネージャーから初めて注意を受けた。…

  4. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#4

    1976年夏。良く晴れ渡った週末の午後だった。カナダ、モントリオール郊外にある球場のネット裏席に父と…

  5. 井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈大しけ編〉

    目が覚めた!「毎日がオーディション」順調な船出から半年も経たずに、私は秀樹に失望していく。…

  6. 「自他を比べる心〜マーナ(慢)」

  7. 車椅子の人とダンスを楽しむ

  8. 【ヤッシーのきまま見聞録⑤】

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#8

ガルシアは、治療の甲斐あって、徐々に体力を取り戻した。マイアミのニカラグア人コミュニテイーで、小規模…

「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

第一話 「おたふく風邪と、あ・い・う・え・お」僕は、小学校3年生まで文字が読めなかった。言葉…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#7

1980年8月、日本で世界選手権が開催された。最終番の日本対キューバ戦は最高潮で迎えられた。当日は、…

「ボールをどこに投げたらいいか?」

父は、少年野球のコーチでした。私も在籍したチームのコーチを25年もやった人でした。暑い日も寒い日も、…

ジャイアン②

私のある意味“すごい”特徴の一つに、「限りないうっかり者」があげられる。小学校の頃を思い返す…

【ヤッシーのきまま見聞録⑥】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

PAGE TOP