エッセー

ジャイアン②

私のある意味“すごい”特徴の一つに、「限りないうっかり者」があげられる。

小学校の頃を思い返すと、忘れ物がとても多くて、ランドセルを“忘れて”登校したことが数回、(反対に、学校にランドセルを忘れて帰ったこともある)、自分の靴と父のサンダルを履き間違えたまま登校したことが2回、体操服に着替えるときに、ズボンの下から顔を出したパジャマのズボンに気づいて(どうやら、パジャマのズボンを脱ぐことを忘れていたようだ)ビックリしたことが数回……と、うっかり事例を挙げるときりがない。友だちに「よく、ここまで無事に生きてこられたね」としみじみと言われるほどである。

私の母も、家庭訪問に来た先生に塩をかけたイチゴを出したり、財布と間違えてテレビのリモコンを持って買い物に出かけたりと、まるでサザエさんのような「うっかり者」なので、私は多分にその血を受け継いでいるのだと思う。

そんな私も、仕事のときは自分の特徴を無意識的に補完しているのか、お蔭さまでうっかりミスも少ない日々を過ごしているが、その分、自宅に帰ると気が抜けるのか、慌てて買い忘れた食材を求めてスーパーに戻ることは、日常茶飯事。

遠くに住んでいるジャイアンのような私の彼は、私の特徴をよく理解しているからか、私に会いに来る前日に「焼きそばが食べたい」と要望を言った上で、「今から飛行機に乗る。青のりと紅ショウガを忘れないように」とメールが、「今、羽田に着いた。青のりと紅ショウガを忘れないように」と電話が、そして「今からリムジンバスに乗る。青のりと紅ショウガを忘れないように?」と、とどめのメールを送ってくる。

彼から頻繁に確認の連絡があるので、私はいつも、「そんなに何回も言われるほど、頭は悪くないわ!」「しつこい!!」と腹を立てていたが、ふと思うことがあり、彼に尋ねてみた。

「もしかして、私がうっかりしないように、サポートしてくれてるの?」。

すると、「お前に文句を言うよりも、俺ができることをしようと思って」と満足げに応える彼。

この人、すごい! 仏さまの教えを知らないはずなのに、自然に仏さまの教えを実践してる……。これからは、確認の連絡があっても、腹を立てずにお礼を言おう。そして、自分でもうっかりしないように工夫しよう……、と心に決めた。

あっ! たこ焼きのタコを買ったのに、粉を忘れた!!
(まだまだ、「うっかり者」は健在……)

パンダ

パンダ

投稿者の記事一覧

仏さまの教えを学ぶことが好き。教えをひとつ実践して、それによって気づいたことをみんなと語り合う時間は、もっと好き。

関連記事

  1. ヤッシーの気まま見聞録⑦
  2. 病と付き合うとき #2
  3. 「愛すべき来訪者たち」#4
  4. 「愛すべき来訪者たち」#3
  5. 「愛すべき来訪者達」#6
  6. 病と付き合うとき#5
  7. 不思議な夢 #1
  8. 【ヤッシーのきまま見聞録④】

新着記事

ヤッシーのきまま見聞録⑪

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

お客の多い家族の記憶⑤ 「腹が据わるって、こういうコト」

在家仏教を信仰する両親と三人兄妹(私は末っ子二女)。そしてなぜか次々とわが家を訪れる人々との、な…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切のこと)「母の場合」#7

新しく登場した妹は小学一年生。私は大学一年だった。兄と兄弟二人の所に、小さい女の子が突然入り込んだ。…

「親子に寄り添いたい」 ブレない信念がつくる子育ての未来

いつもの縁がわを飛び出して、ホッと家ファミリーが「会いたい!」人物を訪ねる『CLOSE UP 縁とも…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#6

母の体調は、日増しに悪くなっていった。駅の近くの商店街で、夕食の買い物をしても、大変疲れた様子で、家…

第11回(終)タイ人との結婚、夫婦でフリーランスという新たな出発

マヒドン大学宗教学部に講師として勤め始めた2010年。私はタイの学生たちにタイ語で日本の宗教事情を教…

PAGE TOP