社会とつながる

「ボールをどこに投げたらいいか?」

父は、少年野球のコーチでした。私も在籍したチームのコーチを25年もやった人でした。暑い日も寒い日も、1円の得にもならないことに、並々ならぬ情熱を注いだ人でした。

以前書いたように、うちは貧困家庭でした。しかし父をうらむような気持ちは全く起こりませんでした。

さて、私が大学で教員免許取得にむけて、勉強をしていたある日、父がこう言いました。

「今日、チームに入ってきた小学1年生の男の子。最初にバッティング練習をする時、お前ならどこにボールを投げたらいいと思うか?」私は戸惑いながら、「真ん中にゆっくりとしたボールを投げる?」と答えました。

すると父は「それは甘い。まずは投げる前に、その子に3回バットを振らせる。もちろん、めちゃくちゃな振り方だ。そこで、バットがどこを通るかをよく見て、バットの軌道上にボールを投げる。すると当たる。子どもは喜ぶ。来週も来るようになる。こういう工夫が必要だ。真ん中のボールを打てるように教えるのは、毎週来てから。まずは野球が楽しいと思わないと何も始まらない。」と教えてくれました。

父は、戦中生まれでしたが、小学校も中学校もまともに通ったことがなく、字が書けない人でした。(かろうじて読むことはできました。)

一方私は大学で教員免許を取るべく学んでいましたが、「教育に関しては父の方がすごい!!」と思えました。

私が無料学習塾である「八王子つばめ塾」の運営上、大事にしているのは、「教育は有資格者が独占するものではない。」ということです。学習支援ですから、勉強を教える最低限の知識は必要ですが、大事なことは、「子どもたちに希望を持ってもらいたい。幸せになってもらいたい。」という思いです。そしてその子に寄り添う姿勢です。そこから、「自分も勉強してみよう」という子どもの意欲が湧いてくると思うのです。単に知識を伝えるだけならAIでもできます。しかしそこに「思い」というものが必要です。

父が野球のコーチをする姿を見て学んだことは、そのことでした。今週も70人の「ボランティア講師」が八王子つばめ塾にきてくれ、工夫をしながら教えてくれています。私も、子どもたちへの思いを大切にして、経済的に苦しいご家庭のために、尽力していきたいと思っております。


◇八王子つばめ塾サイト
https://hachiojiswallow.com/

小宮位之

小宮位之

投稿者の記事一覧

1977年東京都生まれ。八王子の貧困家庭に育つ。
都立南多摩高校卒業後、國學院大學文学部史学科を卒業、4年間私立高校の非常勤講師を勤める。その後映像制作の仕事に転職。
2012年9月、任意団体八王子つばめ塾を設立。2013年10月、特定非営利活動法人八王子つばめ塾を設立、理事長に就任。
現在は映像制作の仕事を辞め、私立高校の非常勤講師などの非正規雇用の仕事に就きながら、無料塾の発展に尽力している。
八王子つばめ塾は、経済的に苦しい家庭の中高生に無料で学習支援をしている。
現在、生徒90名、ボランティア講師65名、教室6カ所に成長。
八王子つばめ塾を見学してから作られた無料塾は全国で20団体程度ある。
姉妹団体として、2017年3月、神奈川県相模原市に「淵野辺つばめ塾」を、8月に大阪府豊中市に「豊中つばめ塾」を設立。それぞれ代表をつとめる。
つばめ塾は、「ボランティアで構成されるつばめの巣から巣立った子ども達がいつかまたボランティアというフィールドに戻ってきてもらいたいという願い」から名付けられました。

関連記事

  1. 人との繋がりが孤独を癒す
  2. 少女の笑顔が孤独な老人の心を救った
  3. ホームレスの神様、路上生活の文殊様【前編】
  4. 「すべての生命が安心して生活できる社会(世界平和)の実現」を目指…
  5. 「七千年に一度の縁を生かす」
  6. 「値千金」
  7. 氷が溶けると春になる
  8. 「次の時代を担う君たちへ 誰かのために頑張れる自分がいる」

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#8

ガルシアは、治療の甲斐あって、徐々に体力を取り戻した。マイアミのニカラグア人コミュニテイーで、小規模…

「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

第一話 「おたふく風邪と、あ・い・う・え・お」僕は、小学校3年生まで文字が読めなかった。言葉…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#7

1980年8月、日本で世界選手権が開催された。最終番の日本対キューバ戦は最高潮で迎えられた。当日は、…

「ボールをどこに投げたらいいか?」

父は、少年野球のコーチでした。私も在籍したチームのコーチを25年もやった人でした。暑い日も寒い日も、…

ジャイアン②

私のある意味“すごい”特徴の一つに、「限りないうっかり者」があげられる。小学校の頃を思い返す…

【ヤッシーのきまま見聞録⑥】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

PAGE TOP