人生へのまなざし

真っ暗な空にこそ、星は輝く 第1回:診断…天国と地獄を同時に味わう

大人になってからADHD(注意欠陥多動性障害)と診断された私が、子供の頃からの苦しい経験を振り返って見えてきた、さまざまなコトを綴ります。一人でも多くの方のお役立てることを祈って。

私とADHDとの出逢い。それは、看護師として手術室で働いていた時でした。

24歳、看護師2年目。何度も経験した手術は徐々に覚えていきましたが、新しい手術を担当する際は事前に手術の流れをほぼ完璧に覚えなくてはならず、前日、手術の内容をノートにまとめ、それを覚えるのですが、いざオペの時間になると緊張なのか頭が真っ白になってしまい、思い出せないことがほとんどでした。

当日は、お世話係の先輩が仁王立ちで「次は? 次は? 先生手出してるよ! 昨日覚えてきたんでしょ!?」と言い、ドクターからも「君遅いよ。早く。」と言われ、師長からは「あなたいつになったら独り立ちするのよ。この給料泥棒が! いつもそうやって泣いてばかりでムーミンみたいね。」と言われることもありました。

注意されても、「その通りだよ。なんで私はできないんだろう。カンペを見ながらできる病棟に行きたいな。こんなところ、私には向いてないんだ。」としか思えず、毎日泣いてばかりでした。

ある日、師長が変わり、その師長がメンタルヘルス科のドクターに相談してくれ、受診をする機会を設けてくれました。

その時に、「覚えたいのに覚えられない、集中したいのに集中できない。予習復習しても時間が足りなくて睡眠時間もとれない、先輩に怒られてもその通りとしか思えずどうしたらいいのかわからなくて泣くことしかできない。やる気はあるはずなのに。」など伝えました。

すると、「もしかしたらこの薬が合うかもしれないから飲んでみる? ADHD、聞いたことある? それと、うつ状態になってるから、うつ状態っていう診断名で3ヶ月は仕事はお休みね。僕が師長に伝えておくから、このまま自宅へ帰っていいよ。しばらくは羽を伸ばしながら自宅でゆっくり過ごしてね。」と言われたのです。

その時から丸二日、泣きっぱなしでした。ADHDについて調べれば調べるほど、まるで私の性格や欠点、悩みばかり書かれていて、「この病気のせいで、私は約20年間苦しめられてきたんだ。あの時もそう。この時もそう。この病気がなければこんなに辛い思いはしなかったんだ。」という辛い気持ちと、「でも、20代の今わかってよかった。きっとまだまだADHDだと知らずに苦しんでいる大人はたくさんいると思うし、まだ私は楽な方だったのかもしれない。これで残りの人生が変えられるかもしれない。」という喜び。

まるで天国と地獄を同時に味わうような感覚でした。

これが、わたしがはじめてADHDと診断を受けたきっかけでした。


■ADHDとは
ADHD(注意欠陥多動性障害)とは、不注意(集中力のなさ)、多動性(落ち着きのなさ)、衝動性(順番待ちができないなど)の3つの特性が中心として表れる、発達障害の一つ

ERIKO

ERIKO

投稿者の記事一覧

茨城県生まれ。幼い頃はおてんばで、木登りやかけっこをしては傷だらけの少女だった。
物心つく頃から人間関係で悩むようになり、自分を含め、あらゆる命がなぜその姿でこの世に誕生するのかを問うようになる。

23歳で看護師になるが、度重なるミスに上手く対処出来ず、うつ状態になる。
24歳でADHD(注意欠陥多動性障害)と診断を受け、治療薬を内服し始めると、ミスは激減。それまで苦手と感じていたあらゆる物事が徐々に解消され、人生が大きく変わっていく。
患者さんと接する中で、「私にしかわからない気持ちを、あなたは理解してくれる。あなたが担当で良かった。」と言われたのをきっかけに、自分自身のこれまでの人生を人の幸せのために役立てたいと思うようになる。

現在は看護師をしながら、東京都杉並区を中心に活動している『Let it be〜発達障害の子を持つ親の会〜』で、当事者としての思いを共有し、当事者だからわかる子供たちの気持ちを代弁している。

関連記事

  1. 「死」に映る「業」
  2. はじめまして「がん患者」です!
  3. 第8回 別れ
  4. 最近の若いもんは!(ミレニアル世代から学ぶこと…)
  5. 第5回 がんがわかったとき
  6. 「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~
  7. 第4回 思いのこもった言葉に正しいも間違いもない ②大丈夫
  8. 真っ暗な空にこそ、星は輝く 第2回

新着記事

ヤッシーのきまま見聞録⑪

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

お客の多い家族の記憶⑤ 「腹が据わるって、こういうコト」

在家仏教を信仰する両親と三人兄妹(私は末っ子二女)。そしてなぜか次々とわが家を訪れる人々との、な…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切のこと)「母の場合」#7

新しく登場した妹は小学一年生。私は大学一年だった。兄と兄弟二人の所に、小さい女の子が突然入り込んだ。…

「親子に寄り添いたい」 ブレない信念がつくる子育ての未来

いつもの縁がわを飛び出して、ホッと家ファミリーが「会いたい!」人物を訪ねる『CLOSE UP 縁とも…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#6

母の体調は、日増しに悪くなっていった。駅の近くの商店街で、夕食の買い物をしても、大変疲れた様子で、家…

第11回(終)タイ人との結婚、夫婦でフリーランスという新たな出発

マヒドン大学宗教学部に講師として勤め始めた2010年。私はタイの学生たちにタイ語で日本の宗教事情を教…

PAGE TOP