人生へのまなざし

「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

第二話 「ひとつの何故が、無限の世界へ繋がる」

小学三年生の時、今まで字が読めなくて悔しい思いをしていた僕に、本読みのビックバンが起きた。母親から字の読み方を教わるというお蔭さまの果実がぽとんと落ちた瞬間である。まるで、アイザック・ニュートンが、木からリンゴが落ちるのを見て「重力」を発見した瞬間と同じだ。宇宙の惑星等の運行の謎が、りんごがぽとんと落ちる瞬間に解けたのである。

ところで皆さんは、ここまで読んでみて何か疑問を持ちませんか?
実は、私が、字を読めるようになった最大の恩恵は、この疑問を持つことだったのである。

上述した、リンゴが落ちるのをみて「重力」を発見したというのは、実は大きな作り話で嘘だ。いや、物理学が分からない人に説明する際の後世のたとえ話なのである。ましてや、ニュートンが発見したのは「重力」ではなく「万有引力」である。また、ニュートンが発見したと言われる「重力」だが、物が落ちる現象、つまり物体が地球に引き付けられる現象であれば、古代ギリシャのアリストテレスも自説を唱えていたのである。惑星等の運行ならばイギリスのケプラーが発見していた。

ここで一つの疑問が湧く。「では何故、ニュートンは、ケプラーやアリストテレスより、これほどまでに知られているのか? 」

それは、「重力」や「引力」は天体のみに働くのではなく、質量をもつ全ての物体は、相互に引き合っているのであり、天体も質量をもつ物体にすぎないことを解き明かにしたからである。その後、ニュートンは、誰一人やったことのない力学と天文学をひとつの体系にまとめ、1686年「自然哲学の数学諸原理」を発刊し、その後の物理学に絶対的な影響を与えている。

私は、この一連の話が好きである。一番興味があるのは、ニュートンの実績を説明するための「たとえ話」が、何時の間にか「本当の話」になってしまう仕組みである。これなどは、インドの狼に育てられた二人姉妹の話と同じである。鈴木光太郎著「オオカミ少女はいなかった」を、是非、読んでみて欲しい。

さらに次の疑問が湧く。はじめの意図が、伝わるごとに変わっていくのは何故なのか? 伝言ゲーム関連の本は、組織活動を学ぶ際のひとつのテーマである。

また、話が戻るが、「重力」はニュートンの発見ではないのに、何故、ニュートンになってしまうのか? そして、ニュートンの最大の功績は「万有引力」の説を唱えたことであり、力学と天文学をひとつの体系にまとめたことであるにもかかわらず、何故りんごの話だけが広まってしまうのか? その仕組みを考えると限がないほどの本を読まなくてはならない。

しかし、これが、僕の本読みの原点なのである。

「ひとつの何故が、無限の世界に繋がる」。母親から字の読み方を教わった僕は、無限の世界に繋がる手段も母から教わっていたのである。そして、たったひとつの世界があることも分かった。それは、真理に繋がる道でもあったのである。

シェヘラザード

シェヘラザード

投稿者の記事一覧

「本を読むことが大好きな還暦過ぎのおじさん。現在、息子への財産として、さまざまな分野の本を蒐めている。
息子曰く、『親父が居なくなったらBook Offへもって行くわ!』と言われながらも、今日も、本を読み続ける。
また、40年以上、映像やイベント制作と共に、「CI」や「ICT」など、「つたえる」「つなぐ」「ひろげる」をキーワードとした職業に従事し、現在も、企画書作成に心を浮き浮きさせている」

関連記事

  1. 真っ暗な空にこそ、星は輝く 第3回
  2. 第9回 もう一人の自分
  3. 第2回 思いのこもった言葉に正しいも間違いもない!①頑張れ
  4. 第8回 別れ
  5. 最近の若いもんは!(ミレニアル世代から学ぶこと…)
  6. はじめまして「がん患者」です!
  7. 第7回 見た目
  8. ほとけさまなら、「働き方改革」をどう考えるんだろう?

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#6

母の体調は、日増しに悪くなっていった。駅の近くの商店街で、夕食の買い物をしても、大変疲れた様子で、家…

第11回(終)タイ人との結婚、夫婦でフリーランスという新たな出発

マヒドン大学宗教学部に講師として勤め始めた2010年。私はタイの学生たちにタイ語で日本の宗教事情を教…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#5

二回目のリセットで、住まいは、洗足池の近くに移る。中原街道の近くだ。家族四人の生活に戻った。父は会社…

罪一切をお詫び申し上げます

わが家に奇跡が起きました!お義母さんの認知症の症状がなくなったのです!ミラクルで有難い奇…

ヤッシーのきまま見聞録⑩

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

第三話 「昔、三上(さんじょう)。今、何上(なんじょう)」この間、東京のJR中央線に乗った時…

PAGE TOP