縁ともリレーブログ

花を見る

初めて投稿させていただきます。大田区在住の【ワッペン】と申します。仕事はすでにリタイアして、この春から、大学院(修士課程)で仏教を学ぶことになっています。徒然に感じたことを、思うままに書かせていただきたいと思います。以下はその第一稿です。

昨日は、昼頃から暖かくなってきたので、妻と二人で隅田川下流の月島近辺に桜を観に行きました。このところ毎年満開の頃に半日ほどかけて東京の桜を観て歩いているのですが、そんなことが出来るのは、心身ともに元気なことの証左であると、ある方からご指摘をいただきました。だから感謝しなければいけないと。

考えてみれば全くその通りで、心が何かほかのことに強く捉われている人にとっては、桜のことなど、まさに「眼中にない」でしょう。しかも人は、通常いつも何かに捉われている、というのが現実です。その意味で、最近の私は、心が自由に開かれているというわけなのかと、嬉しく思います。

しかし私にも、かつては大きな苦しみを背負った時期がありました。当時働いていた金融機関で、自分にとっては「過酷な」環境に置かれ、新たに与えられた仕事がうまくいかずに、またそういう時にはありがちな、人間関係にも悩まされました。で、八方塞がりとなり、「いっそ死んでしまったらどんなに楽になれるだろう」と、真剣に考えたことがあったのです。

そんな時、グループでのお花見に誘われました。気が進まず、内心しぶしぶついて行ったのですが、現地に着いてソメイヨシノが今を盛りと咲き競っていたのを見ても、それが何と墨絵のように、白黒にしか見えませんでした。しかし、みんなで談笑しているうちに、徐々に花の色がピンクを増していきました。そして最後にハッと気がつきました。ああ、桜はこうして毎年美しく咲いていたのだと。

それからいろいろあって、何とか立ち直りましたが、苦しいことがあると、私は今でもあの時の桜を想い出します。

(Facebook 「ホッと家の縁がわ」の投稿から転載)

ワッペン

ワッペン

投稿者の記事一覧

大田区在住の【ワッペン】と申します。仕事はすでにリタイアして、この春から、大学院(修士課程)で仏教を学ぶことになっています。徒然に感じたことを、思うままに書かせていただきたいと思います。

関連記事

  1. 【お知らせ】「縁ともコミュニティ」で交流しませんか?
  2. 僕が「ホッと家の縁がわ」に参加している理由(わけ)
  3. ほっとけないお話③インターネットで仏教を学ぶ
  4. 「縁とも」のお一人、小宮さんの講演を聴いてきました
  5. ほっとけないお話①「ホッと家ジジの読後観」
  6. 新年明けましておめでとうございます
  7. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる
  8. ほっとけないお話② ほっと家坊主の気になるあれこれ(映画編)

新着記事

〈番外編〉「新型コロナ・心の処方箋」その8

緊急事態宣が全国的に解除に向かい、この番外編も今回で一区切りとさせていただくこととなりました。最後は…

如是我聞 -聞きかじり根本仏教④-

「如是我聞(にょぜがもん)」という言葉があります。仏教のお経の書き出しの言葉です。「かくのごとく私は…

〈番外編〉「新型コロナ・心の処方箋」その7

縁がわの常連・主婦ユキコが、ママ友から寄せられた“今ならではの不安・不満”について、同じく常連のキタ…

〈番外編〉「新型コロナ・心の処方箋」その6

縁がわの常連・主婦ユキコが、ママ友から寄せられた“今ならではの不安・不満”について、同じく常連のキタ…

【お知らせ】「ホッと家の縁がわ」のチラシを作りました

今、コロナウィルス禍の中で、新しい生活様式が求められています。ソーシャルディスタンシングが重視され、…

如是我聞 -聞きかじり根本仏教③-

「如是我聞(にょぜがもん)」という言葉があります。仏教のお経の書き出しの言葉です。「かくのごとく私は…

過去の投稿

PAGE TOP