縁ともリレーブログ

ほっとけないお話② ほっと家坊主の気になるあれこれ(映画編)

「ホッと家ファミリーの『ほっとけないお話』」は、ホッと家ファミリー(ホッと家の住人たち)が、今、気になっている事、皆さんにお知らせしたい事、応援したい人たちなどをテーマにお伝えするコーナーです。

いい映画は、後々まで余韻を残す。できれば恍惚感が一番いい。でも、どうしようもない苦しみや悲しみ、やり場のない憤りを残してくれる映画も、また大事だなと思うのです。

こんにちは。ほっと家ファミリー最年少、ほっと家坊主です。

この前、新宿に映画を見に行ってきまして、なんともいい映画でしたので紹介できればと思います。いい映画は余韻を残す。ただ、この映画は後者の方です。

作品名は『福島は語る』。

「東日本大震災」から8年が経ち、時間の経過は、どんどん自分の中から「東日本の復興」、そして「原発事故」を風化させていました。そんな私に、福島の市井の人々の鬱積した声なき声を、土井俊邦監督が一つひとつ拾い上げ、届けてくれました。

内容は、とてもシンプルなドキュメンタリー。震災によって人生が大きく変わった14人の人びとの証言が収められています。シンプル・イズ・ベストを体現したような映画で、BGMもナレーションも無し。ただ、淡々と語られる一人ひとりの言葉(メッセージ)の重さに、揺さぶられっぱなしの2時間50分でした。

風評被害に苦しむ農家さん。子どものために県外移住するも、福島に残った夫と意思疎通が図れなくなったお母さん。避難先の小学校で寂しい思いをする子供たちに寄り添う教師などなど…。

証言の合間に流れる福島の四季のうつろいが美しくもあります。が、その美しい風景のなかに、見えない放射能の脅威がちらついて、やり場のない悲しさがこみ上げてきます。

8年前、テレビに映る爆発する原発の映像を前に、「これから福島は、どうなっていくのか」とただ立ちすくんでいた自分も、時間が経つと何事もなかったように日々の生活に戻っていきました。14人の声は、風化しそうになっていた福島の「今」を私の目の前に突きつけてくれました。

何とも消化しきれない苦みを抱えたまま劇場を後に、ネオンきらめく新宿の雑踏を帰りました。

全国の劇場で、随時公開されています。お時間と場所が合えば、是非ご覧になってください。

http://www.doi-toshikuni.net/j/fukushima/ (←公式HP)

ホッと家ファミリー

ホッと家ファミリー

投稿者の記事一覧

ホッと家の縁がわの住人たち。

関連記事

  1. 縁ともリレーブログ 第7回
  2. 「縁とも」のオフ会を開催いたしました。
  3. 新年明けましておめでとうございます
  4. 花を見る
  5. ほっとけないお話③インターネットで仏教を学ぶ
  6. 縁ともリレーブログ 第1回
  7. 「縁とも」のお一人、小宮さんの講演を聴いてきました
  8. 僕が「ホッと家の縁がわ」に参加している理由(わけ)

新着記事

ヤッシーのきまま見聞録⑪

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

お客の多い家族の記憶⑤ 「腹が据わるって、こういうコト」

在家仏教を信仰する両親と三人兄妹(私は末っ子二女)。そしてなぜか次々とわが家を訪れる人々との、な…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切のこと)「母の場合」#7

新しく登場した妹は小学一年生。私は大学一年だった。兄と兄弟二人の所に、小さい女の子が突然入り込んだ。…

「親子に寄り添いたい」 ブレない信念がつくる子育ての未来

いつもの縁がわを飛び出して、ホッと家ファミリーが「会いたい!」人物を訪ねる『CLOSE UP 縁とも…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#6

母の体調は、日増しに悪くなっていった。駅の近くの商店街で、夕食の買い物をしても、大変疲れた様子で、家…

第11回(終)タイ人との結婚、夫婦でフリーランスという新たな出発

マヒドン大学宗教学部に講師として勤め始めた2010年。私はタイの学生たちにタイ語で日本の宗教事情を教…

PAGE TOP