人生へのまなざし

「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

第三話 「昔、三上(さんじょう)。今、何上(なんじょう)」

この間、東京のJR中央線に乗った時、感動したことがあった。姿を観ると、制服で帽子をかぶっているから、きっと名のある私立小学校の生徒だと思う。席が空いているのに、立ちながら本をよんでいるので感心だなと思って、その子が読んでいる本の表紙を見ると、「相対性理論」の文字が。

「えっ!その歳で、それを読むかい?」と、その子の顔をまじまじと見てしまった。まだ幼い顔立ちをしているから、低学年の子だと思う。「何故、その本を?」「どんなキッカケで?」「親の顔が見てみたい」などと、勝手にその子の物語をつくり始めている自分がいた。

そもそも、今の時代、電車で本を読んでいる人が、ほぼ、いない。新聞だってそうだ。満員電車の中で、一瞬の隙間を一種の特技と想えるような折り畳み方をして、新聞を読んでいる姿には感動した時代もあったのだ。それなのに、今は、スマートフォンでしか見かけない。あの折り畳んだら分厚くなる新聞紙を、極限まで小さく折りたたむ日本芸は、若者に継承されず、消え失せてしまったようだ。

昔の人は、何かを考える時や文章を練るのに良い場所として、「三上」と呼ばれる場所があると言っていた。まずは「馬上」。馬に乗っている時だ。今で言えば、電車の中かな?

次に「枕上」。つまり、昼寝でも就寝の時でも良いが、枕に頭をのせている時だ。僕のベットの枕元には、必ず本が置いてある。

最後は、私の好きな「厠上」である。トイレで便器に座し、本を読むのは私の日課である。ちなみに、トイレで読む本でお勧めなのは、小学館の「本の窓」である。

この雑誌は良いとこだらけである。まず、毎月、郵送で定期的に届き、年間12冊で1000円である。安すぎる。また、素晴らしい作者のさまざまなエッセイなどが載っていいて、「逆説の日本史」で有名な井沢元彦のコミック版「逆説の日本史」の連載もすごく面白い。なんといっても、コーナーごとに読む時間が、私のトイレタイムと相性がピッタリなのである。トイレにいながら、さまざまな世界に思考がワープできるのだからありがたい。

何も、トイレでなくてもよいのだが、人には、思考をフリーにする場所が必要だと思う。今の時代は、なおさらだ。しかし、電車の中のスマートフォンは許せるにしても、自転車に乗りながらは止めてもらいたい。そして、皆に「本を読もうよ」と語りかけたい。

本は、過去と現在と未来をつなぐタイムマシーンで、誰もが過ごした子供時代の憧れだったと思うのですがね。とにかく、自分の「三上」を見つけよう。

 

シェヘラザード

シェヘラザード

投稿者の記事一覧

「本を読むことが大好きな還暦過ぎのおじさん。現在、息子への財産として、さまざまな分野の本を蒐めている。
息子曰く、『親父が居なくなったらBook Offへもって行くわ!』と言われながらも、今日も、本を読み続ける。
また、40年以上、映像やイベント制作と共に、「CI」や「ICT」など、「つたえる」「つなぐ」「ひろげる」をキーワードとした職業に従事し、現在も、企画書作成に心を浮き浮きさせている」

関連記事

  1. 真っ暗な空にこそ、星は輝く 第1回:診断…天国と地獄を同時に味わ…
  2. 「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~
  3. 第3回 見ているけれど、見えていないもの
  4. 真っ暗な空にこそ、星は輝く 第3回
  5. 真っ暗な空にこそ、星は輝く 第4回
  6. 第2回 思いのこもった言葉に正しいも間違いもない!①頑張れ
  7. 最近の若いもんは!(ミレニアル世代から学ぶこと…)
  8. 「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

新着記事

物心両面の支援で 子どもたちを学びのスタートラインに

いつもの縁がわを飛び出して、ホッと家ファミリーが「会いたい!」人物を訪ねる『CLOSE UP 縁とも…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切のこと)「母の場合」#9

ある朝、我が家に飛び切りの美人が飛び込んできた。兄の新しい彼女だった。スーツ姿にハンドバッグ。丸の内…

真っ暗な空にこそ、星は輝く 第4回

大人になってからADHD(注意欠陥多動性障害)と診断された私が、子供の頃からの苦しい経験を振り返って…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切のこと)「母の場合」#8

母は料理が上手だった。家で法事がある時は、同じ信仰団体の同行の方々が皆さん楽しみにして集まって下さっ…

第5回 「ストレスフリーな人間関係が私にも!〜慈悲の瞑想」

<前回のお話>「幸せを呼ぶ心の法則〜随念効果」http://hotke.jp/2019/05/3…

ほっとけないお話④本と映画の宣伝

「ホッと家ファミリーの『ほっとけないお話』」は、ホッと家ファミリー(ホッと家の住人たち)が、今、気に…

PAGE TOP