家族とつながる

お客の多い家族の記憶⑤ 「腹が据わるって、こういうコト」

在家仏教を信仰する両親と三人兄妹(私は末っ子二女)。
そしてなぜか次々とわが家を訪れる人々との、なんとも不思議な日々。
昭和の終わりの混沌とした記憶を、自らが子育て奮闘中の今、順不同に綴ってみる。
飽くまで自分の記憶を頼りに、多少、盛りつつ♪

☆腹が据わるって、こういうコト

正直、このエピソードについては確かな記憶は無い。私はたぶん、4、5歳だった。
物心ついてから聞いた話が、おぼろげな記憶として脳に出来上がったのだと思う。
ただ、そのときのただならぬ空気感は、玄関に見え隠れしていた母の背中とともに、頭の中に残っている。

流行りの某ドラマほどではないが、「なぜここまで…」と言いたくなるほど個性的な人が集まっていたあのマンションでは、住人のすべてが、2階の最も手前に玄関があるわが家の前を通らなければ自分の家に行けず、ゆえに、誰彼かまわず話しかけるうちの母と話したことのない人はいなかった。

4階に住むとあるご夫婦も、例外ではなかった。ご主人がコワモテでも、母はいつも気さくに話しかけていたようだ。
そのうち、奥さんがたびたび母をたずねてくるようになった。いつも玄関で声をひそめ、何やら深刻なムードで母と話していた覚えがある。

でも、ある日のその時だけは、様子が明らかに違った。
なぜか胸がザワつき、落ち着かない。母の背中が見え隠れする玄関が、いつもより遠く暗く感じられた。
そのときの事実を聞いたのは、私が中学生になってからのこと。

あの日、コワモテのご主人がうちに乗り込んできたらしい。
「女房に余計なこと吹き込んでるのはお前か!」
奥さんはうちの母に、ご主人にその世界から足を洗ってもらうにはどうしたらいいかを相談していたのだという。
母は何度も話を聞きながら、ご主人を立てるなどの家庭での実践、ご先祖さまを供養することの大切さなどを伝えていた。
妻の変化を察知したご主人は、奥さんを詰問し、うちの母が影響していることを知り、乗り込んできたのだった。

「お前なんか、簡単にぶっ潰せるんだぞ!」
おばちゃん相手にスゴむ男に、母はとうとう居直った。
「あなたの奥さんはねえ、あなたに足を洗ってほしいんですよ。あなたと幸せな生活を送りたくて必死にがんばってるの! 女一人幸せにできないで、それでも一人前の男ですか!? 私はねえ、あなたの奥さんに幸せになってもらいたいって、真剣に思っているんです!!」
母の啖呵の前に、ご主人は言葉を失い、そのまま家に戻って行ったという。涙を流し何度も母に頭を下げながら、奥さんがその後を追った。

そのエピソードを聞き、「すごい度胸だね。怖くなかったの?」とたずねると、「怖かったけど、奥さん本当に一生懸命だったから、どうしても救われてほしくって。あとは仏さまにお任せだ!って思ったら、腹が据わったのよ」と母。
誰かに“幸せになってほしい”という願いは、“仏さまにお任せ”という境地は、そこまで人を強くするのか…。
で、そのご主人。なんと本当にその世界から足を洗ったのだそう。夫婦そろってわが家に上がり、ご主人は指を詰め包帯を巻いた手を畳について、深々と頭を下げた。そして、「ご迷惑をおかけしては申し訳ないので、引っ越し先は言わずに行きます」と、古巣の息が届かない、遠方の地へ去っていったという。

今は80を過ぎた母の、昭和の武勇伝。
“腹が据わる”って、きっと、こういうことなんだろう。

次は、“屁理屈大学生と父の対話”のお話です。

三代目 B soul主婦

三代目 B soul主婦

投稿者の記事一覧

祖母の代から始まり、在家仏教信仰三代目のアラフィフ主婦。信仰に篤い両親だが、一切押し付けられることなく自由奔放に育つ。仕事も遊びも全力投球の20代30代を経て、高齢出産を経験。
やっと自ら仏さまの教えを求めるようになり、特に根本仏教に惹かれ、「子育てと信仰、ときどきお仕事」な日々を楽しむ。

関連記事

  1. 1日たった10秒のハグ(前編)
  2. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#…
  3. 激流を登りきった鯉は天に昇って龍になる
  4. 母と過ごした最後のお正月です
  5. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#…
  6. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#…
  7. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#…
  8. 娘との温かな時間

新着記事

第5回 「ストレスフリーな人間関係が私にも!〜慈悲の瞑想」

<前回のお話>「幸せを呼ぶ心の法則〜随念効果」http://hotke.jp/2019/05/3…

ほっとけないお話④本と映画の宣伝

「ホッと家ファミリーの『ほっとけないお話』」は、ホッと家ファミリー(ホッと家の住人たち)が、今、気に…

ヤッシーのきまま見聞録⑪

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

お客の多い家族の記憶⑤ 「腹が据わるって、こういうコト」

在家仏教を信仰する両親と三人兄妹(私は末っ子二女)。そしてなぜか次々とわが家を訪れる人々との、な…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切のこと)「母の場合」#7

新しく登場した妹は小学一年生。私は大学一年だった。兄と兄弟二人の所に、小さい女の子が突然入り込んだ。…

「親子に寄り添いたい」 ブレない信念がつくる子育ての未来

いつもの縁がわを飛び出して、ホッと家ファミリーが「会いたい!」人物を訪ねる『CLOSE UP 縁とも…

PAGE TOP