家族とつながる

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切のこと)「母の場合」#8

母は料理が上手だった。家で法事がある時は、同じ信仰団体の同行の方々が皆さん楽しみにして集まって下さった。母は短時間で手際良く料理を作った。何品も盛り沢山の料理のお皿を、仏前にお供えする。勿論、法要後に、参加された皆さんで、味わって頂く。レシピの解説と、決め手の一工夫を聞きながら、盛り上がる。食べ物の効き目は凄い。初めて来た人も皆さん、簡単に、母のファンになる。

ある法事の時の例で言うと、具沢山の五目寿司がメイン。出汁を良く効かせて、具の野菜を美味しく味付けする。野菜のてんぷらに貝柱のかき揚げ。合挽き肉と微塵切りの椎茸と玉ねぎの入った俵型のコロッケ。缶詰のフルーツ入り、酸味の勝ったマヨネーズ味でまとめたサラダ。季節のフルーツを使ったケーキで締める。

しかし、父は、母の料理が自分の好みの味に合わないと、手厳しく文句を言う。特に、母が苦手としたのは、魚だ。父の基準は、自分が食べてくる、外の料理屋さんの味だ。そうは成らない。限られたお金で、近所の魚屋さんで探す。鮮度で、最初から勝負にならない。従い、刺身は食卓に並ぶ事は無い。焼き魚も、煮魚も、素材の良し悪しで、結果は目に見えている。母はそれでも、魚を見極め、出来る範囲で、鮮度の良いものを手に入れてきた。子供にとっては大満足だ。しかし、父の文句は止まない。

活きの良い小アジが手に入る時は、南蛮漬けだった。フライにしてから、玉ねぎの輪切りを載せ、鷹の爪でピリ辛味に成った酢をかけて、すぐ食べる。翌日良く味の染み込んだものも美味しい。ほかに、旬の時のマコガレーの煮付けや、鰤カマの照り焼きとか塩焼き、鯖の塩焼きや味噌煮と鮮度の良いものを手に入れて、食べさせてくれた。しかし、そういう日に限って、父は外食してきたり、帰って来なかった。よく母がこぼしていた。「外で美味しいものを食べさせてくれたら、家でも真似して美味しく作るのに。」きっと、味を試行錯誤で、真似ただろうし、食材の手の入れ方を見付け出したことだろう。

食べ物の好みの違いは、揉め事をさらに増幅させる。我が家においては、正月の雑煮に典型的に現れた。父の実家は、丸餅だ。お湯で柔らかくして、濃い醤油味。スルメと大根が入るのみ。母は、東京風だ。四角い焼餅で鶏出汁の薄い醤油味。焼き海苔に鳥肉、鳴門、三つ葉に柚子がのる。「竜田野」で出て来る鳥雑煮と同じだ。毎年正月の度に、揉める。雑煮は、2種類作る。しかし、父以外は、東京風だ。先ず、これで不機嫌になる。あと、父は、正月三箇日、朝昼晩と全て雑煮だ。その他は、途中から、ご飯かパンになる。さもないとお腹が消化しない。でも、これが父の癇に障り、不機嫌になって家から出て行く。これが毎年の恒例行事だった。

父方の田舎の親せきから、時々山鳥や、雉が数羽届けられた。また、ウサギ何匹かのこともあった。その都度、近所の肉屋の小父さんに、母の顔で、処理を頼んでいた。毛を裏の空き地で、たき火で焼いて、取り除き、料理出来る様に、捌いてくれる。タバコ何箱かと、肉の一部とかモノによっては、内臓が、対価だった。どれも、独特の匂いが有り、その当時では、調理し難かった。試行錯誤の上、濃い味付けのシチューにしていた。

その他、餅をついた時は、丸餅や、まめの入った切り餅。或いは、季節でたけのこ等野菜も送られてきた。丸餅は、直ぐにカビてしまい、水につけていた。カビをそぎ取り、食べきるのに苦労していた。

母が、父からもらう生活費は、何十年も変わらない。兄弟が大学生に成っても変わらない。それでやり繰りをした。父は、偶にしか帰らないから、その分食費は浮くかもしれない。また、時々の上記の様な、食材のもらい物もあった。しかし味に、口うるさい。それに応えながら、小口の学資保険はじめ、様々な積立保険等で、兄弟の成長過程で、必要そうな時期に、備えをしておいてくれた。兄弟で、揃って高校から私学に通ったが、その入学費用、授業料のみは、父が、追加で出した。

我々の小遣いは、従い、殆ど増額されない。高校時代の途中から、父の会社の手伝いをしたり、家庭教師をした。これで、小遣い稼ぎをして凌いだ。

つぎは、我家に、うら若き女性が飛び込んできたお話です。

イチゾウ

イチゾウ

投稿者の記事一覧

団塊世代、重厚長大産業出身、第二の人生真っ只中。

関連記事

  1. お客の多い家族の記憶②「押し入れの親子」
  2. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#…
  3. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#…
  4. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#…
  5. 母と過ごした最後のお正月です
  6. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切のこと)「母の場合」#…
  7. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#…
  8. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#…

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切のこと)「母の場合」#9

ある朝、我が家に飛び切りの美人が飛び込んできた。兄の新しい彼女だった。スーツ姿にハンドバッグ。丸の内…

真っ暗な空にこそ、星は輝く 第4回

大人になってからADHD(注意欠陥多動性障害)と診断された私が、子供の頃からの苦しい経験を振り返って…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切のこと)「母の場合」#8

母は料理が上手だった。家で法事がある時は、同じ信仰団体の同行の方々が皆さん楽しみにして集まって下さっ…

第5回 「ストレスフリーな人間関係が私にも!〜慈悲の瞑想」

<前回のお話>「幸せを呼ぶ心の法則〜随念効果」http://hotke.jp/2019/05/3…

ほっとけないお話④本と映画の宣伝

「ホッと家ファミリーの『ほっとけないお話』」は、ホッと家ファミリー(ホッと家の住人たち)が、今、気に…

ヤッシーのきまま見聞録⑪

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

PAGE TOP