特集

〈番外編〉「新型コロナ・心の処方箋」その2

今回は、縁がわの常連・主婦ユキコが、ママ友から寄せられた“今ならではの不安・不満”について、同じく常連のキタオにアドバイスを求める特別編・その2をお送りします。
コロナ禍の中、日本の未来に絶望気味のミセスが怒りを炸裂! 共感する人も多いであろうこのテーマに、キタオは仏教の立場からどう答える!?


政治にも、外出民にも腹が立つ!…この国、どうなっちゃうの!?

●Y.Y.さん(43歳)
新型コロナウイルスの対策として、各国が国民のために素早く動き、すばらしい援助をしている中で、日本はガーゼのマスクを一世帯に2枚。しかもうちにはまだ届かない。すでに中国産の不織布マスクが街にちらほら並び始めているのに。
国民全員への10万円支給もまだ申請書類届かないし。何をするにも時間と手間がかかり過ぎる。
緊急事態宣言が出ているのに、相変わらずパチンコだの公園だの観光地だのに大勢が押しかける。
私はドラッグストアでパートをしているのですが、毎日のようにやってきて、マスクが入荷していないか聞いてくる人が何人もいる。しかもそういう人に限って、配慮せずぐいぐい近づいて話しかけてくる。おいっ。ソーシャルディスタンシングを守りなさいっつーの!
「家にいればマスクも減らないんじゃないの!?」とイヤミを言ってやりたいのをぐっとこらえて、笑顔で頭を下げる日々。
テレビを見ても、買い物に出ても、職場でもイライラすることばかり。日本の未来に希望が持てない私、これからの人生どう生きていけばいいのでしょう? そしてこの国、一体どうなっちゃうんでしょうね?


大切なのは“善いことを、上手にやる”智慧

だいぶご立腹のようですね(笑)。まあ、政治の世界もなかなか大変だとは思います。もし政治家の人たちが、お釈迦さまのように智慧と慈悲を完成させているなら問題はありません。すばらしい政策が次々とうちだされることでしょう。しかし、残念ながらそういう人はほとんどいません。何かしらの長所と短所を合わせ持った凡夫(=悟っていない普通の人)が集まり、それぞれの主義主張に自分の得損や有利不利などを考え合わせて綱引きをしている、というのが政治の実態です。

今回のコロナ禍に対する政府の対応を見ていて実感するのは、世のため人のためになる”善行”を為すことは本当に難しいということです。もともと善行とはインドの”クーサラ”という言葉の訳語で、「善いことを、上手にやる」という意味です。「善いことをしよう」とは大体の人が思っていますが、それを”上手に”やらないと、世のため人のためにはならないんですね。あなたのお話にもあったマスク2枚施策にしてもそうです。「国民のマスク不足に何とか応えたい」という考えは善いわけですが、そのやり方があまり上手くない。だから、数百億円もの税金を投入しながらすこぶる評判が悪い(笑)。

「愚人と悪人は同じ結果を周囲にもたらす。それは迷惑という結果である。」という言葉があります。また、かのゲーテは「活動的な馬鹿より恐ろしいものはない」と言っています。つまり、悪意はなくても愚かというだけで、動けば動くほど周りを困らせる存在になってしまうわけですね。恐ろしい。そして困ったことに、悟っていない凡夫はみな何らかの愚かさを持っているんです。人によって、愚かさの度合いに差はありますが。
まあ、私たちもしょせん普通の凡夫ですから、日頃から智慧を磨いておかないと政治家ばかりを批判はできません。緊急事態宣言が出されているのに公園や商店街に家族連れで繰り出したり、ドラッグストアで何も悪くない店員さんに食ってかかるような人たちをゲーテが見たら、思わずマスクの下で「活動的な馬鹿はやっぱり恐ろしい…」とつぶやいたかもしれませんね(笑)。

今この瞬間を、味わいながら生きる

さて、最後に「未来に希望が持てません。この国、どうなっちゃうんでしょうね?」というあなたの問いにお答えしましょう。
大切なのは、先々のことをあれこれ妄想せずに、今この瞬間にやるべきことをやり、今この瞬間をしっかりと味わいながら生きることです。それはつまり、朝起きたら顔を洗い、家族の朝食を作る。買い物に行くときはマスクをかける。帰ったら消毒とうがい手洗いをする。夕ご飯は家族で楽しく、味わいながら食べる…といったことです。
お釈迦さまの教えからいうと、すでに過ぎ去った過去も、いまだ訪れていない未来も、共に実体はなく存在しないものです。よって問題にする必要はありません。今この瞬間だけが現実であり、充実させるべきものであり、しっかりと味わうべきものなのです。
未来に対して希望や不安をもってもしかたがありません。それらは、頭の中でこね回した妄想に反応して出てくる感情にすぎません。
お釈迦さまは「未来を知りたかったら、今を見よ。」とおっしゃっています。過去の行為の結果が現在であり、現在の行為の結果が未来となるわけです。
ですから、あなたや私をはじめ国民の一人ひとりが、明るい心で今を充実して生きるなら、日本の未来も明るくなると思いますよ。

☆次回もお楽しみに!

サティ〜ず

サティ〜ず

投稿者の記事一覧

仏教が大好きな二人による、ホッと家オリジナルユニット。

関連記事

  1. 第3回「究極の人間関係改善法~7つの実践」
  2. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  3. 〈番外編〉「新型コロナ・心の処方箋」その8
  4. 井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海編〉
  5. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…
  6. 第10回 鍛えられた異文化の中での「教える」という経験
  7. 如是我聞 -聞きかじり根本仏教③-
  8. 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば…

新着記事

AKKYの☆人生四苦ロック☆ 第2回

*プロフィールAKKY(ハンドルネーム)ロックボーカリストであり仏教徒である私。日々の感動や…

第8回 浮気疑惑の処方箋③〜夫のニーズを把握せよ

<前回のお話>第7回 浮気疑惑の処方箋②〜妄想列車の車輪をロック!http://hotke.…

ほっとけないお話⑤「笑い」をコミュニケーションに活かす

「ホッと家ファミリーの『ほっとけないお話』」は、ホッと家ファミリー(ホッと家の住人たち)が、今、気に…

如是我聞 -聞きかじり根本仏教⑤-

「如是我聞(にょぜがもん)」という言葉があります。仏教のお経の書き出しの言葉です。「かくのごとく私は…

〈番外編〉「新型コロナ・心の処方箋」その8

緊急事態宣が全国的に解除に向かい、この番外編も今回で一区切りとさせていただくこととなりました。最後は…

如是我聞 -聞きかじり根本仏教④-

「如是我聞(にょぜがもん)」という言葉があります。仏教のお経の書き出しの言葉です。「かくのごとく私は…

過去の投稿

PAGE TOP