投稿者の記事一覧

玄秀盛

玄秀盛

1956年、大阪市西成区生まれ。在日韓国人として生をうけ、“4人の母”と“4人の父”のもとを転々として育つ。中学卒業後、自動車修理工を皮切りに、すし職人、トラック運転手、葬儀屋、キャバレーの店長など28の業種に及ぶ職業を経験した後、建設、不動産、金融、調査業など10社あまりを起業する。また、33歳で天台宗酒井大阿闍梨のもとで得度するなど、特異な人生をくぐりぬけてきた。2000年の献血の際、白血病を引き起こすウイルス保菌者であることが判明したのを機にそれまでの人生と決別。

自身の「生きた証」を残すため2002年5月、NPO法人日本ソーシャル・マイノリティ協会を設立。470日あまりは24時間体制で相談窓口を開設した。それ以来、3万人以上の人々の悩みの救済を行ってきた。

2011年7月一般社団法人日本駆け込み寺を設立。2012年11月公益社団法人格を取得。「たった一人のあなたを救う」をモットーに、DV、家庭内暴力、金銭トラブル、いじめ、ひきこもり等、いかなる問題であろうと分け隔てなく、悩み苦しむ人々は何人でも受け入れるという姿勢のもと活動を続けている。2012年日本国籍を取得。

また、2014年4月には一般社団法人再チャレンジ支援機構(代表理事 堀田力氏)を設立し、社会復帰が困難な刑務所出所者等の支援を行なっている。

著書に
『新宿歌舞伎町駆け込み寺』(角川春樹事務所) 『生きろ』(メディアファクトリー)
『愛と命と魂と』(KKロングセラーズ) 『金を斬る』(マイクロマガジン社)
『男(ワル)の処世術』(大和出版) 『エリート×アウトロー世直し対談』(集英社) 
『悩み方、違ってます!』(幻冬舎)
『何があっても生きる 孤立・貧困・自死の連鎖を断つ』(佼成出版社)
『崖っぷちからの大逆転』(清流出版)
『ありのままの自分で生きる法則』(KKロングセラーズ)などがある。

2011年には、俳優の渡辺謙氏の企画で、玄の半生をフィクション化したドラマ『愛・命』(テレビ朝日系列)がテレビ放映された。玄秀盛役は渡辺謙氏が演じた。

関連リンク
公益社団法人日本駆け込み寺
http://nippon-kakekomidera.jp/

一般社団法人再チャレンジ支援機構
http://shienkiko.jp/

よろず相研株式会社
http://yorozusoken.com/

  1. 「死」に映る「業」

    ■「悟りなんかない」晩夏、十四年間の付き合いだった四十五歳の坊主が仏になった。歳の離れた奥さんと二人の子どもを遺して。「三カ月」の余命宣告を受けてから“終活”を続けてきた。子どもたちのために、と事あるごとにビデオレターを撮っ…

  2. 俺の命を使ってください!

    DV、ストーカー、借金、引きこもり、などなど人間関係やカネに絡む問題を解決してきた15年間だった。試…

新着記事

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑥

●なぜ私の願いは叶わないのか?顕在意識と潜在意識という言葉を聞いたことがあるでしょうか?…

「愛すべき来訪者達」#5

母の大決心により家を移ってから、物事の流れが変わった。父と母が夜遅く何事か真剣に話し合っている姿…

「何者でもなくても」

先月、子どもと一緒に「ドラえもん」の映画を見に行きました。最後に主題歌を聞きました。星野源さんが作詞…

インドで学んだ宗教の普遍性

私は10年ほど前に、インドで1年間ほど大学生や市民に日本語を教える仕事をしたことがありました。滞在し…

宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる:この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる⑤

●願えば叶うほとんどの宗教が「祈り」や「願い」を大事にしています。多くの自己啓発本の中にも、…

「愛すべき来訪者たち」#4

グレーが姿を消したころ、我が家に大きな変化が起きた。突然の引っ越しだ。母が大決断をした結果だった。…

PAGE TOP