タイ

  1. 第11回(終)タイ人との結婚、夫婦でフリーランスという新たな出発

    マヒドン大学宗教学部に講師として勤め始めた2010年。私はタイの学生たちにタイ語で日本の宗教事情を教えたり、タイの学生たちを日本へスタディツアーに連れて行ったりと、大学で教えることを満喫していました。しかし一方で、本当にこのまま大学で日本の…

  2. ほっとけないお話③インターネットで仏教を学ぶ

    「ホッと家ファミリーの『ほっとけないお話』」は、ホッと家ファミリー(ホッと家の住人たち)が、今、気に…

  3. 第10回 鍛えられた異文化の中での「教える」という経験

    2010年5月、国立大学の一つであるマヒドン大学宗教学部に、講師として採用されました。タイでは仏教大…

  4. 第9回 思いがけないオファーに驚き! 再びタイの地へ

    東京に住んでいた10年の間に、大学院での学びがあったり、カンポンさんの翻訳本を世に出すことができたり…

  5. 第8回 上田紀行先生 、カンポンさんとの出会い、そして翻訳本の出版へ

    1998年、2年間のタイ留学生活を終え、再び故郷沖縄の琉球大学大学院に戻りました。そして修士論文では…

  6. 第7回 2年間のタイ留学:多様な暮らしぶりにふれる機会

  7. 第6回 気づきの瞑想との出会い〜「いま、ここ」の手〜

  8. 第5回 開発僧(かいはつそう)の存在を知る

  9. 第4回 バナナで火を消すお坊さま

  10. 第3回 タイの日本人僧、プラユキ・ナラテボー師との出会い

新着記事

新年、明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。おかげさまをもちまして、「ホッと家の縁がわ」も、3回目のお正…

真っ暗な空にこそ、星は輝く 第5回

大人になってからADHD(注意欠陥多動性障害)と診断された私が、子供の頃からの苦しい経験を振り返って…

ヤッシーのきまま見聞録⑫

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

物心両面の支援で 子どもたちを学びのスタートラインに

いつもの縁がわを飛び出して、ホッと家ファミリーが「会いたい!」人物を訪ねる『CLOSE UP 縁とも…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切のこと)「母の場合」#9

ある朝、我が家に飛び切りの美人が飛び込んできた。兄の新しい彼女だった。スーツ姿にハンドバッグ。丸の内…

真っ暗な空にこそ、星は輝く 第4回

大人になってからADHD(注意欠陥多動性障害)と診断された私が、子供の頃からの苦しい経験を振り返って…

PAGE TOP