仕事

  1. 井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海編〉

    ぶっつけ体当たりで度胸がついた右も左もわからずに飛び込んだ私への使命は、「会員数激減のファンクラブ(FC)を立て直し、秀樹の人気を取り戻すこと」。脱マンネリと脱低迷には若い力が必要で、新鮮な感覚で空気を入れ替えたい、ということだった…

  2. 井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈出港編〉

    万に一のまさか、神様の間違い?神様の気がふれた。あの時は本当にそうだったと今でも思う。神様っ…

  3. 第10回 鍛えられた異文化の中での「教える」という経験

    2010年5月、国立大学の一つであるマヒドン大学宗教学部に、講師として採用されました。タイでは仏教大…

  4. 第9回 思いがけないオファーに驚き! 再びタイの地へ

    東京に住んでいた10年の間に、大学院での学びがあったり、カンポンさんの翻訳本を世に出すことができたり…

  5. 人生100年時代を考えてみる

    2016年末に発行された「LIFE SHIFT(ライフシフト)-100年時代の人生戦略」(リンダ・グ…

  6. ビジネスフレームワークとしての仏教

  7. 不祥事続きの日本企業を見て、ほとけさまなら何と言うだろう…

  8. ビジネスは戦争だ、競争だ、と考える現代人に、ほとけさまなら何と言うだろう

  9. ほとけさまなら、「働き方改革」をどう考えるんだろう?

新着記事

車椅子の人とダンスを楽しむ

夜7時が近づく頃、東京都台東区の松が谷福祉会館には、ワゴン車から降りる車椅子の人やその家族、ボランテ…

【ヤッシーのきまま見聞録⑤】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#3

下関から、父のいる東京に合流できる日は、一年後になった。下関駅から、車中一泊2日の長旅だった。母は痩…

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈初航海編〉

ぶっつけ体当たりで度胸がついた右も左もわからずに飛び込んだ私への使命は、「会員数激減のファン…

井の中の蛙、秀樹という船で“芸能海”に飛び込んだ〈出港編〉

万に一のまさか、神様の間違い?神様の気がふれた。あの時は本当にそうだったと今でも思う。神様っ…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#2

父が就職した紡績会社は、業界最大手の一つ。後年は繊維不況や組合問題等の苦難を乗り越え、且つ、化粧品分…

PAGE TOP