想い出

  1. 病と付き合うとき#5

    若き日々の無茶苦茶の仕事の仕振り、そして、食生活のつけは確実に来た。後年の努力により、タイミングが、遅くなっただけだ。甘いものでは、なかった。それは、第一の会社勤め人生が、一段落した六十歳過ぎに、起こった。本来の性分が出た。…

  2. 病と付き合うとき#4

    健康な体にして頂いたが、すっかり本来の性格が丸出しに成り始めた。自堕落で、享楽主義のところがある。特…

  3. 病と付き合うとき#3

    第二の転機となった成長ホルモン投与により、見る間に大人の体に変化していった。どんどん体力が拮…

  4. お客の多い家族の記憶④「世界の七不思議」

    在家仏教を信仰する両親と三人兄妹(私は末っ子二女)。そしてなぜか次々とわが家を訪れる人々との、な…

  5. 病と付き合うとき #2

    虚弱体質で病気がちだった私に、小学三年生の時、第一の転機が訪れた。母が学校に頼み込んで、夏休みのプー…

  6. 病と付き合うとき #1

  7. 「愛すべき来訪者達」#6

  8. 「愛すべき来訪者達」#5

  9. 「愛すべき来訪者たち」#4

  10. 「愛すべき来訪者たち」#3

新着記事

縁ともリレーブログ 第7回

かしわぎなおこです。「3代目B-soul主婦」さんからバトンを受け取りました。現在、フリーで…

病と付き合うとき#6

二回目の脳内の異変で、病院に行った。今回は大変なことに成っていた。CTスキャン、MRI検査の結果…

【ヤッシーのきまま見聞録③】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

第9回 思いがけないオファーに驚き! 再びタイの地へ

東京に住んでいた10年の間に、大学院での学びがあったり、カンポンさんの翻訳本を世に出すことができたり…

第8回 別れ

皆さま更新が滞っていて、すみませんでした。7月31日に夫が急逝しました。わずか2日の…

病と付き合うとき#5

若き日々の無茶苦茶の仕事の仕振り、そして、食生活のつけは確実に来た。後年の努力により、タイミングが、…

PAGE TOP