1. ヤッシーのきまま見聞録⑨

    私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見たこと、聞いたことなどをきまま(気まま、生まま)にお伝えします。きままなので、悪しからず不定期です。「コジロー君との思い出3−お別れ編…

  2. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#1

    母の葬儀は、高輪のお寺で営まれた。父が選んだ。幼いころから、女学生時代を過ごした、母にとり、芳しい思…

  3. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#10

    父は、また不死鳥の様に、復活した。頻度は落ちたが、要請が有れば、海外を含めて、国内も各地によく出かけ…

  4. 家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#9

    父が母を連れて、海外へ出たのは、母が六十歳の時、一度だけだ。当時、新婚でニューヨークに家庭を築いてい…

  5. 第9回 もう一人の自分

    夫が亡くなってまだ数日しか経っていないとき、ある方がくださった言葉があります。その方は私のつらさ…

  6. 真の大物・樹木希林さんに出逢った <後編>

  7. 第8回 別れ

  8. 母と過ごした最後のお正月です

  9. 「死」に映る「業」

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#2

父母の結婚式の写真が残っている。海軍の提督が、仲人に成っている。白い海軍正装姿の父と着物姿の母だ。戦…

真っ暗な空にこそ、星は輝く 第3回

大人になってからADHD(注意欠陥多動性障害)と診断された私が、子供の頃からの苦しい経験を振り返って…

ヤッシーのきまま見聞録⑨

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

ほっとけないお話② ほっと家坊主の気になるあれこれ(映画編)

いい映画は、後々まで余韻を残す。できれば恍惚感が一番いい。でも、どうしようもない苦しみや悲しみ、やり…

最近の若いもんは!(ミレニアル世代から学ぶこと…)

「最近の若いもんは、…」というのは頑固親父の口癖ですが、このセリフ、古代エジプトの古文書にも書いてあ…

お姉ちゃんはすごいです。

3歳になった孫のTちゃんが家族で我が家にやって来ました。お母さんは妹のSちゃん1歳を抱っこしてい…

PAGE TOP